家事のTO DOリストを作るのが家事時短のコツ!

家事のTO DOリストを作るのが家事時短のコツ!

家事を時間短縮したい!もっと心に余裕をもちたい!やることが多すぎて、何とかしたい!
そう思っている主婦の方はたくさんいらっしゃいますよね。

実は私もそうです。
やらなければいけないことはたくさんあるはずなのに、次にやるべきことが分からなくなって右往左往することが多々あります。この時間、かなりもったいないです。

もし「行き当たりばったりで家事をしている」「家事に流れは決まっていない」という方にお試ししてみてほしい方法があります。

それが、家事をTO DOリスト化することなんです。
やらねければいけない事を、目に見えるようにしてしまうんです。

そうすることで、次に何をすればよいのか、あとどのくらい仕事が残っているのかが分かるようになります。
これは、仕事のやり忘れを防ぐだけでなく、忙しいと思って気が設定る自分の心を安定させる効果もあるんです。

⇩家事時短にはこんな方法もあります!

家事の時間割方式で家事時短!意外とはかどるこの方法
毎日、家族や会社のためばかりに自分の時間を費やしていると「自分の時間がもっと欲しい」と思うようになりました。 このまま老化が進...

家事のTO DOリストを作ってみよう!

TODOリスト今日しなければならない家事 別に今日しなくてもいい家事、すべて把握していますか?

TO DOリストを作成することは、某自己啓発本によると仕事ではすっかり定着していて、常識となっているらしいです。え!?そうなの!?行き当たりばったりじゃダメらしいです…。

TO DOリストの作り方というのは、大雑把に言えばやることをすべて書き出して優先順位順に並べなおし、上から順番にこなしていく時間管理方法です。
これを、1日の始まり、つまり朝10分ほどを使って行います。

1日の行動を、朝の10分に確認するのと確認しないとでは時間管理の上で大きく差が付くのは、私の経験上確かです。
このたった10分が、時間を短縮するうえでとても大切な事なんです。

これは、仕事だけではなく家事においても同じことが言えると思いませんか?

家事の平均時間はどれくらい?

家事の時間を把握できてますか?時計の画像家事に費やす時間は、家電製品の発達と共に効率が良くなってきましたよね。
川で手で洗濯…の時代に比べればそりゃ月とスッポンってもんです。

今は床の掃除すらロボットが全自動でやる時代ですから、その発展は目覚ましいものがあります。

しかしそれでも、日本の主婦平均家事時間は204分。
つまり3時間24分もかかっています。

✅専業主婦 222分

✅兼業主婦 184分

しかし、私の場合はこんなもんじゃありません。
育児を含めると1日6時間以上かかっています。それも、かなり手を抜いた場合。食材宅配を使っているのでスーパーに行く時間はないですし、全体的に掃除や洗濯は適当で6時間です。

もしちゃんとやるとなったら、8時間どころの騒ぎではありません。
だから専業主婦という職業があるんでしょう。しかも無休無給です。専業主婦、すごいです。

ただ、1日のうちの6時間は4分の1に相当します。
もったいないような気がしますよね。

家事に時間がかかる問題点

家事に時間がかかる問題点

「次に何をしようかな?」と考える時間が結構長い

兼業主婦が家事にかける時間は、電化製品の発達と共に少なくなっているとはいえ、まだまだ時間がかかっていますし兼業主婦の心の負担にもなっています。

いかに時間を短縮して自分の時間を手に入れるか。

私は「次、何をしようかな」「何かやらなければいけないことがあったような…」という考え事に時間を使っている事があります。
最近気づいたのですが、次何をしようか悩む時間が歳を重ねるとともに長くなっている気がするんです。
この時間は手が止まっちゃっています。

