新生児・赤ちゃんの便秘 うちも困った体験談と解消法

下の子が新生児の時から便秘!私のやった対処方法

下の子が新生児からひどい便秘だった!こんな経験初めてで戸惑う

赤ちゃんの成長とともに、うんちにも次第に変化が出てきます。
そしてうんちの出かたも赤ちゃんそれぞれなんですよね。

私の話をさせていただくと、上の子の新生児の時、緑のうんちが1日に5回ほど。
おならと一緒に実もでる、本当によく出る子でした。

新生児の緑のうんちは健康な証拠。
だから身体の状態は心配する必要がありません。

問題はオムツかぶれです。

オムツも頻繁に変えないとダメで、つい手を抜くとすぐにオムツかぶれをおこし、いつもお尻が赤くなっていました。

でも私は「新生児はこういうもんなんだね」と割り切ってせっせと変えていました。

 

さてもう一方の2人目。
うんちは1日何回もするもんだと思っている私は、心配になりました。

なぜならチビ姫ちゃん、ぜんぜんうんちをしないんです。

さすがに1週間出なかったときは病院に連れて行った方がいいのではないかと心配になりまして、病院に出かける準備をしていた時にガッツリ大量に出ました。オムツ1枚で受け止めきれないほどです。

 

長男 猿一
噴射してママの顔にかかるほどだったんだよ!

色は黄色。

☟これは母子手帳に添付してある新生児のうんちの色の見本です。

新生児のうんちの色 見本

画像で言えばからり4番に近い色をしていました。

うんちが黄色なのも健康な証拠。
短銃の色がそのままうんちに残るためで、緑のうんちと同様、身体の心配はしなくても大丈夫。

ただ、新生児のうんちは緑なんだと思っていた私は「こりゃまずいんじゃないか」と心配してしまいました。

というように、上の子はお尻がかぶれるくらい頻繁に出る子だったのですが、下の子はお尻かぶれなんて無縁、大体4日に1回のペースで出るという風に兄弟姉妹でもお腹の調子は違います。

ここでは便秘の下の子の経験をもとに、赤ちゃんが便秘になったときの家で出来る対処法をご紹介します。

 

☟赤ちゃんも飲めるオリゴ糖「カイテキオリゴ」
公式ホームページはこちら!

 

赤ちゃんの便秘判断基準は?

大人の場合、便秘かそうではないかはわかりやすいですが、赤ちゃんはお話しできませんから、便秘か便秘でないかを判断するのはママやパパですよね。

その判断基準が気になるところです。

元気で食欲があり、スムーズにうんちが出るようであれば、1~2日出なくてもそれがその子のペースなので問題ありませんが、以下のような症状が見られる場合は便秘の可能性があります。

●3~5日以上ウンチが出ない。

●ミルクやご飯を食べてもすぐもどしてしまう。

●ミルクを飲まない。ご飯を食べない。

●眠たくもないのに、むずかる。

●大きい声で泣き続け、機嫌が悪い。

●お腹がパンパンにはっていて、ぽっこりしている。

とにかく、「いつもより元気がない」時は要注意です。

ちなみにうちの下の子は4~6日出ないのが普通。

しかし、出るときはスムーズに出ますし、なによりとっても元気!ミルクも良く飲みます。

念のため病院の先生に診ていただきましたが、やはり特に問題はありませんでした。

 

長男 猿一
お腹の調子は人それぞれなんだね!

 

赤ちゃんの便秘の原因はさまざま

さて、赤ちゃんが「便秘かな?」と感じたら、赤ちゃんが便秘になる原因を探ってみましょう。原因を知ることで、今後の便秘予防対策がたてられます。

 

🌸赤ちゃんの便秘の原因で考えられること

☑排便ペースの変化

☑母乳が足りない

☑ミルクの消化が悪い

☑運動不足

 

 

排便ペースの変化で便秘

まず赤ちゃんの排便ペースの変化が考えられます。

この時期の赤ちゃんの便秘は、赤ちゃんの腸の発達の影響や授乳回数が減ることによるものが多く、便秘と言うよりは排便ペースの変化と考えることができます。

この場合、便秘とは違うので特に対処する必要はなく、自然の成り行きに任せます。

 

母乳が足りない・ミルクの消化が悪い

まれに母乳の量が極端に足りなかったり、完全にミルクで育てている赤ちゃんの場合は消化に時間がかかって便秘がちになることがあります。

ちなみに母乳を主にしている赤ちゃんは、ミルクの赤ちゃんに比べて便の回数が多めです。

なので母乳の赤ちゃんで生後間もない場合は、母乳不足をまず疑ってみましょう。

 

しっかり母乳を飲んでいるか確認する方法

ミルクの場合は飲んだ量がはっきりしているので、ミルク缶に書いてあるミルクの1日量と比較すれば少ないかどうかはわかります。少ないようでしたら増やす事を考えましょう。

しかし、母乳の場合は、なかなか飲んだ量がわかりません。

母乳の分泌が赤ちゃんの必要としている量に足りていないと、便の量も減って、いつも便秘ということになります。

 

🌸母乳を飲んだか確認する方法

☑赤ちゃん用の体重計(ベビースケール)で計測する

☑授乳後の行動を観察する

 

 

赤ちゃん用の体重計(ベビースケール)で計測する

母乳で明らかに便秘だろうと思ったら体重の増加を見てみましょう。

体重の増加が少ないという事は母乳が足りていないということですから、その時はミルクを足す事を考えてみます。

簡単な母乳不足判断として、飲む前と飲んだ後の体重の増加を調べること。

赤ちゃん用の体重計(ベビースケール)を使って、どのくらい飲んだかを測る方法です。

もし購入するのであれば、新生児だけしか使えないベビースケールだと非常にお金の無駄なので、長く使えるものを買うといいですよ。例えば「kerätä パンダ ベビースケール」なら、新生児の時だけでなく9歳(30㎏)まで使う事ができます。

 

授乳後の行動を観察する

 

追伸の追伸 ~あれから2年後 1回だけすごい便秘~

この記事を始めて書いてから2年の月日が流れました。

0歳後半から保育園に入った便秘っ子は、運動量が増えたおかげもあって毎日快便です。便秘だったことが嘘のようです。

ただ、1回だけうんちが固くて踏ん張っても出なくなったことがありました。
顔を真っ赤にして机にうつぶせになりながら「う~ん、う~ん」とうなって、泣き叫んで、それはそれはかわいそうでした。

 

長男 猿一
余りに辛そうで、パパが救急車を呼ぼうとしたほどだったんだって。

 

ちょうどお風呂に入る時間だったので、お風呂に入ってどうするか考えようと服をぬがせ、おしりにシャワーを当てていたら大量のコロコロうんちが…。

シャワーの刺激を肛門に与えることで、刺激になったみたいです。

便秘になったのはこのときくらいです。

トータルで見ると、赤ちゃんの頃の便秘は解消されたと言って良いでしょう。

赤ちゃんの頃の便秘は必ず治ります。
今だけのことなので、お気を確かに!ファイトです!