資格勉強を始める前にやっておきたい主婦の「作業計画表づくり」

 

資格勉強計画の立て方

資格勉強の計画を先に!今後の見通しを立てておこう

私たちが小学生、中学生だった時を思い出してみてください。
夏休みや冬休みの時「計画表」を作成したことを覚えていませんか?

「こんなことするぞ~!あんなことするぞ~!」とウキウキした気分で作成しましたよね。

テンションが高い、冷静ではない人間が作っていますから、最初から計画を詰め込みすぎ、結局3日も計画通りにいかずに終わる…ということを毎年繰り返してきた私。

あれからウン十年たち、自分の性格やペースが分かってきている今日この頃、あのときの失敗は繰り返さないよう、試験合格へ向けて計画を立てています。

これを、資格の勉強に生かしてみると結構効率が良かったんです。

 

長男 猿一
学生時代にやった計画表は無駄ではなかったんだね!

 

もし資格の勉強で「モチベーションが上がらない」「本当に合格できるか不安でたまらない」という方がいらしたら、是非「資格勉強計画表」を作ってみてください!

役に立ちますよ!

計画経験値が上がった今だからこそ作る事が出来る計画表

自分の性格が分かっている今だからこそ、無理のないペースでの計画がどんなものかが分かっているはずです。

仕事の事や子供のこと、家庭の行事の事などを考慮しながら計画を立てていきます。

それをパソコンのエクセルで表にして、ノルマを達成したらマスに印をつける、そんなことをやっている今日この頃。

正直、面倒になることもありますが、これが試験の日の自信になるのだから頑張ります。
試験当日に今まで付けたこの記録を見て、「これだけやったんだから大丈夫!私!自信を持って挑め!」という気持ちにするんです。

次男 鶏二
パソコンやスマホで計画表を作るといいよ!
長男 猿一
修正が簡単だし、パソコンとスマホを同期させれば、いつでも確認できるよね!

 

主婦が資格に合格するための計画の立て方

さあ、資格の勉強を始めよう!と思った時、最初にしたいのは「計画を立てる事」。

資格の勉強は長く険しい道のりです。
はじめての分野の勉強であればあるほど、くじけそうになることもあるでしょう。

私たち主婦は仕事だけでなく、家事や子育てもしているので、イレギュラーな出来事もたくさん出てきます。

そんな時にモチベーションを保つこと、「資格を取る!」と決意した時の気持ちを忘れないためにも必要なのが「計画」です。

ポイントは、少し余裕を持って計画することです。

資格試験日(勉強最終日)を決める

まずは試験日を決めます。
兼業主婦は仕事も家事もあるので、余裕を持った勉強時間を確保したいですよね。

ただ、私のように「あんまり長期間だと、中だるみしそうだ」という方の場合は短めに設定するのが良いでしょう。

ご自分の生活環境や、正確にあわせた日を決めます。

次男 鶏二
資格の試験日は資格によって決まっているから、公式ホームページで確認してね!
長男 猿一
通信教育の場合、自宅受験可能な資格もあるよ!その場合は自分で試験日を決められるよ!

 

どのような勉強をしなければいけないのか確認

試験までにどのような勉強をしなければならないのかを知っておきましょう。

これは参考書の目次を見ると大体分かります

私の資格勉強法ではまず最初に目次を熟読するのですが、これは今後の計画を立てるためでもあるんです。

そして「どの項目は自分の鬼門になりそうか、時間を取られそうか」の目安をつけておくといいでしょう。

私の場合は、数字や計算の類がとても苦手なので、完璧に理解するにはとても時間がかかることが目に見えています。その項目は多くの時間を割く覚悟をします。

 

資格試験日までの時間を確認

試験日まで何日あるか、1週間でどのくらいの時間が確実に確保できるのか、トータルでどのくらいの時間になるのかを計算してみます。

このとき、見栄を張って多めの時間を確保できると設定してはいけません。確実に取ることのできる時間を設定します。

後で計画通りにいかなくなる可能性をふまえながら、余裕をもった時間設定をします。

私の場合、確保できる時間は毎日の朝通勤の1時間です。
休日も時間を確保しようと思えば取ることができますが、ここは「予備時間」として手をつけずに取っておきます。

家族もいることですからよっぽどの勉強の遅れがない限りは勉強しないと決めました。

 