この考える時間をまとめると、結構な時間になっていることもあります。
私なんて気づいたら5分経ってた、なんてザラです。

しかも、「次何しようか」と考えていたはずなのに、気がついたらTVの前に座って楽しんでいる…そんなときもあります。これは非常にもったいない時間です。

これは、次に何をするのかが決まっていないからなのではないでしょうか。
だったらTO DOリストで決めちゃえばいいんですよね。

家電をうまく生かし切れていない

家事の時間をうまく使いこなせていない理由は家電をうまく使いこなせていないからせっかく便利な家電があるんです。しかし、これをうまく使いきれていない方がなんと多いことか。例えばご飯が炊きあがったり洗濯機が終わるのを手持無沙汰で待っている事ってありませんか?これは時間の無駄です。

必ず、自分が家事をしている間は何かしら家電が動いている状態にします。
一番良いのは、最初に家電を動かす事です。

朝起きたらまず洗濯機を回す、食洗器を回す、炊飯器のスイッチを入れる…。
家電のスイッチを入れるための仕事を最優先で行います。

煮込み料理を作る場合もそうです。
小鉢料理は後回し。まずは材料を切ったりして煮込みだしてからでも遅くはありません。
放置できるけど時間がかかるものから先にする。
そのためにもTO DOリストで優先順位を決めておくことは大切です。

兼業主婦 TODOリストの作り方

TODOリストの作り方

その日に何をするべきなのか、何をしておいたほうがいいのかを、目に見える形でわかるようにしておくこと。
これで冒頭で書いた「次何するんだっけ~?」と考える時間をなくすことができます。
次にすることが分からなくなったらTO DOリストを見ればいいんです。

家事にも仕事にも、流れと勢いが大切です。一度手が止まってしまうと次に手を動かすのにちょっブレーキがかかってしまいます。ちょっともったいないですよね。
だったら家事の流れを決めておいて、機械的にこなしていけばいいわけですね。

「TO DOリスト」を作るということは、しなければならないことを「見える化」させることです。
自分の仕事(家事)を見える化させることで、その日の仕事の流れがわかり、効率的に家事をこなすことができるようになることは明確です。

では、無駄な時間を作らないために家事のTO DOリストを作成してみましょう。
とっても簡単です。

✿TO DOリストの作り方

①毎日の基本柱を決める

②5~10分でできる家事を書き出す

③②を基本柱に入れていく

毎日の基本柱を決める

「食器を洗う」「洗濯する」といった毎日やる家事はやる順番を固定しておくことをお勧めします。
例えば…

子供2人 兼業主婦子の帰宅後のTODOリスト

家に着く

長女をお風呂

夕飯支度

食事

次女のお風呂

食器の片付けをしながら主人の夕食準備

洗濯物

明日の準備

21:30消灯

このように、基本の流れは決めておくんです。
私は21:30分の消灯を、家事終了の目標に設定しています。
そこから逆算して、やらなければならない家事を決めていきます。

順番ややる時間も習慣化してしまえば、「次やることなんだっけ?」と考える事がなくなりますし、毎日同じ繰り返しなので慣れてきますから、「時間短縮しよう」という気持ちも生まれてきます。

5分~10分で出来る家事を書き出す

TO DOリストは、やらなければいけないことを忘れないためにメモしておくという利点があります。

5分~10分で出来る小さな家事をリストアップしておく利点は、すきま時間ができたときにすぐできるということ。
TODOリストを見てその時間内でできることを選択し、行動に移すことができるということです。

例えば、お湯を沸騰させている時間、電子レンジを待っている時間などは、ふとした瞬間訪れます。

そんな時「何をしようかな」と考えているだけで時間が過ぎてしまうことがありませんか?
ただ待っているだけになっている時はありませんか?

こんな時に小さい家事をリスト化しておくことによって、指示書の役割も果たしてくれます。
あとは機械的にこなしていけばいいのです。

5~10分間でできる家事はこんなにあります。

5~10分以内でできる家事

・コンロを拭く
・三角コーナーを綺麗にする
・排水口の中の掃除
・シンクをピカピカにする
・冷蔵庫の中の整理
・野菜を切って小分けにしておく(後日使う用)
・トイレ掃除
・風呂掃除
・玄関の掃き掃除
・廊下の掃き掃除
・フローリングワイパーをかける
・テレビ台の上を拭く
・掃除機をかける
・明日のゴミ収集の準備
・古紙を束ねておく
・観葉植物の世話
・ベランダの掃除

