机は家だけじゃない!兼業主婦が資格勉強に選んだ様々な場所をご紹介

色々なところに勉強机を作っておこう

色々な場所に勉強机を作って、いつでもどこでも勉強できるようにしておこう!

勉強場所に困ることはありませんか?

もし私が独身生活を謳歌していたなら、誰もいない家で勉強するのが一番集中できます。
しかし私は主婦。

なんだか色々なところが気になってしまって、全然集中できないんですよね。
例えば、ふっと目を上にあげてみたらカーテンのほつれを見つけてしまったとか、洗い物が全部終わってなかったとか。

冷蔵庫の中も無駄にのぞいてしまい、夕食は何にしようとか…

これでは全く勉強がはかどりませんよね。
主婦の自宅勉強あるあるです。

そこで、思い切って外に飛び出してみましょう。
「勉強机じゃないと勉強できない」と感じている方もいらっしゃるでしょうが、実は勉強机は自分で作ることができるんです。

「勉強机を色々なところに作る?それって一体どういう事?」

ですよね~。でも実際に勉強机を購入するわけではありません。

実は無料でいろいろな場所に机を開設出来る方法があります。
机だけ、もしくは机のない簡素な事務所のようなものですが、それで良ければです。

私もいくつかの場所に事務所を作りましたが、意外や意外、これが快適なんです。
もしかしたら、家で勉強するよりも集中力が持続したような気もします。

 

次男 鶏二
仕事もそうだけど、自宅では極力勉強はしない方がいいかもね。
長男 猿一
仕事ができる主婦ほど、家ではつい家事をしちゃうから、ここは割り切らないといけないね。

 

資格勉強場所を確保するポイント

外で勉強をするということは、いくつかの心構えが必要です。

✅時間厳守するため、家事の時短方法を考えておく

✅いつでも勉強できるよう、勉強道具は持ち運びしやすいように工夫しておく

 

勉強時間開始は時間厳守で

資格勉強する時、睡眠時間はどのくらい? 働く女性のおすすめ資格取得勉強法主婦の悩みというのは、気になるところがあるとつい手を出してしまうこと。
それは家事です。

ここで私の悩みをお話ししましょう。

私は個人事業主です。
事務所は自宅です。

一応8:00~17:00が勤務時間ですが、これを守られた日はあまりありません。
1年に4分の3以上守られません。

その理由は、家事のやり残しが目に付いてしまい、ついつい手が出てしまうから。
専業主婦としては素晴らしいことなんですが、私は兼業主婦。仕事をしないとお給料が発生しません。

 

これが、もし会社員の兼業主婦だったらどうでしょう。

決まった時間に出社しなければならないので、洗濯機が回っていようが、洗い物がまだ 半分残っていようが、家事が中途半端であっても家を出なければならないのです。

これと同ように、勉強時間も決められた時間に必ず開始する意思の強さを持つことが必要です。そうしないと、いつまでたっても勉強時間が確保できません。

 

次男 鶏二
家事を時間短縮するために、家事のやり方を見直してもいいかもしれないね。

 

長男 猿一
機械に任せるところは任せる、例えば食材宅配を使って買い物時間をなくするなど、外注できるところは外注するというふうに時間の使い方を工夫する必要があるね。

 

もしお金を使いたくないというのであれば、自分だけで時間内に家事を終わらせる工夫が必要です。

家事時間管理についてはこれらの記事に書いています。
自分に合った方法で家事時短に挑戦してみましょう。

また、できるだけ家にいないようにする工夫も必要かもしれません。
やり残した家事が目に入らないからです。

 

勉強道具をそろえておく

勉強道具をそろえておいて、いつでもどこでも勉強できるようにしておくこれからご紹介しようとしている勉強場所は、すべて家の外です。

という事は、いつでも勉強道具が取り出しやすいように、持ち歩く必要があります。

仕事が休みの日に「勉強しに行こう!」と思って外に出るなら良いのですが、仕事の合間に勉強するとなると、事前にそれなりの準備が必要です。

主婦の勉強におすすめなのは通信教育ですが、中には紙の参考書で勉強する講座もあります。
その場合は、必要なところだけを思い切って切り取り持ち歩いた方が、軽いし取り出しやすいので通勤電車内でも勉強できます。

 

次男 鶏二
せっかくの参考書を切り取るのは気が引けるけど、重い教科書を持ち歩くと疲れるからね。
長男 猿一
もし嫌であれば、コピーを持ち歩くという手もあるね。

 