勉強の時間配分をする

最初に確認した「試験で勉強しなければならないこと」にそれぞれ時間配分をしていきます。この時に「大雑把に割り振る」のが大切です。

例えば私の勉強法でいくと、1回目の参考書読みは1週間、2~3回めは2週間で、4~5回目は1週間で…のようにザックリとした計画でいいんです。
立てた計画は、手帳に記入しておきます。

あまり綿密に立てすぎると、すぐに計画通りにいかなくなります。
人生はイレギュラーが多いですもんね。

計画通りにいかないと誰だってストレスを感じるものですから、それは精神状態に悪影響です。

ゆる~く時間配分をしましょう。

 

資格勉強を計画通りにひたすらこなす

あとは計画通りにひたすらこなしていきます。

できるだけ計画通りに進むように、仕事が休みの日などに「予備時間」を作っておくといいでしょう。

先の見えない登山より、頂上の見える登山のほうが疲れにくいのと同じです。

大雑把でもいいのである程度計画を立てておいた方が、モチベーションupにもつながります。

 

主婦資格合格のための計画表づくりのポイント

計画表づくりのポイント 分岐点画像

主婦には色々とやらなければならないことが山積みです。

家族のことを優先順位1番にしつつ、資格合格を目指したい!というのが本音ですよね。

次男 鶏二
ご飯はちゃんと作ってよね!
長男 猿一
資格の勉強があるからって、僕たちと遊んでくれないのは嫌だなあ…

そこで、主婦の計画表づくりには一工夫が必要になってきます。

私の計画表の作り方で、ポイントにしたことをご紹介します。

 

計画先取りOKの資格勉強計画表

私の計画の最大のポイントは「先取りOK」ということ。
明日の予定を、今日やってもいいんです。

例えば、今日1日のノルマは達成しました。でも今日は調子がいいし時間もあるので、明日の分もやってしまう。

計画表を作ってあるので、2日の分ができたら2日のマスにチェックを入れます。
明日の分はもう終わっているので、明日は休んでもOK、というような感じです。

もし明日も勉強したくなった場合は、3日の分、4日の分をやっていきます。

こうやっていくと、例え子供の病気、急な仕事などのイレギュラーがあったとしても「やり溜めておいた分があるから」と気兼ねすることがありません。

計画をたててくじけそうになる時というのは、毎日やると決めておいてサボってしまった時ではないですか?1度サボると「ま、いっか!」なんて開き直ってしまいます。で、結局サボった分を取り戻せない。

それを食い止めるために「先取りOK」にしたのです。

調子がいい時は「何かあった時のために溜めておこう」という気になりますのでモチベーションも上がります。表にしていますので、勉強した自分の成果が目に見えることも自信につながりますよね。

 

計画には余裕をもたせる

小学生がやりがちな計画表作成時のミスは、調子に乗りすぎて計画をギュウギュウに詰め込んでしまうこと。

ウキウキしている時に計画を立てると「あれもしよう、これもしよう」と欲張りになってしまい、ついついギュウギュウに計画を立ててしまうものです。

そして3日も立たないうちに計画表通りにいかなくなり、あっという間に夏休みが終わる…

これは計画に無理があったと言わざるを得ません。

計画には必ず「あそび」「余裕」も予定に組み込まなければ、忙しい女性にはこなすことができないと思っていいでしょう。

余裕を持たせることによって、例えば「子供が熱を出した」「仕事が終わらない」などのイレギュラーにも、落ち着いた心で柔軟に対応できるようになります。

 

●1日の計画を立てるなら、1日の中に必ず少しでもいいから空白の時間を作ること。

●1週間の計画を立てるなら、1日何も予定を入れない曜日をつくること。

●1か月の計画を立てるなら、オフの日を2日以上作っておくこと。

 

もしイレギュラーが発生した場合は、この空白の時間やオフの日を使って挽回するわけです。

これなら、子供が熱を出して看病をしなくてはいけなくなった時、急に仕事が入ってしまった時なども柔軟に対応できます。

 

家族が最優先であることを忘れない

特に子供がいらっしゃる場合、泣いていることもをほっといて勉強する、なんてことはなしにしましょう。

何の為の資格勉強なのか。
それは家族の幸せのためではありませんか?