ほんの一例です。

これを紙に書き出しておくんです。
できれば付箋に書いて、優先順位が高い順に並べ替えておくといいですね。
これで機械的に上からこなせばいいだけになります。

基本の柱に組み込んでいく

書き出していった家事を、毎日の基本柱の家事の途中に組み込んでいきます。
毎日やらなければいけない物だけを入れていきましょう。

隙ができたら、上で書き出した5分家事リストのなかから選んでやる(上から順番にやっていく)、といった感じです。

毎日やらなくても良いものは、曜日を決めてしまってもいいですし、リストの優先順位の低い方にしておくのも良いですね。

時間管理の上級者になってくると、今やっている家事の最中に、次の段取りを考えながら家事をしています。
わざわざTO DOリストを作らなくても頭の中で常に考えているわけですね。この域を目指したいですね。
手が止まってしまったら「頭を使っていなかった」という証拠です。

実はこの訓練、家事以外の事でも応用出来て、常に先の事を考えながら行動できる癖付けになります。人生において役に立つ能力です。

家事なら、仕事と違って失敗しても対して他人に迷惑をかけないので、仕事で実践してみる前に家で訓練してみるのはいかがでしょうか?

5分でできる家事を把握しておくことが、意外と重要なポイントです。

TO DOリスト作りのポイント

実はTO DOリストを作る上、こなす上でポイントがいくつかあるのでご紹介します。

TO DOリストを作る前に、細かい家事を把握しておく

大体の家事の時間の目安を決めるだけでも十分家事の時間短縮にはなるのですが、もっといいのは数秒から数分で終了できる家事をたくさん用意(把握)しておくことです。

お風呂掃除に15分も20分もかけないませんよね。
玄関掃除にも10分もかけませんよね。

お風呂掃除は3分、玄関の掃き掃除は2分といったように細かく分単位で家事を作っておいて「小さい家事」にしておくんです。

夕飯の支度のとき、「後は煮込むだけ」となった料理があったとします。
そばにずっといてボ~っとしているのではなく、先ほどリストアップした小さい、短時間でできる家事をするのです。
シンクのホコリ取りや床にワイパーをかけるなどして、手と頭を休めないようにすることです。

お湯を沸かしている短い時間でも、床を拭いてみるなど小さい家事を入れていきます。

動きっぱなしの方が疲れない

「常に手を動かす」なんて言うと「疲れそう…」なんて思いますが、実は流れに乗って勢いでやっているので疲れません。
それよりも、1つの家事が終わるごとに小休止する方が疲れます。私は特にそうです。

家事を時短した分、あとで自分時間ができるわけですから、ダラダラやっているよりサッサとやらなければならないことを終わらせて、あとでゆっくりのんびりしましょうよ。
そのほうが解放感も違いますよ!

仕事とプライベート ごちゃ混ぜにしてよし!

仕事用とプライベート用に分けてスケジュールを管理している人がいらっしゃいますが、これは私には向きませんでした。

結構手間がかかりますよね。スケジュール庁が2つあるだけに、手間も2倍です。

しかも仕事もプライベートも一括で管理しないとスケジューリングでもミスを犯しやすいんです。

例えば、仕事の用事が入ったとき、スケジュール帳を確認して予定を入れたつもりでも、家に帰ってカレンダーを見ると子どもの参観日で休み希望を出すつもりだった、なんていうことがあります。そんなときの焦り様といったら見られたもんじゃありません。

家事のTO DOリストも同じです。
仕事用とプライベート用に分けていると、2つのリストを管理するのも大変です。

それぞれ見るのも面倒ですし、チェック漏れも起きやすいので、一つのリストにまとめてしまった方がいいでしょう。
仕事とプライベート関係なく、「私の行動スケジュール」と考えるといいですよ。

例えば「○○さんに電話」「○○の書類作成」などと仕事のTO DOを書く一方で、同じリスト内に「アイロンをかける」「米買う」など、子供に関することや家事に関することまで、リストにします。
うっかり忘れることも減り、生活がグダグダになってしまうことも防げます。

人間一人にスケジュール帳は1冊で十分( ✧Д✧) カッ!!

