はじめての離乳食 便利グッズと調理時間短縮法

はじめての赤ちゃん離乳食づくりに便利なグッズをご紹介します。

子育てで一番大変な時期は離乳食が始まったあたりだと言われています。

食事は毎日のことですし、離乳食作りは手間はけっこうかかりますよね。
我が家ではつい最近完全食になりました。
その時は「わ~いっ!」と腹踊りしたくらいですが、ただ、離乳食の時期ってそんなに長くないんです…。
今思えば、もっと楽しんで作っときゃよかったなと思います。

ただ、今真っ最中の方はそれどころじゃないですよね。

そこで、離乳食をスムーズにするためにおすすめの時間短縮方法をご紹介してみます。
私も今、下の子が離乳食の時期ですが、この時間短縮方法で兼業主婦をしながらも楽しく料理しています( ̄ー ̄)ニヤリ

離乳食はいつから?

赤ちゃんが生後5~6ヶ月になったら離乳食を始めます。
最初のうちは、離乳食で栄養摂取というのではなく、スプーンに慣れさせたり、モグモグの練習を目的としていますので、実際に食べなくてもあまり心配なさらないでください。

私は、食べ物で遊ばせるといった感じでやっていました。

まずは水、おかゆの上澄みだけからはじめてみてはいかがですか?
スプーンですくって与えます。

☟このような小さいスプーンだとやりやすいですよ!

赤ちゃんは口を大きく開けてくれないので、子供用よりもっと小さいスプーンがいいです。
あとは、間違いなく100%こぼすので、受け皿がついた食事用エプロンを付けた方が良いです。

兼業主婦の場合、運がよければ保育園にはいることになります。
その時の食事は、必ずお食事エプロン装着です。

ただ、慣れてないとすぐに外そうとしちゃうんですよね。
なので「食事の時はエプロンをつけるものなのだ」という事を小さいころから慣れさせておくとスムーズに事が運びます。

ちなみに、最近の保育園エプロンお食事事情はといいますと、なぜかうちの園では、女子に☟これが人気です。

うち以外にも持っている子が何人かいました。
可愛いですもんね。

ただ、家で使用するのは行のような布のエプロンではなく☟こちらの方が食べこぼし率は格段に低くなります。

こちらは何が違うかというと、シリコン製ということ。
食べている最中でも形が崩れないんです。

つまり、たとえ牛乳を口からこぼしたとしても、床は美しいまま。
納豆だってみそ汁だって、すべて受け止めてくれます。

ポケットはこのくらい深い方が、よりたくさんの食べ物を受け止めてくれますし、ティッシュを先に詰めておけば、汁ものをどんどん吸収してくれます。

家で使うなら、私なら間違いなくシリコンタイプですね。

時短!離乳食作り法

さて、ではちゃんとやろうと思ったら恐ろしく手間のかかる離乳食づくりを簡単にする方法をご紹介します。

1歳から保育園に入れた場合は、必ず必要になる知識です。

作り置きしておく

朝に何食分かのご飯を作っておく方法です。

たとえばおかゆ。
食事のたびに作るのは大変ですが、例えば朝に3~4食分作っておき、冷蔵庫に入れておくといいですよ。

食べさせる時は電子レンジでしっかり温め、冷めた頃に食べてもらいます。
おかゆは作ってから時間を置くと、しっかり水分を吸ってくれます。

ご飯粒をつぶしておくとさらに吸水率が上がります。
その方が赤ちゃんも食べやすいようです。

離乳食を凍らせる方法

離乳食用のフリーザーパックを使い、一度にたくさん離乳食を作っておいて冷凍保存。
3食とも離乳食になったときにはとっても重宝しますよ。

冷凍しておくと便利な食材は、ほうれん草、さつまいも、人参、かぼちゃ、ブロッコリー、ピーマンなどの水分が少なめなものです。
保育園に通わせるとなったら絶対に給食で出で来る食材です。

