【働くママ】資格勉強のための隙間時間の見つけ方&私が実践した勉強法

不安が大きな武器になる!兼業主婦の勉強法

資格の勉強「歳だからできない」は不安材料ではない

「教員免許」

教員免許の取得には時間がかかりますが、決められたカリキュラムをこなしていけば絶対に取得できる資格です。

私は大学生の時に取得したのですが、「取得しておいて損はないし、今しか取得できないから」という安易な理由からでした。
教員になりたいなんて気持ちはこれっぽっちもありません。

なので自分の中では「やらされた感」が強い勉強だったんですよね。

自分から「やりたい!取得したい!」と思い、自分の働いたお金で資格を取ったのは社会人になってからです。

「学生の時に、もっとたくさん勉強しておけばよかった…」
私もそう思いました。

しかし実際勉強をしているうちに、学生ではなく社会人の今だからこそ、より一層理解が深まっている部分もあるのではないか?と思うようになりました。

学生と社会人の差は「社会経験の差」です。

社会人は学生に比べれば、社会にもまれた年数が多い分、実務の面で種々様々な蓄積があり、実務試験では経験が有利に運ぶはずです。

ただ単に社会に出てお金を稼いでいただけじゃなく、実はそこには「経験」という積み重ねがあるのです。

これは大きな武器です。

本記事では、主婦でも、いや、主婦だからできる資格の時短勉強法をご紹介します。

 

不安が資格勉強の大きな武器になる!

不安ン位なることは、けして悪いことではない資格勉強に不安を感じることは、実はとっても良いことなんです。

若い時は、何か新しいことをする時に不安なんてどこにもなく「まあ、何とかなるだろう!」と開き直ることがありませんでしたか?

結果、何ともならなかった…何もできなかった…ということが…。

何事にも事前準備は大切で、準備さえしっかりしていれば本番、失敗することは少なくなるのをよく知っているのは社会人の私たちです。

私は音楽をやっています。
人前での演奏は正直怖いです。

その怖さを少しでも減らそうと、毎日たくさん練習するんですよね。
そうやって本番を迎えます。

自分が納得できる練習量をこなせない時、不安が残る部分がある時は、本番の時も失敗します。しかも、不安だった部分ではなくて、練習ではいつもうまくいっていたところを間違ったりすることもあります。

しかし、練習も準備も万全な時は、早く本番が来ないかと待ち遠しくなります。
そしてうまく演奏できた時の満足感は最高です。

本番での不安を拭い去るため、何回も練習して心を落ち着かせるんです。

これは資格の勉強も同じで、試験に落ちるのではないかという不安を少しでも減らすため、コツコツ勉強するんです。

それが「努力」なんですよね。

不安な気持ちがないと、本気になって勉強する気がなくなりませんか?
不安はべんきょのモチベーションアップには欠かせないスパイスの一つなんです。

長男 猿一
不安、感じていても大丈夫!
次男 鶏二
むしろ、その不安を抱えたままスタートしたほうが、合格率は高くなるかも!

 

記憶力の低下?そんなの迷信!主婦の資格勉強にはコツがある!

記憶力の低下はあまり関係ないから、心配しないで勉強してください!主婦の資格勉強不安材料の一つに、「記憶力の低下」がありますよね。
確かに、私も子どもが増えるたびに物事が覚えられなくなっている気がしています。

昨日食べたご飯も忘れてしまいました。
やっぱり歳のせいなんでしょうか…。

いや、違います。

実は「大人になってから記憶力が落ちた」というのは迷信です。

認知症やアルツハイマーなどの病気でない限り、記憶力自体は10代のころと変わっていないのです。

博士らは18~22歳の若者と、60~74歳の年配者を各64人集め、テストを行った。
単語リストを覚えた後に、別の単語リストを見て、どの単語が記憶した元のリストにあったかを言い当てる試験だ。

「これはただの心理学の試験である」とだけ説明して試験を行ったところ、若者・年配者ともに約50%で差がなかった。
つまり、年齢によって脳は衰えていないというわけだ。

ところが、試験前に「この記憶試験では、通常、高齢者のほうが成績は悪い」と説明したところ、同じ試験にもかかわらず、年配者で約30%に低下した。
(一方、若者の正解率は約50%で変わらない)

引用元:池谷祐二「エコノミスト」2011年12月20日号

最近の研究では、年齢を重ねてからでも脳細胞が増える可能性もあるという研究がされているます。

長男 猿一
もしかしたら「年齢を重ねると記憶力が悪くなる」と思い込んでいるのが、記憶力を悪くしている原因なのかもね。

「記憶力が落ちた」と感じる要因の一つに、しなければいけないことが多すぎて覚えきれないという事が挙げられます。

自分のことさえしていればよかった独身時代とは違い、私たちは家族のことや家のこと、仕事のことと、やらなければならないことがたくさんありますよね。しかも細かいタスクが。