CDで講義を聞く講座の場合、CDプレイヤーを持ち歩くのもいいですが、事前にスマホに入れた方が持ち運びには便利ですよね。

一番いいのは、参考書も抗議DVDや音声も、すべてオンラインでできる講座です。
これなら小さいスマホさえ持ち歩けばOK。

兼業主婦が資格勉強をするのに一番お勧めの勉強法は、オンラインでできる通信教育かもしれません。
参考書の用紙代、印刷代、CD代、DVD代がかからないので、値段が安く受講できることもポイントが高いです。

 

資格勉強場所はここだ!~無料編~

では、どんな場所で資格勉強ができるのかを調べていきましょう。
私は勉強するための場所代は支払いたくなかったので、すべてタダでできる場所を選んで勉強しました。

隙間時間がちょっとでも長くあったなら、これらの場所へ行って勉強しました。

 

 

 

電車の中に資格勉強場所を作る

働くママのおすすめ資格勉強法 電車の座席で勉強する

まず私がよく使う事務所は電車の中

席はその日によってまちまちですが、もし座ることが出来た場合、そこが私の事務所になります。

私のバックは凹凸が少ないバックですので、膝の上にのせればそこは立派な机になります。
もしバックだけで頼りなければ、少し厚めの台紙や本を持ち歩けばOK。

何かちょっとしか書き物はこの簡易机で済ませる事ができます。

 

駅のホームに資格勉強場所を作る

駅のホームで資格勉強をする私の使う駅のホームにある椅子の位置は把握しています。
実は自動販売機の陰に隠れていて、よく来る人日か知らない穴場スポットもあります。

カフェで買うより格安の冷たいドリンク(自動販売機)も、席のそばにありますし、何といっても外の空気も思う存分吸える、野外事務所です。

雨の日で風が強いと少々不便ですが、そこは我慢です。

ちょっと早めに保育園に子供たちを送っていき、お目当ての電車が来るまで座って勉強できます。
また、早めに仕事が終わった後、居心地の良い駅を選んで勉強することもできます。

 

ショッピングセンターに資格勉強場所を作る

働くママのおすすめ資格勉強法 スーパーのフリースペースで勉強する

あるショッピングセンターの最上階レストランフロアに、沢山のソファーが並んでいるんです。そこは空調も良い私のお気に入り事務所です。

大抵、大型商業施設にはフリースペースに椅子が置いてあるものです。
私のお気に入りの事務所は、椅子の座り心地が良いこと、背もたれがあること、そして人が少ないこと。確実に座ることが出来ます。

仕事が思ったより早く終わってしまって子供のお迎えに時間があるときは、ここでお迎えの時間まで勉強しています。

エアコンもあるので、快適に勉強することができますし、気分がどうしても乗らなかったら気分転換に買い物をすることもできますよね。

 

図書館に資格勉強場所を作る

図書館で資格勉強をする女性の画像ここは静かで、一番落ち着ける場所です。

ただ、駅近にあるとは限らないところが難点ですが、居心地が良いことは確かです。

周りの方々も意識が高い人たちばかり。
こっそり刺激を受けることもできるし、もちろん温度管理もバッチリされているので冬は暖か、夏は涼しく快適に過ごすことができます。

子供たちの本を借りて変えるのもいいですね。

 

資格勉強場所はここだ!~有料編~

資格勉強場所有料編

お金少々使いますが、無料よりもさらに快適に過ごすことができる資勉強場所をご紹介します。

カフェに資格勉強場所を作る

「ちょっとうるさいくらい集中できる」という方におすすめなのがカフェ。
職場や自宅から近い場所にたくさんあるし、コーヒー1杯の値段はそこまで高くありません。

 

100円台:カフェ ベローチェ

200円台:サンマルクカフェ・ドトールコーヒー・プロント

300円台:スターバックスコーヒー・エクセルシオール・タリーズコーヒー

400円台:コメダ珈琲店・星乃珈琲・喫茶室ルノワール

 

私がたまに行くのはスターバックスコーヒーです。
コーヒーの味が美味いのはさることながら、値段が激安ではないため客層も会社員んお方が多い印象。落ち着いて勉強できるところが気に入っています。

机の広さも申し分なく、長く滞在できるところも気に入っています。

 

ネットカフェに資格勉強場所を作る

ネットカフェの良いところは、個室があるというところ。
場所によってはない場所もありますが、その分料金は安く済みます。

飲み物は飲み放題だし、カフェやレストランとは比べ物にならないくらい静かです。

漫画やネットで気分転換もし放題ですが、勉強出来ずに時間が過ぎてしまうことも。
そこは強い信念をもって勉強に取り組まなければいけませんが、平日昼間に行けば格安で長い時間滞在できます。

仕事が休みの日は利用してみても良いかもしれません。

 

有料自習室に資格勉強場所を作る

1時間当たり300円で借りることができるスペースです。

学生さんが多いと思いきや、社会人の方も多く利用しています。

ただ、月額制のところも多いうえ、都心や大学近くにしかないのが難点です。

 

毎日忙しいママ必見!朝の通勤電車で資格勉強

朝は子供たちを送り出し、自分の準備をするのにバタバタ…
昼は仕事でバタバタ…
夜はこれまた子供たちの世話と家事、明日の準備でバタバタ…

こんな毎日なのに、一体いつ勉強したらいいんだ…。

 

長男 猿一
ママが座ってテレビ見てるところ、そういえば最近見たことないね。
次男 鶏二
いつも動き回ってるよね。自由時間ってあるのかな…?

 

自宅ではなく毎日の通勤時間にコツコツと勉強を重ねていくことは、私が1番長続きした勉強方法でした。

仕事をフルタイム、なおかつ子育てもしているという時間のハンデを抱えながら、努力とか根性とかと無縁の私が楽しく勉強でき、効率もよかったと思う方法です。

しかも朝の通勤だけです。

ただ、通勤電車内で勉強するとなると、特に通勤電車内は込み合っていますから事前にちょっとした工夫が必要になってきます。

 

長男 猿一
事前準備次第で、会社に行く時間が自由時間になるんだね!
次男 鶏二
通勤時間は毎日あるものだから、絶対に取れる勉強時間だね!

 

朝の通勤電車で資格勉強 ちょっとした工夫

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法周りに方にご迷惑にならなようにするためには、参考書やノートを広げて…という一般的な勉強方法は出来ません。

もし出来ることなら通勤ラッシュ時間を出来るだけ避けて、座席に座れる時間帯にゆったりと電車に乗りたいものです。

または、早めに家を出て、会社近くのカフェで始業時間まで勉強する、なんてのもいいですよね~!

しかし子供を抱えながらとなると、保育園の開園時間や学校の登校時間との関連がありますからそう簡単には出来ませんよね。

 

電車に乗る時間を少しだけ変える

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

私の子供が通う保育園は朝7時から開園しています。

会社に行く時間を考えると、預ける時間は8時過ぎでも大丈夫なのですが、この時間はちょうど通勤ラッシュ。

席に座ることは絶対にできないし、吊革も確保できるかどうかわかりません。

では保育所開園時間に合わせるとどうでしょう。

朝7時に合わせて家を出ると、座席に座ることは出来ませんが、立っていても両脇には十分ゆとりがある程度の乗車率です。

通勤ラッシュの時間帯より少し早いんですよね。

なので、わざとその時間に出て駅ホームの座席に座って勉強したり、職場の最寄り駅まで行ってカフェでお茶を飲みながら勉強したりしていました。

もちろん、電車内でも勉強できます。

 

バックの中身を軽くして、勉強道具を取り出しやすくしておく

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

バックの中にたくさんの物を入れて持ち歩くのは、あまり実用的ではないし見た目も悪く、メリットが見当たりません。

あまりに荷物が重すぎて肩に内出血が出来るし、荷物が重いということはそれなりにバックも膨らんでいるでしょうから、周りの方に当たって迷惑にもなります。

何よりその重さがストレスですし、必要なものもガサゴソ探さなくてはいけない時間がもったいないです。

なので出来るだけ荷物は軽くして、必要最小限の物しか持たないようにします。

そして、参考書や過去問題集はいつでもすぐ取り出しやすい位置に配置しておきます。

 

勉強の邪魔になる誘惑物は持たない

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

資格勉強中は覚悟を決めて、誘惑になりそうなものはバックの中には入れません。

例えば、大好きな本やゲーム機などです。
今の時期だけは我慢して、資格の勉強のためのものだけを入れておくといいでしょう。

スマホ内のゲームアプリもアンインストールします。
そうやって「勉強しか出来ない状況」を作っておくのです。

 