思いついたら速攻でメモをとる

やらなければならない家事をフッと思いつくことがあります。
「味噌を注文しなきゃ!」「旦那のシャツのボタン、直さなきゃ」「洋服のシミを落とさなきゃ!」

でも、違う事を考えちゃうとすぐ忘れちゃうこともしばしば…。
私は年齢と共にこの症状が色濃くでてきました…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

自覚症状が出ている方はすぐにメモしましょう。
メモ帳はペンと一緒に各部屋に準備しておいたほうがいいです。
広告の裏紙でもいいんです。とりあえず文字にしておきましょう。

例えばこんな感じです。

文字に起こせばなんでもよいメモ帳

これは、子供がやった算数プリントの裏を利用しています。
4等分にカッターで切って、メガネやでもらったマグネット付きクリップで止めています。
メモ帳のそばには筆記用具も置いています。
これが、キッチンと私のデスク、リビングに置いてあります。

1日の最後、又は朝1番に各部屋のメモをまとめ、整理してTODOリストに加えます。
こうすることでやりこぼしを防ぐんです。

他にも、何かアイデアを思いついた時、ひらめきがあったら即文字にします。
それがくだらないことでもいいんです。後で見直して選別するので大丈夫です。

「やらないこと」をリストにすることも大切

実は「毎日やらなくても大丈夫な家事」というものがあります。

もし毎日の家事の限界を感じたら「NOT TO DO リスト」を作ってもいいんじゃないでしょうか。

私はこの記事を書くに当たり、自分の毎日している家事、毎日とは言わずとも頻繁にしている家事を「本当にこの家事は毎日するべきものなのか」を考えてみました。

そこで、私が改革を行った家事を3つご紹介します。

洗濯時間短縮 ①服を増やして洗濯回数を減らす

子供がいると汚れものが多くたまります。
しかし、もし洋服の数を増やしたら…洗濯をしないと明日の着る服がない状況はまずなくなります。

コストがかかるのは分かりますが、今はリサイクルショップがたくさんあり、1着300円くらいで手に入ることもあります。どうせ汚して帰ってくるのですから新品でなくてもいいんです。

そこで早速、子供たちにそれぞれ5着づつ服を買い足しました。
これで洗濯は毎日する必要はなくなりましたね。

洗濯時間短縮 ②服はたたまないでBOXへ

家族の前で「私、子供達の服はたたまないことにしたから( ✧Д✧) カッ!!」と明言しました。

大姫様(5)はファッションショー好きで、服を着ては取り換え着ては取り換えして、1日に何回も着替えます。しかも1時間ごと。ひどいと30分おき。そしてその辺にぶん投げておく。
チビ姫ちゃん(1)は服を出すのが好きで、たたんである服を見ては投げるんです。
たたんでは投げ、たたんでは投げ…

対策として、大き目のBOXを買って、洗濯が終わったらそこに放り込むことにしました。
たたみません٩(๑`^´๑)۶

シワは多少つきますが、おかげさまで私のストレスは減りました。
良い誤算で、なんと大姫様は自分でたたむようになったんですよ。「ママ、ちゃんとたたみなよ~」とか言いながらですけど。

洗濯時間短縮 ③アイロンがけをやめる

服についたシワをアイロンで伸ばすのが好きで、しかも多少のストレス発散にもなりよくかけていたのですが、ここを思い切ってやめてしまいました。

洗濯物を干すときに、ある程度シワを伸ばすだけでも仕上がりは違いますし、畳むときに手の熱で(私は手アイロンと呼んでいます)シワを伸ばすだけでも少し違います。

1つの家事にどのくらい時間をかけているかを知る

掃除機をかけるのは仕事が休みの日だけ、洗濯は夜のうちにしておくなど、兼業主婦のみなさんはだいたいの家事計画は誰でもしていますよね。

では、その掃除、どのくらいの時間でできますか?
洗濯って、どのくらいあれば終わらせることができますか?