これを全部覚えきるのは、学生でも無理です。

なので、主婦の記憶力を上げるためには、いらない情報は頭の中に残しておかないよう、インプットする情報を選ばなければいけません。

家族の行事は手帳に書いてすぐに忘れる、買い物リストはスマホに目もしておいてすぐに忘れる、仕事はPCにTO DOリストを作って頭の中に置いておかないなど、すぐに忘れる努力をして脳に空きをつくっておきます。

こちらをチェック【働くママ】作業効率upとタイムマネジメントの方法 私の体験談

そのかわり、やることをその都度確認する手間は必要ですが、こうでもしない限りいらない情報ばかりが脳を占領してしまうのです。

次男 鶏二
勉強以外のことはメモを取って「覚えない」ことも大事なんだね!

こちらをチェック【主婦必見】復習回数を多く!子どもから学ぶ合格率が上がる時短資格勉強法

 

忙しい事を逆手に取った主婦の不安をぬぐう資格勉強法

家事や子育てをしている主婦でも、資格合格している人はたくさんいます。

もちろん、家事や子育て、仕事をやりつつです。

机に向かって長時間勉強をするという方法だけしかないわけではありません。
主婦は主婦なりに、色々な勉強法があります。

 

猿の親子主婦の資格勉強法

チェックボックス勉強の質を高める為に「隙間時間」を使う
チェックボックス繰り返し勉強法で資格に勝つ!
チェックボックスとにかくやるしかないと、自分を奮い立たせる
チェックボックス家事時短の工夫をする

勉強の質を高める為に「隙間時間」を使う

サイト管理人のタイムスケジュール学生のほうが自分のことしか考えなくて良いし、自由時間もたっぷりあります。体力もありますし記憶力も全盛期です。

女性は仕事もして、子育てもして、家事もして、夫の世話もし…とやらねければいけないことはたくさんあります。勉強だけに時間は割けません。

しかし、そんな中で時間を捻出して勉強し、資格を取得するってかっこよくないですか?

時間がないことを逆手に取り、細切れの時間を使いながら勉強をすることで、仕事や家事の効率化も図ることができます。

もし時間の使い方を見直して資格を取得することに成功したらそれは自分の自信につながるはずですよね。

みなさんには「隙間時間」はありませんか?
細切れの時間をつなげば、膨大な時間になるはずです。

この時間を救い上げ、資格勉強の時間に使うのです。

こちらをチェック【働くママ】資格勉強の為の隙間時間の見つけ方と勉強法

学生が時間の量で勝負してくるなら、私たち兼業主婦は時間の質、勝負です。

移動の時間や家事の合間、ふと空いてしまった時間などを勉強の時間にあててみましょう。

 

繰り返し勉強法で資格に勝つ!

書店に行くと、たくさんの参考書があって目移りしちゃいますよね。

ただ、私たち主婦には時間がありません。
色々な本に浮気している時間はありません。

なので、これだっ!と決めた参考書と過去問題を1冊づつ決め、それをひたすら繰り返し勉強しましょう。

こちらをチェック【繰り返し】合格率100%!主婦でもできる私がやった資格勉強法とは?

ただ、どの参考書がいいのかわからない…というのであれば、思い切って通信講座の参考書を使いましょう。

試験概要が改定になるたびに参考書も作り替えられているし、分からないことがあったらプロのサポートもついてきます。

独学よりも値段は高くつきますが、確実に合格したい、回り道をせずに最短で合格したい方は通信教育が一番確実です。

通信講座も同じで、1つの参考書を擦り切れるまで繰り返し勉強することが大切です。

もし通信講座も考えているのであれば、まずは一括無料資料請求をしてみることをおすすめします。
読んでいくうちに、この資格はどんなことを勉強するのかも分かりますし、どんなことに生かせるのかもわかってきますよ。

本当に受講するかは別として、情報収集の為に読んでみると良いでしょう。

 

⇩資格通信講座 一括資料請求ならこちら!

こちらをチェック介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 

とにかくやるしかないと、自分を奮い立たせる

やる気満々画像妊娠を機会に会社をやめ、子育てをし、いざ再就職をしようとなるとちょっと大変なのが今の世の中です。

子育てをしながらとなると、企業は採用する際良い顔はしないのが現状です。悲しいことですけどね。

中には頼みの綱、ハローワークでさえも「資格を持っていないなら希望の(例えば時短や土日休みなど)就職先はなかなかない」と言われてしまう人も少なくありません。

もう「やるしかない」わけです。

資格取得を勉強したという経験は、今後の人生、絶対にプラスになります。

資格そのものが役立つこともありますが、資格の勉強をした過程が自分の血肉になるからです。(例えば、時間捻出方法、モチベーションの保ち方など)

年齢がどうこう言っている場合ではなく、「やるしかないのだ」という気持ちが、何歳になっても新しいことに挑戦する原動力なんですね。

長男 猿一
やると決めたらやり遂げる!これが素敵な女性の条件です。

 

家事時短の工夫をする

資格勉強のタイミングが難しい 時間の画像1日で一番短縮できる可能性が高い時間。

子育て時間は短縮したらいけません。むしろもっと増やしたいくらいです、私は。

仕事は就労時間が決まっているので、資格んお勉強をするからって時短勤務するわけにはいかないですよね。

一番誰にも迷惑をかけずに手っ取り早く時間短縮できるのは「家事」の時間です。

 

猿の親子家事の時間短縮方法

チェックボックス家事時短家電を買って自動化する
チェックボックス食材宅配を使う
チェックボックス家事の時間の使い方を徹底的に見直す

 

 

家事時短家電を買って自動化する

もし時短家電を購入できるのであれば思い切って買ってもいいでしょう。

次男 鶏二
今の家電は1回購入すれば末永く働いてくれます。

こちらをチェック家事&子育て時短便利グッズ

 

食材宅配を使う

買い物や夕食作りの時短をしたいなら食材宅配サービスを使います。
食材宅配とは、インターネットなどで注文した食材や日用品を、玄関先まで配達してくれます。

私は値段が安く、配送料も(地域によっては)かからないコープデリを利用して、買い物に行く時間をなくしています。

最近では、夕食作りを簡単にしてくれるお料理セットが大人気です。

こちらをチェック家事時短なら食材宅配!兼業主婦におすすめサービスをご紹介します!

 

家事の時間の使い方を徹底的に見直す

自分が今かかっている家事時間を計算し、効率を良くするために柵を講じるのもよいでしょう。

まずは自分がどのくらいの家事をこなしているか、どのくらいの時間がかかっているのかを把握することから始めます。

そして、家事の順番を見直したり、やらない家事を決めたりしていけば、今までよりもグッと短い時間で家事を終えることができるようになるでしょう。

例えば家事のTO DOリストを作ってみたり学校の時間割のように順番と時間制限を設けるのです。

余った時間はすべて勉強時間に充てることができます。

そのほかにも家事時短方法はたくさんあります!詳しくは「家事時間管理&時短の解決策12の方法をご紹介」で!

 

兼業主婦の1日タイムスケジュール

働くママだって勉強できる!上手な隙間時間の見つけ方

朝から仕事に出ていようと、子育てをしていようと、あるいはその両方であっても、全ての女性が“働く女性”です。

イヴァンカ・トランプ(tbs news)

働くママは、とにかくやらなければならないことがたくさんあります。

私も働くママのはしくれ。

何も考えないで家事&子育てをしている時間を計測してみたら、1日なんと8時間も費やしていました。

仕事の時間が通勤を含めて9時間だから、計15時間。
残りの7時間が私の時間です。

 

長男 猿一
残りの7時間に寝る時間も含まれているから、自分時間はほとんどないと言っても過言ではないね。
次男 鶏二
家事&子育ての時間をうまく短縮するしか、勉強時間確保は難しいんじゃない?

 

「ただでさえこんなに忙しいのに、勉強時間をつくることなんてできないわ!」なんて思いがちですが、実はそうでもないことが判明しました。

働くママには「隙間時間」という強い味方がいるのです(๑•̀ㅂ•́)و✧

例えば電車の待ち時間、友人との待ち合わせの時に待つ時間、家事と家事の合間の時間、子どもが物事に集中してくれている時間など、実は私たちの生活にはこの時のような5~10分、もしくはそれ以上の隙間時間があるのです。

そこをうまく生かしてみれば、何とかなりそうな気がしませんか?

今日は、隙間時間を上手に使う方法をご紹介していきます。

 

 

隙間時間・細切れ時間を徹底的に探して資格勉強時間を確保!