今まで通り家事も子育てもきっちりやり、浮いた時間で資格勉強をするように計画を立てましょう。

もし時間が足りないという場合は、家事にかけている時間を短縮できないか見直してみることも必要です。

例えば、スーパーに買い物に行く時間が1時間以上かかっている場合、それをゼロにできるのは食材宅配サービスを利用することです。

家事時短なら食材宅配!兼業主婦におすすめサービスをご紹介します!
便利な食材宅配を利用しよう! 家事+子育て+仕事の中で一番時間短縮出来そうなものはどれでしょう…そう、家事です。 時間を見直そうと思ったらすぐにできるから。あとは本人のやる気次第です。 具体的な方法は以下の2つです。 ☞家事...

我が家ではこれで、スーパーに買い物に出ることはまずありません。

また、徹底的に家事を短縮するため、週1回で良い家事とやらない家事を決めました。
そして、TODOリストを作って家事の順番を決め「次何をしよっかな~」と考える時間をなくしました。

家事のTO DOリストを作るのが家事時短のコツ!
家事を時間短縮したい!もっと心に余裕をもちたい!やることが多すぎて、何とかしたい! そう思っている主婦の方はたくさんいらっしゃいますよね。 実は私もそうです。 やらなければいけないことはたくさんあるはずなのに、次にやるべき...

 

主婦にとって、勉強時間を捻出できる可能性があるのは家事時間だけです。

この時間を効率化することで、私は1時間以上浮かせることができました。
その分子供を早く寝かしつけられれば夜勉強できますし、自分も早く寝て早起きをすることで、みんなが寝ている朝に勉強時間を確保することもできます。

 

 

仕事にも使える資格勉強計画設計

ご紹介した資格の計画設計は、仕事でも使う事ができます。

例えば仕事で大きなプロジェクトを任された時、とてつもなく膨大な仕事量のような気がして気ばかり焦ってしまいませんか?

まずはこのプロジェクトで何をしなければならないのかをすべて書き出してみるのです。
意外とこれだけでも心はスッキリします。

そして優先順位をつけます。
付箋にタスクを書いていって、順番を入れ替えていくとスムーズにいきますよ。

次に期日までにどのくらいの時間があるのかを考え、それぞれに期限を設けます。

あとはひたすら実行するだけです。

やはり資格勉強と同じく、今やるべきことがはっきり目で確かめることができますので、わき目も降らず猪突猛進できるので集中力も違いますし、モチベーションも上がりますよ。

 

仕事にも応用できる計画の細分化

例えば明日の午後、大きな商談が待っているとします。
決めると会社に大きな利益をもたらせてくれる大事な商談です。絶対に失敗はできないですが、そのためにはやることが沢山あります。

そんな時、商談成功を大きな目標にして、細かく仕事の目標を作っていくのです。

「このような流れで話を進めていこうと考えているから、この資料を作成して配ると効果的だ。」

「こんなことを質問されるかもしれないから、この事について勉強しておこう。」

と思ったとします。

そしたら、今日中に資料を作成、明日の午前中までに質問されそうなことの情報収集、と目標を立てるわけです。

このように目標を細分化すると、マイナス思考だった心が前向きになり、プレッシャーに押しつぶされそうだった自分が馬鹿みたいに思えたりすることがあります。

しかも「自分はこれだけ頑張ったんだから」と自信をつけることもできます。

 

計画を立てることって、結構大事

やるべき仕事が早く終われば、その分早く帰宅できる会社もあるでしょうし、仕事が早いことで回りから一目置かれる存在になるかもしれませんよ!

人間は何か物事を始めるとき、計画をしっかり立てておいた方が効率が良いようです。
仕事、家事、資格勉強もさることながら、趣味のことや季節のイベント行事などもそうです。

 

次男 鶏二
でも、子育ては計画通りにいかないんだな~

そうなんだよな~。

ま、そこは…ねっ!楽しくやりましょう。

 

こちらをチェック主婦におすすめの「おしゃれ資格」はこちら!

コメント