保育園では、1度家で食べた物しか給食で出すことができません。
アレルギーも見られにくい食材なので、どんどん食べさせてみましょう。

これらをみじん切りにし、少しだけ味付けをして凍らせるといいですよ。
片栗粉でとろみをつけておくと、うちの子は良く食べるみたいです。

電子レンジをフル活用

その時食べる分だけ電子レンジで蒸すように火を通します。

おかゆ&ごはん

専用の調理器があれば、簡単におかゆが電子レンジでできちゃいます。

☟こちらの赤ちゃん本舗のおかゆ調理器です。

他のメーカーのおかゆ調理器より値段はお高めなんです。
しかし、その用途の広さがすごいんです。

炊いていないお米から作れる
・5倍がゆ、10倍がゆどちらも作れる
・炊いたご飯からもおかゆが作れる
・普通のご飯も炊ける
・計量スプーン付きで、おかゆをつぶすこともできる

炊いたご飯からおかゆを電子レンジで作る調理器はたくさんあるものの、炊いていないお米からご飯やおかゆが作れるのはあまり見たことがありません。

うちのチビ姫は卵&小麦アレルギーでなので、ご飯が主食です。パンや麺類は食べられません。
しかしうちの家族はパンが大好き。
そんな時、チビ姫だけの為に炊飯器でお米を炊くのは大変です。

我が家では離乳食の時だけでなく長い期間重宝しそうですし、「忙しくてごはん炊くの忘れてたっ!」というときも1食分ならすぐに用意することができます。

野菜

小さいころからたくさん食べさせた方が良いと言われている野菜。我が家ではタジン鍋に入れて野菜に火を通します。

野菜の水分だけで、おいしく蒸しあげてくれるんです。
大体5分くらい電子レンジにかければ、火が通ります。

よくやるのはじゃがいも、にんじん、南瓜をざく切りにしてタジン鍋でチン。
3種類もの野菜が一気に蒸しあがり、それぞれつぶして赤ちゃんに出しています。

パサパサ担っている時は、コンソメスープや豆乳、お湯を少し混ぜると食べやすいみたいです。

魚30gに対し、大さじ1の水を加えてレンジで30秒ほど加熱します。
お湯で茹でるよりもふっくらした仕上がりになり、私が食べてもその違いが分かります。

出来上がったものは潰しておかゆに混ぜるもよし、スープに入れるもよし。
魚はもともと塩っけがあるので、味付けはせずに出していいですよ!

気を付けたいのはサバや鮭。
もともとドギツく塩を効かせてくれている魚も多いので(腐食防止の為)一度大人がお地味をしてから赤ちゃんに与えましょう。鮭は迷わず「甘口」を選んでください。しかし中には甘口でもしょっぱいものもあります。

あまりしょっぱいと、赤ちゃんの肝臓に良くありません。

チキン

そぎきりにしたささみ1本(約50g)に大さじ1の水を加えて、レンジで30~40秒ほど温めます。
片栗粉をまぶしてチンをすると、水分がササミから出にくくなりますのでパサパサ感が和らぎ、赤ちゃんが飲み込みやすくなります。