働くママがまとまった時間を取るのは、よっぽどの家族の理解と協力がない限り不可能に近いでしょう。

学生の時のように、1日5時間勉強した、今日は10時間もできた!なんてことは働くママには難しく夢のまた夢。

できるとしたら寝る時間を削るしか…。

 

お子さんがまだ小さいなら、一緒に過ごしているときは極力勉強は避けたほうがいいでしょう。
この時期にママの存在と影響力は絶大だからです。

それに、つい勉強に集中してしまうと、「ママ~だっこ~」に「後にして( ✧Д✧) カッ!!」と言ってしまいたくなりますよね。これじゃあ子どもは傷つきます。

子どもは悪気はなく、純粋にママに甘えたいだけなのですから、これでは子どもはかわいそう。
せめて子どもが起きているときは、参考書は見ないようにするべきでしょう。

 

ではいつ勉強したらいいのか。

それが隙間時間なのです。

まとまった時間を確保するのは諦めた方がいいかもしれません。

もし家族の協力があり、まとまった時間を確保できたとしても、悲しいかな、歳のせいか集中力が長く続かないものです。もっても1時間くらいです。

 

次男 鶏二
隙間時間の方が爆発的に集中力が増し、結果的に勉強の時間短縮になる可能性は大いにあります。

 

資格勉強のための隙間時間の見つけ方

 

隙間時間とはどのような時間を言うのでしょうか。

例えば…

✅通勤の時の電車の待ち時間・待ち合わせ場所に早く着いたときの待ち時間

✅ご飯を作る時、食材を煮込んでいる時間

✅お風呂にお湯を溜めている時間

✅家事と家事の合間にポッカリできた時間

✅お風呂上りに髪の毛をドライヤーで乾かしている時間

このほかにも隙間時間はたくさんあります。

利用しやすいのはやはり電車の待ち時間や、人との待ち合わせの時間です。
この時間を徹底活用すると、トータルで1時間もの時間になることもあるのです。

そしてこの時間に集中力を高めて勉強すれば、この隙間時間はとてつもなく濃密な時間に変身するわけです。

 

わざと隙間時間を作ってみるのもあり

自発的に隙間時間を作るのも有効です。

通勤前の時間、わざと早めに家をでて子どもを保育園に預け、電車のホームで目的の電車を待つ間に勉強するという方法で、私は隙間時間を作っていました。

朝の電車は頻繁に到着するので、ホームの座席に腰かけている人はマレ。
我が家の最寄り駅は比較的人が多いのですが、座っている人はごくわずかなので必ず座れます。

そこに腰かけて勉強をするのです。立っていても勉強はできます。

また、仕事で外出をする際、早めに会社を出て待ち合わせ場所へ行き、クライアントが来るまでの時間を勉強や仕事に当てたりします。

これなら仕事に遅刻することはありません。

 

通勤時間は細切れ時間の宝庫

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

私は通勤するなら車や自転車通勤ではなく、迷わず電車を選びます。
何故なら両手が空くので何でも出来るからです。

特に資格の勉強はうってつけの場だと考えています。

駅での待ち時間、乗り換え時間、これらは立派な細切れ時間。
この細切れ時間は、一回3~10分あります。

3~10分は何かを1つ覚えるにはちょうど良い時間です
1時間座って勉強するより、短いほうが暗記には効果があります。

また、乗り換えが少ない場合は、駅と駅との間で時間制限を設けてみるのもいいでしょう。

例えば、〇駅~〇駅の間で1ページ読む、〇駅から〇駅の間で単語を〇個覚えるなどです。
一駅がストップウォッチ変わりになって、勉強がはかどる場合もあります。

 

 

1分の隙間時間にできる資格勉強はこんなにある!

サプリメントアドバイザー 勉強方法

 

たかが1分間ですが、秒数にすると60秒もあります。
この時間にできる勉強はこんなにあるんですよ!

 

単語カードを2~3枚見直す

短い時間で何回も繰り返し反復する事が、暗記への近道です。
暗記は細切れ時間に何回もやった方が、記憶の定着率が上がります。

 

参考書を1ページだけ読む

1ページでも1段落でも、十分に読める時間です。これをコツコツ積み重ねていけば、やがて剃れば膨大な量になります。

参考書の目次を熟読するのも良いですよ。

この先の勉強の見通しが立つので、モチベーションアップにもつながります。

 

1問だけ問題を解く

資格の勉強には、過去に出題された問題を解くのも合格への近道になります。
1分時間があったら、1問だけ問題を解いてみてください。
もし余裕があるなら、なぜその答えになったのか、自分の子どもに教えるつもりで理由を考えてみると、しっかりと覚えられます。

 

5分の隙間時間にできる資格勉強

不安が大きな武器になる!兼業主婦の勉強法

 

5分もあると、上に書いた1分間で出来ることをより念入りに出来ることに加え、このようなことができます。

 