自分の家事の所要時間を知ることができれば、夜ご飯の準備は帰ってから30分もあればできるとか、洗濯物をたたんで片付けるのに15分かかるなど、隙間を見つけてできる家事が分かるようになるんです。

例えば…

・掃除機をかけるのは15分かかっていると思いきや、実は10分で終わらせられるものだった。
・洗濯は干すよりもたたむ方が時間がかかっていた。
・夕飯の支度は1時間かかっている。

自分の知らなかった気づきが何かしらあります。

これで家事のTO DOリストも作りやすくなりますね。

私の夕食作り&買い物時短の裏技

私の時間短縮法の秘密は、「食材宅配」を使う事なんです。
コープデリ・おうちコープのカット&下ごしらえ済み「簡単料理キット」や、食材・日用品の値段の安さ、品ぞろえの豊富さには脱帽です。

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

また、夕食宅配専門の「ヨシケイ」が超便利!

これで夕食づくりの時間が半分に減りました。
今なら1週間半額でお試しできます。
全国無料配送なのは、数ある食材宅配の中でもヨシケイだけです。

【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

なので、この2社のW使いをしています。
これでまず買い物にスーパーへ行くというタスクが消えます。

コープデリ&ヨシケイのW使い

とにかく楽したいなら…買い物も夕飯食材もこの2社にお任せです。
品数豊富なコープデリで日用品や食材をすべてそろえ、夕飯はヨシケイで料理キットを配達してもらうという方法です。

ヨシケイの商品はほとんどが15分以内で完成してしまい、そして10回分は半額でお試しができます。
私が作ったことのない料理も、材料はすべてヨシケイが毎日持ってきてくれるので私はレシピ通りに作ればいいだけ。家族に喜ばれそうなサービスです。
このW使いなら、まずスーパーに買い物に行く必要は完全になくなりますね。

そして料理の勉強になることは間違いありません。

☞詳しくは「兼業主婦の食材宅配体験談」で!

まとめ

TO DOリスト、会社で実践している方はそれを家庭用に応用するだけです。

初めての方は、まずは家事で練習してみてください。
一度やってみると、この方法の良さ、気付いていただけますよ。
そのあと、是非仕事にも使ってみてください。

今までの私は1日のスケジュールなんて立てたことがなく、ましてや家事なんて行き当たりばったりでやっていました。
特に家事はそうなんですが、行き当たりばったり法だと終わりがないんですよね。
どこで終わったのかがはっきりしないので達成感もない。

そこにきてこのTO DOリスト。
何よりうれしいのは達成感を感じられ、終わった後はビールがおいしいってことですね。

1日は24時間あります。これは、兼業主婦にとってもワーキングマザーにとっても学生にとっても赤ちゃんだって平等です。
しかし、その中身には個人個人で大きな差がありますよね。どのような使い方をするかは個人によって大きく違います。

皆さんは今、毎日充実していらっしゃいますか?

もし「なんだかなあ…」と感じている私のような方には、家事のTO DOリスト作成をしてみることで何か光が見えてくるかもしれませんよ。

家事(仕事)の漏れをなくすために、「TO DOリスト(やることリスト)」を作成することで、良い事はたくさんあります。

追記:TO DOリスト作りに便利な付箋の魅力

お金をあまりかけずに時間管理…と思ってふとデスクの右隅に目を向けると…。
おやおや、こんなところに付箋が。

付箋か…。これいけるんじゃないか?

貼って綺麗にはがすことのできる付箋。
会社ではよく使用しますが、これ、家事にもうまく利用できないでしょうか。
と思って調べてみたら結構ありましたよ!