分厚いテキストは分割しちゃいます

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

参考書は薄いものもあれば、辞書のように分厚いものもあります。
分厚い本を毎日持ち歩くと思うと、それだけで気が滅入ってしまいますよね。

「コピーをとって、必要な分だけ持ち歩く」という手もありますが、今度はコピーを取ることに膨大な時間がかかってしまいます。

だったらもっと簡単に、ちょっと勿体ない気もしますが分厚いテキストをばらして持ち歩く、という方法はいかがでしょうか。

取得するのに大変な資格であればあるほど、参考書のページ数は多いものです。
社労士だと1000ページは超えるそうですよ。

そんな参考書を毎日持ち歩くのは大変ですから、センテンスごとに破って持ち歩くわけです。

通勤時間を使っての勉強となると、1日に勉強出来るページ数となるとたかが知れているの10p~20pくらいでしょう。区切りの良いところで区切って持ち歩けばいいのです。

本を大切にしている人にとっては最初は抵抗があるでしょうが、参考書というのは、その知識を得ることが目的です。資格の参考書はほかの本とは違います。

 

資格のアプリをダウンロードする

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

ゲーム機の「DS」で自動車普通免許の筆記試験問題ができるソフトが発売されたときは、こりゃ便利だと飛びついたものです。

このように、ゲーム感覚で資格勉強出来るものがたくさん開発されています。

特にスマホでできる無料アプリはたくさんあるんですよね。

スマホなら片手でできますので、通勤電車で片手がつり革でふさがっていても勉強できますね。

通信教育の中には、お手持ちのスマホやタブレットですべて勉強できる講座があります。

例えばKIYOラーニングの通勤講座や、おしゃれ資格のフォーミーなどです。

 

こちらをチェックKIYOラーニング「通勤講座」講座ラインナップはこちら

こちらをチェックおしゃれ資格 フォーミー 資格講座ラインナップはこちら

 

この2つは、スマホで勉強できるのでどんなに電車内が混みあっていても勉強できます。
電車内だけでなく、仕事の休憩中、家事の合間でも学習できるので、勉強机が必要ありません。

要点をまとめたページをコピーしておく

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

昔懐かし、単語カード。私も学生の時はせっせと作っていました。

しかし…作るのって結構時間がかかりますよね。

そして単語カード作成は家でやらなければいけませんので、子供がいると単語カードは遊びの餌食にされてしまうでしょう。間違いありません。小学生の計算カードは、保育園児のおもちゃになっている現状があります。

しかも単語カードを作っただけで、覚えた気になって満足してしまうという傾向が私には見られました。

そこで私は、参考書に必ずと言っていいほど載っている「用語集」や「要点集」をコピーして持ち歩くようにしています。

そして折り方を工夫して、暗記しやすいようにしています。

 

耳で勉強をする

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法

両手がふさがってしまい、参考書も読めない…そういった事態に備えておく必要があります。

そんな時は耳で勉強するんです。

通信教育によってはCDで講義を聞くタイプの講座があります。
それをスマホに入れておくだけでOK。

耳から資格勉強をする方法なら、ウォーキングの時間も資格の勉強に活用できます。

駅から会社までの時間、自宅から駅までの時間、電車の乗り換えの時間も勉強に充てることができるようになるわけです。

 

イヤホンは必須

通勤中はイヤホンを持ち歩くといいです。
電車内で集中できない原因のひとつに、周りの音がうるさいことが挙げられます。

女性の話し声、マナーモードにしていない電話の操作音や着信音、横の方のイヤホンから流れる音楽の音漏れ…

これらを撃退するには、こちらがイヤホンをすることです。
音楽はかけてもかけなくても、どちらでもよし。

もし音楽を聴きながらであれば、歌詞がないものや意味不明なものが良いです。
例えばクラシック音楽や洋楽、私は大河ドラマのオープニングテーマを聴いています。

程よく周囲の音が聞こえる「CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター 」という耳栓も、なかなか良かったです。

電車のアナウンスは聞こえるので、乗り越してしまう事もありません。

 

どこだってあなただけの事務所は作ることができる

勉強する場所は、発想を変えればどこでもできます。
家の机でないとできないというわけではありません。

自分の気持ち次第で、ありとあらゆる場所が勉強場所に変わるんですね。

そして、静かなところではなく少し賑やかな方が集中できる方もいるでしょう。

私は仕事の行きかえりの電車の中、駅のホームが中心でしたが、周りの雑音が気になることもあったので耳栓代わりのイヤホンは絶対必須でした。おかげで快適に勉強できました。

あと、バックは膨らみが少ない、できるだけ平べったいものを持つことで、机代わりにしていました。

心の持ちようとちょっとした工夫で、どこでも勉強はできるので、皆さんも是非お試しください。

 

こちらをチェック主婦におすすめの「おしゃれ資格」はこちら!

タイトルとURLをコピーしました