この方法は大人のおかずにも使えて便利。
棒棒鶏(バンバンジー)を作る時によくやってます。

大人用を味付け前にとりわけ

離乳食だけを作るのは時間浪費極まりないです。
普段の大人の食事を作る時に、赤ちゃんの分だけを取り分けておきます。
味付けをする前にです。

例えば味噌汁。
味噌を入れる前に具を少し取り分けておきます。

だしで味がほんのりついていますし、火もしっかり通っていますよね。
これをつぶして赤ちゃんにあげます。

究極の時短はヨシケイの「プチママ」

食材宅配ヨシケイとは、全国展開している夕食宅配専門店。

☟今なら約半額で1週間お試しできます。


なかでも「プチママ」というコースは、大人の料理を作りながら離乳食も作れるレシピ付きです。

毎日新鮮な食材を届けてくれ、私たちは専属管理栄養士が考えたメニューを見ながら火を通すだけ。かなり時間の節約になります。

留め置きOKなので、家にいなくても玄関先にヨシケイ専用保冷BOXで置いてってくれるので、職場復帰しても安心です。

☟詳しくはこちらのサイトが分かりやすいです。

夕食宅配ヨシケイの全メニューと値段 おすすめなのはプチママ夕食宅配ヨシケイの全メニューと値段 おすすめなのはプチママ

フードプロセッサーを使う

おかゆをつぶしたり、野菜をみじん切りにするのはマンパワーだと大変ですよね。
そこで登場するのがフードプロセッサーです。

今ご自宅にあるフードプロセッサーを使うのもいいのですが、今日はちょっとすごいフードプロセッサーをご紹介します。

ベビーブレッツァ フードメーカー といのですが、こちらら、刻む・つぶすだけではなく、蒸せるんです!

蒸す機能がついているから、出来上がったご飯をおかゆにすることもできます。

設定をすれば、蒸した後に自動でつぶしたり刻んだりしてくれるという機能もついています。
最近の家電は、本気で凄すぎます。

ベビーフードを使う

たまには市販のベビーフードを活用してみるのもいいですよ。
特に、もう仕事を始められている方は常備したほうがいいです。
ママに気持ちの余裕ができます。

今は1食100円しない商品もあります。
この前見たら、特売で1食68円だった時もありました。
このように恐ろしく安い時もありますので、是非活用しましょう。

そして、赤ちゃんに食べさせるだけではなく、ママ自身も味見をしてみることをおすすめします。
私が味見した時、思った以上に味がついていました。
保育園で出される給食も味見してみましたが、1歳児用だと同じくらいの味付けです。

耐熱容器でご飯と一緒に炊く

せっかく作っても少ししか食べない時ありますよね。
あまり多くは作れず、作り方に悩んでしまいます。

大人用のお米を炊くときに、赤ちゃん用のお粥を一緒に炊くことができたらどうでしょう?
楽になります?

大人用の米をいつも通りの水量で用意したら、中心部にピジョン 炊飯器用 おかゆポット
を置きます。
あとは炊飯ボタンを押すだけなんです。

10倍、7倍、5倍がゆの目盛りがついていますので、どの月齢の子にもピッタリのおかゆを作ることができます。
ステンレス製なので丈夫で臭いうつりもしません。

そして付属品が豪華。

・ポット
・取っ手つきフタ
・こし網(裏ごしに使う)
・ご飯茶わん
・計量スプーン(裏ごし用ヘラ付)

がついてきます。
これらはすべて一つにまとめて収納できるように設計されています。
収納に幅を取られないのも良いポイントですね。

野菜も一緒に炊飯器に入れて火を通す

野菜までも炊飯器で火を通します。
野菜をアルミホイルで包む、耐熱皿に入れる、袋に入れてしっかり縛るなどして一緒に炊けば、野菜を茹でる手間が省けるんですよ。

米も野菜も炊飯器で一気に火を通せば、すごく手間が省けますよね。
炊飯器をフル活用です。

まとめ

赤ちゃんが離乳食を嫌がってしまう時期があります。
そういうときにはママも離乳食を作ることを嫌になってしまいますよね。

私は赤ちゃんが離乳食を嫌がった場合、もしくは食が進まない場合は、無理しないでさっさと食器を下げてしまっています。

赤ちゃんにはまだミルクがあるんですから( ̄ー ̄)ニヤリ

食べなかった時にママがショックを受けないために、手は徹底的に抜くことが大事です。
楽できるところは楽をした方が、子供の為になる気がしますよ。

私の経験上、手の込んだ料理ほど子供は食べません。
むしろ茹でただけ、蒸しただけの食べ物のほうが良く食べます。
子供の為に良かれと思ってやってるのにね。皮肉なものですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る