付箋は私たちにとても身近になっていて、100円均一ショップでもたくさん見かけます。
誰でもが一つは持っているのではないでしょうか。
そんな付箋を仕事だけに使うなんてもったいない!!!
付箋を使用した時短方法、効率よく家事をこなすコツを調べてみました。

調べれば調べるほど、メリットしか出てこない!(唯一のデメリットはゴミが出る事)

付箋を時間管理に使うメリット

付箋は、貼ること・はがすことが簡単にできる便利グッズで、予定の順序が変わった場合にも、付箋の順序を入れ替えるだけで済んでしまうという利点があります。
書き直すという手間がかかりません。

また、ある予定が終了したら、その予定を書き込んだ付箋をはがして捨ててしまえば、残りどのくらいの予定があるのかが一目でわかります。

しかもこの「終わった予定の付箋を捨てる」という行為、けっこうストレス発散ななったり、達成感につつまれたりするので私は好きです。

例えば美容室・病院などに定期的に通っている場合は、付箋を捨てずに次の予約日に貼りかえることができますので、また書き直す手間が省けますよね。

また、付箋自体小さいので持ち運び便利ですし、ペンさえあれば電車の中でも書くことができます。
電車の揺れでちょっと字はゆがんでしまいますが大丈夫。どうせこの予定が終われば捨てますから。

このように、付箋は私たち兼業主婦の大切なパートナーになってくれそうな頼もしいグッズです。
こんな便利な付箋を家事の時間管理に使わない手はありません!

まずは付箋でTO DOリストを作ろう

まずは家事で何をするのかをはっきりさせておくのが、家事効率化への大きな一歩です。
では具体例を挙げてみましょう。

毎日やること

食事用意、片付け

洗濯(洗濯⇒干す⇒取り込む⇒アイロン⇒たたむ⇒しまう)

買い物(我が家は週3回)

ごみ捨て(分別をしっかりしている地区なのでほぼ毎日)

お風呂の支度(軽い掃除も含みます)

軽い掃除(ワイパーとコロコロが主)

子供の世話

家族の出かける支度

休日やること

掃除(日ごろやっていないところ 掃除機)

布団干し

シーツ、枕カバーなど大物の洗濯

トイレ、フロ掃除

平日食事の作り置き(冷凍しておき、野菜も切っておきます)

TO DOリスト管理は、

①リストとなる事柄を付箋に書きだす。
(最初のうちは細かいことでもOKです!まずはどんどん書きだすことが大切です。)

②書きだしたリストを、ジャンル別に区分けする。
(ここで付箋の持ち味、「貼って剥がせる」という事が役に立ちます。)

③ジャンル別に分けた中で、優先順位をつける。

④優先順位を日別、時間別に割り振っていく。

これが基本系です。
これは仕事でのTODOリスト作りでも同じことです。

出来たリストは見直してみて、順番を入れ替えたりして修正しましょう。
ね?付箋だと張ってはがせるので便利ですよね。

「フィルム付箋」という便利なものがある!

フィルム付箋とは、その名の通りのフィルムで出来た付箋です。

フィルム付箋が便利だと思った理由は…

・滅多なことでは剥がれない
・貼っても下が透けて見える
・カラフル(色分けして使うこともある)

フリクションボールペン(消せるボールペン)では書くことができないようですが、それ以外なら書くことができます。

何よりも「付箋が剥がれにくい」というのが最大のメリットですね。
紙の付箋だとあまり入れ替えが激しすぎるとはがれちゃいます。
私のように優柔不断であれやこれやいつも迷っている方にはフィルム付箋の方がいいかもしれませね。

このフィルム付箋は「日常化した家事」や「使いまわしそうな家事やイベント」の記入に最適です。

追記2:最近はアプリに凝っている兼業主婦子

最近、スマホを買い替えて性能が良くなったので、調子に乗ってこんなアプリをダウンロードしてみました。

「Todoist やるべきことリスト」というアプリです。

やるべきことリストのアプリ

「Todoist やるべきことリスト」ダウンロードはこちら!

直観的に使えるのがよく、まずまずの頻度で使っています。
今日のタスクが終わっていないと、メールで連絡をくれる機能もついています。

TODOリストの使用例

タスクが終わったら右にスライドさせれば消えます。
今日全部のタスクが終わると…

TODOリスト 全部のタスクが完了するとこのような画面がでる

このような画面で私をホッとさせてくれます。

ただ、私は紙で管理することに慣れているので、まだなんか違和感があります。
でも、タスクの入れ替えも簡単だし、何といっても無料で、面倒な広告も出ないので気に入っています。

紙が面倒な方はこちらもおすすめです。

トップへ戻る