クレンジングにはたくさんの種類がある!自分に合っているのはどれ?

クレンジング剤の賢い選び方

クレンジング剤の賢い選び方 自分に合っているのはどれ?

一言でクレンジング剤といっても、たくさんの種類がありますよね。

泡、クリーム、オイル、ジェル、リキッド、ふき取りタイプなどです。

ところで、今使っているクレンジング剤は自分に合っていますか?

私は以前オイルタイプを使っていたのですが、私の肌には合わずに、大人ニキビができてしまいました。

このように、人によって合う合わないがあるのがクレンジング剤です。

まずはそれぞれの特徴を知ることで、自分に合ったクレンジング剤が見つけやすくなるはずです。

まずは自分の肌の状態をじっくり観察してみましょう。
そして、自分の肌に合ったクレンジング剤を見つけ、美しい肌を手に入れましょう。

 

 

クレンジングの種類のすべてを徹底調査!

クレンジング剤には、それぞれに特徴があり、自分に合わせた物を選ぶことができるんです。

しかし、どんなものがあるか把握していらっしゃらない方も多いのではないでしょうか?
そこで、クレンジング剤を全部書き出してみます。

それぞれの特徴も書きましたので、自分の肌に合ったものを探してみてくださいね!

 

猿の親子クレンジング材の種類

チェックボックス泡タイプ
チェックボックスクリームタイプ
チェックボックスオイルタイプ
チェックボックスジェルタイプ
チェックボックスリキッドタイプ
チェックボックスローションタイプ(ふき取りタイプ)

 

泡タイプ

私は泡タイプを長年愛用しています。

愛用している理由はいくつかありますが「泡立てる手間がいらない」こと。

しかも片手で泡を出すことができますので何といっても手間いらずです。

置き場所もかさばりませんし、詰め替えも楽々。

泡立ちがとても良いので肌を傷つけることはありません。

 

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジングはメイクを落としている間はこってりコクがあります。
独特の重みと油分でしっかりメイクを浮かせます。

種類によって軽くテッシュでふき取りするものがあるので、ふき取るタイプの場合は多少のめんどくささがあります。

水分が入ると落ちが悪くなるため、お風呂場で肌の上にのせるときは水気がないように気を付けないといけません。

洗い上がりはかなりしっとりなので、さっぱりクレンジングが好みの方はべたつきを感じる場合があります。

コクがあって重みがある分、クレンジングをしている間の肌への摩擦や負担がほとんどありません。

乾燥肌、敏感肌の方には全タイプ中界面活性剤の量が少ないクリームタイプが良いでしょう。

 

長男 猿一
とにかく肌に優しいものを使いたい方におすすめ!

 

 

 

オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは、とにかく素早くしっかりメイクが落ちます。

しっかりベッタリの濃いアイメイクもスルッと簡単に落ちるのもいいですね。

お風呂場でもOKなものも多いので、手間もなくお風呂でササッと落とせる手軽さもバッチリです。

 

長男 猿一
油分の量も界面活性剤の量も全タイプ中ナンバーワンだよ!

 

■point■
お風呂場でメイク落としをしたい私は、間違ってお風呂では使えないものを購入してしまったことがあります。お風呂で使えないものはどう頑張ってもお風呂での洗浄力が下がってしまいますので、ご購入の際はお気をつけて…

洗い上がりはスッキリさっぱり、べたつきもほとんど残りません。

ただ・・・オイル自体があまり重みのないものが多いので、クレンジングしている間の肌への摩擦が起きやすいです。

かなり素早くしっかり落としてくれるので分強力なので、潤い膜ができにくい乾燥肌や敏感肌にはあまり向いていません。乾燥はほとんど感じない普通肌の方や皮脂が多い方向けです。

 

次男 鶏二
良く落ちる代わりに、肌をひどく乾燥させてしまうことも…。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、比較的軽いジェル状なので変なべたつきもなくさっぱりしすぎず、手軽にメイクや汚れを落とせます。

お風呂場でもOKなものも多くなってきましたが、軽いジェル状なので水気が少しでもあるとあまりメイクがしっかり落ちないというデメリットもあります。

ジェルタイプを使う場合は水気が全くない時にしようするといいでしょう。

洗い上がりはクリームタイプとオイルタイプの中間くらいな感触です。

べたつきもほとんどなく、さっぱりしすぎでないので気持ちのいい洗い上がりです。

ただ、ジェル自体が軽い形状なのでクリームタイプやオイルタイプと比べてメイクとの密着が悪いため、メイクの落ち具合が少し悪い場合もあるデメリットがあります。

 

リキッドタイプ

リキッドタイプは あまり聞いたこと少ない方も多いと思いますが 最近ちょこちょこ見かけるようになりました。

オイルの簡単に落ちるというメリットと、ジェルの手軽さの両方のいいとこ取りなものです。

ただ、肌になじませている間のすべりがあまり良くないので、多少肌への摩擦が起こる感じが残ります。

乾燥肌や敏感肌にはあまりおススメできません。

普通肌や皮脂が多い方に向いています。

 

次男 鶏二
ナチュラルメイクの方におすすめだよ!

 

ローションタイプ(ふき取りタイプ)

コットンに含ませて落とすものや、コットンに含まれている水状のタイプをご紹介します。

ローションタイプのクレンジングは洗面所やお風呂場にいかなくてもいいのでとにかく手軽に落とせます。

落としている間は化粧水のような感じなので手もべたつかないほとんど汚れないから気軽に使うことができます。

使用後はとてもサッパリします。

残業が多かった独身時代は、私も大変お世話になりました。

ただ、ふき取りという行為は摩擦がおきるため一歩間違えると肌を痛めます。

ふき取りタイプを使っているときにエステに行く機会があったのですが、その時お世話になったエステティシャンに「ふき取りタイプを使っている痕跡が残っている」と言われました。

ゴシゴシやっていたので肌に細かい傷や、摩擦による肌荒れができていたんです。

使うんだったらこすらないように優しく…ですね。

肌に傷がつきやすので、乾燥肌や敏感肌には向いていません。

 

長男 猿一
メイク落としの中で一番時短でできますが、一番肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

まとめ

こうやって書き出してみると、沢山のタイプのクレンジング剤があることがわかります。

種類がありすぎてどれがいいかわからなくなってしまう反面、自分に合うクレンジング剤は必ずある、と言っていいと思います。

まずは自分の肌と向き合うことです。

そして色々試してみることです。

ありがたいことに、お試しセットを出してくれている良心的な会社がいくつもあります。

是非積極的に試してみましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました