妊娠中の美容術 肌荒れが激しかった時の私の対処法

妊娠中の肌荒れ 対処方法

肌がカサカサ!ほうれい線までできた私の妊娠生活

皆さんは妊娠中のお肌のお手入れ、どのようになさっていますか?

妊娠中はホルモンバランスの変化の影響からか、私は肌荒れを強く感じるようになりました。
それまではオイリー肌で乾燥とは無縁だったのにです。

私以外でも、お肌のトラブルを感じる妊婦さんも多いですよね。

肉体的にも精神的にもデリケートになっている妊娠期間中は、できれば肌トラブルを抑えて、しかも綺麗でいたいという女心もあります。
しかし「ホルモンのせい」で肌荒れが起こるのであれば、私は手出しできません。

長男 猿一
ママは特にほうれい線のところが乾燥して赤くなったんだよね。

なぜか私の場合、ほうれい線のところだけ乾燥し、赤くなってしまいました。
外に出るとき、とても恥ずかしかったんですよね。

 

ただでさえ妊娠中はテンションがあまり上がらないのに、お肌まで荒れちゃったら何を楽しみに生きていけばいいのでしょう…と悶々としていたときもありました。

 

 

■肌荒れ 結論■

妊娠中に肌荒れが改善することはありませんでしたが、出産した後は元の肌に戻りました。ただ、ケアを怠っていた時期があったのでほうれい線あたりの感想が治るまでには時間がかかりました。

妊娠中には「肌荒れ改善」ではなく「これ以上悪化しないようにするにはどうするか」に重点を置いてケアした方が良さそうです。

 

こちらをチェック妊娠中のお肌のケアには「ベルタ妊娠線クリーム

 

妊娠中の肌荒れ原因は女性ホルモン「プロゲステロン」

妊娠中の肌荒れは女性ホルモンの影響だった!赤ちゃんの画像妊娠をするとホルモンバランスが崩れるとよく言われますが、これは妊娠状態を維持するためのホルモン『プロゲステロン(黄体ホルモン)』というホルモンが多く分泌されることで起こります。

このプロゲステロンの影響で、肌が乾燥しやすくなったり、皮脂が多く分泌されたり、シミができやすくなったりするのです。

また、内蔵への負担や新陳代謝が活発になるため、急激に肌質が変化します。

そのため、肌の乾燥、シミ、ニキビ、かぶれ、湿疹、あせもなどがあらわれやすくなり、いままで使用していたものが合わなくなってしまった!ということもあります。

私がまさしくこの症状です。

ただ、これらの変化は「赤ちゃんを産むためのカラダ」になるために必要な、ヒトのカラダとしておこる変化ですから、無理に「何とかしよう」と思ってもなんともならない場合があります。

出産を迎えればだんだん元の肌質に戻っていくそうですが、それでも妊娠中の10か月間、何もしないわけにはいきません。

時間があるとき、リラックスついでに時間をかけてケアしたいですよね。

 

次男 鶏二
後で説明するけど、一番良い肌ケアは「保湿」だよ!

 

妊娠初期に出やすい「肌荒れ」

肌に変化を感じるのは妊娠初期の方が多いようです。
ニキビ・吹き出物・乾燥・かゆみ・シミなどの症状が出てきます。

この時期は子どもを産むカラダになるための様々な変化が現れていきます。

今まで通り自分に合っている基礎化粧品を使っているのに、急に肌がカサカサ、ボツボツができて、さらにマタニティーブルーも重なり、自分の顔を鏡で見るのが嫌になってきます。

私は2回妊娠していますが、2回ともほうれい線だけカサカサした状態になりました。

これは人それぞれの様で、1回目の妊娠ではオイリー肌になったのに、2回目では乾燥肌になった、肌トラブルはなかった、など様々です。

長男 猿一
妊娠中の肌トラブルは人それぞれなんだね!

妊娠中は肌がキレイになる!?

「実は妊娠中は肌が綺麗になる」

妊娠中は新陳代謝が上がるという理由から、中には肌が普段よりツヤツヤになる方もいます。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になります。
特に多くなるのが

 

✅エストロゲン

✅プロゲステロン

 

の2種類です。

1つ目の「エストロゲン」のほうが、ツヤツヤした肌、豊満な胸など、女性らしい身体をつくる働きを助けてくれています。

このホルモンの方が多く分泌されると美肌効果を感じます。

逆に「プロゲステロン」という、女性の身体が妊娠しやすいようにサポートし、胎盤をつくる働きを助ける役割のホルモンが多いと肌トラブルが起こりやすいのです。

 

次男 鶏二
きっと「肌がツヤツヤになった」と言っている方は、エストロゲンが多く分泌しているんだね!

 

実は特別なケアは必要なかった!妊娠中の肌荒れ対策

妊娠中は特別なケアが必要ない!とりあえず保湿

妊娠中に効果的な特別なケアの方法を知りたい!と思って書き始めたこのページですが、実は特別なケアは必要ないということが判明しました…。

妊娠中はお肌がいつもよりも敏感になっているため、特別なケアを!と普段以上に意気込む必要はなかったのです。

●クレンジング・洗顔
●保湿
●紫外線対策

いつもどおりのこの基本3つのケアを念入りにすることが大切です。

クレンジング・洗顔をしっかりと!

肌が敏感肌になっているので、敏感肌の洗顔料や石けんで洗うようにしましょう。

泡立てネットを使って、しっかり泡立ててから洗顔すると、肌への刺激が少なくて済みます。

また、メイクをすると洗顔もしっかり行わなければならなくなり、ますます肌への負担は増えます。

不必要な時はメイクをしない勇気も必要です。

妊娠中の肌荒れには保湿!保湿!保湿!

ホルモンバランスの影響で一気に乾燥肌になってしまうこともあるため、十分な保湿ケアをしましょう。

私はホウレイ線だけが異様に乾燥して赤くなり、そこばかりが目立ってホッペの弛んだお婆さんのようになっていた時期があります。

これは完全に水分不足です。

いつも以上に保湿に力を入れておくと、肌トラブルは少なくなってきます。

 

🌸私がやった、妊娠中の保湿対策

✅無添加の化粧水をコットンにたっぷりふりかけ、それを乾燥する場所に張り付けておくだけでも潤いがよみがえります。

✅お風呂上りに化粧水をたっぶりつけてなじませ乳液をつけるのも、いつもより少しだけ時間をかける(2・3分でも長く)だけでも違います。

✅いつもより水をたっぷり飲みます。妊娠中は水分不足になりがちなので注意が必要です。

 

特にこの妊婦時期におすすめなのが、お肌にやさしく、かつ妊娠線対策にもなる妊婦さん用のケアクリームやローション。

例えば「ベルタマザークリーム」は妊娠・産後と使える保湿に優れたクリームです。
妊婦に必須の「葉酸」が配合されています。

「保湿に優れた」といえばベタベタした使用感を思い浮かべますが、ベルタマザークリームはサラサラした付け心地。

ちょっと柑橘系の香りがするので、つわりがひどい方は使えないかも…

 

⇩ベルタマザークリーム 詳細は公式ホームページで!



大きくなったお腹だけではなく、全身に使えるものが多いのでとても使い勝手がよく便利です。

ベルタマザークリームを使いながらソフトマッサージをして、血行を良くするのも良いですよね。日頃の緊張感もほぐしてくれます。

 

紫外線対策はしっかりと!

日光浴をするとビタミンDが形成されるため、一昔前までは赤ちゃんや妊婦の健康のためにも必要だといわれていた日光浴。

実はこの日光浴をすすめる内容が母子手帳に掲載されていましたが、1998年頃に削除されていたのをご存知でしょうか。

長男 猿一
年々広がるオゾン層の破壊や環境の変化などの影響を受け、紫外線による悪影響のほうが心配だという理由から削除されたんだよ!

妊娠中でもそうでなくても、やはり紫外線はお肌の敵。

シミやくすみの原因となりますし、肌は白いほうが清潔感があって私は好きです。
ですがこの白さを保つためには並々ならぬ努力が必要ですよね。

とはいえ、バリア効果(SPFとPAの防御指数)が高いものを使えば良いというわけではありません。
実は防御指数が高ければ高いほど、お肌への刺激や負担も強くなるからです。

ただでさえお肌が敏感な時期に強い刺激は好ましくありませんので、少し弱めの低刺激性のものをこまめにつけることが大切です。

また、日よけの帽子や長袖の着用、日傘を使用するなどして物理的に紫外線を遮断する方法も有効です。
完全防備で着込んでいる主婦の方を多く見かけますが、本当はあのくらいやるべきなんでしょうね。

 

🌸紫外線防止策

✅低刺激の日焼け止めクリームを、こまめにぬる

✅日よけの帽子、傘、長袖を着る

 

妊娠中の肌荒れ これ以上悪化させないように保湿しまくろう

妊娠中は確かにホルモンの影響で肌荒れが起こりやすくもなりますが、つわりの影響で身体がだるく、いつもの基礎ケアを怠って閉まったのが原因で肌荒れが進むこともあります。

しかし、つわりの時期は仕方がないですよね。
とにかくこの時期は「耐えろっ!私っ!」としか言えません。

とにかく今日を生き抜くことに集中するくらいの余裕しかないですもんね。

あまりにも気持ち悪くて、病院の先生に「本気で気持ち悪いんですけど…〇ぬんじゃないか、私」と言ったら「そのうちおさまるよ」で終了です。医者でさえも手が出せないつわりですから、もう今日を生きぬくことだけを考えましょう。

問題はつわりが落ち着いた頃です。

食生活も変化をみせ、食べるものや量が変わっていませんか?
そこから肌荒れをしているのかもしれません。

食べるものが変わってくると、今までのスキンケア用品が合わなくなるのも当然です。
それプラス、ホルモンの影響ですから、何か対策を立てないと肌は荒れに荒れる一方ですよね。

デリケートな妊娠期間中は、ナチュラル成分のものやオーガニック用品などの肌にやさしい低刺激性のものを選ぶようにして、とにかく保湿に気を付ければ、出産後の肌の戻りが良くなることは私の肌で確認済みです。

合言葉は「保湿」です。

ビバっ!保湿ぅっ!

 

⇩全身に使える保湿クリーム「ベルタマザークリーム」

 詳細は公式ホームページで!



 

コメント