資格勉強TO DOリストの整理

資格のTO DOリストを作成している方は、優先順位の見直しやリストの追加、削除など、5分もあれば十分にできます。

目標を立てる事や、今後の勉強計画を立てることは、資格勉強のモチベーション維持に欠かせません。
行き当たりばったりで資格の勉強を始めると、試験日に間に合わないことも起こりえます。

 

単語カードを10枚覚える

10枚と言わず、自分で枚数を決めて取り組んでみましょう。
しかも、同じものを何回か繰り返して覚えられる時間です。

暗記は反復がものをいいます。

 

試験の過去問題を解く

問題を読んで、じっくり考える時間があります。
単語カードと同じく、自分で何問解くかを決めてやっても良いですし、1問をとことん調べつくしながら解くのもよいでしょう。

私の経験で言うと、その問題を誰かに教えるつもりで解くと頭に入ります。

例えば、乙種第4類 危険物取扱者試験の過去問題です。

法別表第1に掲げる第4類の危険物の品名に該当しないものは次のうちのどれか。

1、特殊引火物

2、第1石油類

3、アルコール類

4、アルキルアルミニウム

5、第4石油類

この答えは4のアルキルアルミニウムなのですが、それじゃあこれは第何類の危険物か(第3類 自然発火性物質及び禁水性物質)、性質はどうなのか(空気中の酸素に触れると自然発火する 有毒)まで調べます。

ここまで調べれば、もう絶対忘れません。
調査時間も3分~5分で済みました。

これを繰り返すことで、覚える量はだんだん増えていきますよね。

 

試験講義を聞く 読む

参考書を開いて読むのもいいでしょう。
私が資格初心者の方におすすめしているフォーミーは、参考書はすべてオンラインなのでスマホで読むのが楽でいいですよね。

 

 

5分間に1ページを熟読してもいいし、ページ数を決めて速読するのもいいでしょう。

他に、通信教育をやっているとついてくるところもあるのが「講義の録音」です。

それをスマホに落とし込んで、通勤中や家事の最中に聞くのも、勉強の時間短縮になります。
講義を聞く事のメリットは、両手が開くので何かをしながら聴けることです。

毎日の家事中に聴くのが特におすすめで、毎日マンネリ化している家事がはかどるようになるうえ、勉強もできる究極の時間短縮法です。

 

まとまった時間がなくたって、隙間時間だけで合格はできる!

家で勉強をすると、色々なところに意識が行ってしまって、かえって集中できない事ってありませんか?
特にお子さんがいるご家庭ではそうでしょう。

私も何回か家で勉強しようと試みたことがありますが、すべて失敗に終わっています。

それよりも、隙間時間を見つけて一気に集中した方が、勉強がはかどりました。
こま切れ時間の方がちょうどいいんです。

まとまった時間が取れたとしても、ずっと集中するのには限度があるんです。

勉強は「繰り返す」ことが大事です。
同じ問題を何度も何度も繰り返すのです。

その時間に最適なのが隙間時間なのです。

ほんの数分だけでも立派に活用でき、それが蓄積されることで勉強のトータル時間は増えていきます。現役学生にだって負けません。
そうすれば、当然のことながら合格率は高くなります。

ぜひ、隙間時間を上手に活用して合格を目指しましょう!

不安解消へ まずは資格勉強への第1歩を踏み出す

私にもできるかな…
そうやって悩んでいる間は、人生何も変わりません。

資格を取ろうかと考えている人の多くは「自分を変えたい!変わりたい!」と思っている方がほとんどです。

私もそうです。

周りが変われよな、とずっと思っていましたが、悲しいかな、それじゃあ全く変わりません。

変わりたいなら自分が変わらないと。

そのキッカケに、資格は大いに役立ちます。
たとえ今の仕事に関係のない資格でも、これから生かせるかもしれないし、少なくとも合格するまでにやってきた勉強法や隙間時間捻出法は、これから生きていくうえでずっと役に立つはずです。

簡単な資格でもいいので、何か一つ、頑張って合格した体験を身につけてみましょう。
人生変わりますよ!

もし簡単な資格からやってみようと考えている方、おしゃれ資格のフォーミーはいかがでしょうか?

 

⇩フォーミーはこちらにまとめました!

【formieとは?】初心者はおしゃれ資格から始めよう!
おしゃれ資格を取得できる「formie」通信講座 さあ、資格を取ってみよう!という気になってみたものの、どんな資格を取ったらよいかわからない…余りにも難しい資格はちょっと…。まずは簡単なものから腕試し。 そう思っている方...

 

女性に興味のありそうなおしゃれ趣味を生かした資格から、仕事にも役立つ資格までなんでも揃っています。
すべてお手持ちのスマホやタブレットで勉強するので、教材を持ち歩く必要がありません。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました