整理嫌いはまず冷蔵庫整理から!食費節約&家事時短の一石二鳥!

冷蔵庫整理のポイント

まずは冷蔵庫を整理してみよう!

家族の健康を握っている冷蔵庫。
ところで冷蔵庫の中身、今現在何が入っているか把握していますか?

忙しいと、なかなか細かくまで把握できませんよね。
すると知らない間に賞味期限が切れていて「さよ~なら~」という悲しいことがあります。

まずはスペースが限られている冷蔵庫の中を整理・整頓・維持してみましょう。

冷蔵庫の収納方法を見直して、買いすぎ、廃棄食品を減らしてお金の節約します。
整理された庫内は冷やすのに無駄な電力もいらず、掃除も楽になるうえ探す時間がなくなりますので、実は時間節約にもつながります。

「整理」とは「いるものといらないものを分け、いらないものを捨てる」という意味があります。

「整頓」とは、「必要なものをいつでも誰でも取り出せるよう、秩序だてて配置すること」を言います。

この2つをしっかりこなすことで、美しい冷蔵庫を手にいれましょう!

 

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

こんな方はすぐに冷蔵庫整理を!

まずは、下記の「今すぐチェック」を読んで、冷蔵庫収納の問題点を洗い出してみましょう。
このような状態の冷蔵庫だと、これから何かしら対策が必要です。

賞味期限の切れた食品が入っている

(冷蔵庫奥に使いかけのちくわ、扉の裏に餃子の皮がありました…)
捨てます!

余ったおかずをお皿ごとしまっている

(うちの冷蔵庫は小さいので小皿に移して閉まってますが、ありました…)
速攻食べる!もしくは夕飯でリメイクします!

空いた場所に次々と食品を詰め込む癖がある

(とりあえず冷やさなきゃ!という思いがありまして…)
上段には賞味期限の長いもの、中段には賞味期限の短いもの、下段にはその日に使う食品とサラダを冷やす場所として空けておくといったように整理しながら詰め込みます!

カラシやしょう油の小袋をパラパラ入れている

(チューブ専用ボックスに立ててあるチューブの下に納豆の醤油が…)
どうせ使わないから捨てます!
賞味期限が書いてあるので、近いものは迷わず捨てます。

特売でまとめ買いをする

(衝動買いは多いです。)
保存が利くかどうか考えながら買います!

庫内の臭いが気になる

(私の大好きなニンニクの匂いがするようなしないような…)
使う分だけ購入し、密閉性の強い容器に移します!

快適冷蔵庫をつくる3つのポイント

快適冷蔵庫をつくる3つのルールをご紹介します。
しっかりポイントを押さえて、家事時短を目指しましょう!

①冷蔵室・冷凍室は1週間のサイクルで管理

買い物は週に1回、あとは足りなくなったら少しづつ買い足すようにします。

ちなみに我が家は月曜に食品宅配サービスから1週間分の食料が届きます。

なので、次の月曜には冷蔵庫がスッカラカンになるのを目標とするわけです。

週に1度は必ず冷蔵庫がすっからかんになるのです。
わかりやすい管理方法なので、気にいっています

②収納は『見えやすさ』と『取り出しやすさ』を両立

見やすく取り出しやすければ、それだけ探す時間が省かれて時間短縮になりますよね。

また見た目が美しいと、料理をする気力もおきるものです。
家族も冷蔵庫は覗きますから、いつも綺麗にしておきたいですよね。

●頻繁に使うものは手前に置くようにする
●調味料は住所を決めて、いつも今った位置に
●使いかけの食材はタッパーに入れて手前に
●賞味期限が近いもの、今日使おうと思っているものは手前に

このようなことを意識して食品を配置していくと、使いやすさがアップしますよ!

③冷蔵も冷凍も『すぐ使えるよう』保存

冷蔵庫に入れる前からの下ごしらえも重要なポイントです。

入れる前に野菜をカットしておいたり、洗っておいたり、ゆでておいたり…
下ごしらえをあらかじめすることによって、一回、一回の料理でゴミが少なくなり、片づけが楽になります。
そして料理の時に時間節約になるのは目に見えています。

キャベツがまるまるそのままあると、正直手を付けるのが億劫です。
そこで私は買ったその日のうちに千切り、みじん切り、ざく切りにし、ある時はロールキャベツ用に芯を取ってレンジでチンをしておきます。
こうしておくことによって、料理に使いやすくなります。

見えやすい!冷蔵庫の収納技

では見えやすく美しい冷蔵庫にするにはどのように整理していけばいいでしょうか。
これにはコツがあります。

冷蔵庫に限らず、収納の基本は不要なモノを溜めこまないことです。

冷蔵庫点検する時間を決める

冷蔵室は毎日頻繁に使う場所なので、余分な食品が入っていないかどうか点検することが大切ですが、私たち主婦は「点検しよう!」と思って点検するのは時間の無駄だ、なんて考えてしまいます。

ですから最初に冷蔵庫を開ける「朝」にすべてやってしまいます。

このときに冷蔵庫整理をしながら、夕食の献立を考えるのです。
そして、夕食で使うものは手前に置くようにします。

思いついた献立をメモに書いて、冷蔵庫に張っておくのも良いですね。
いざ夕食を作ろうと思った時に、そのメモ通りに作ればいいので献立いらずです。

もし足りない食材があるならば、それもメモしておき、例えば会社帰りや保育園のお迎え帰り、何か用事のついでに購入できるように持ち歩くのです。

段ごとにカテゴリー別で分けておく

冷蔵室に備え付けの棚は、段ごとにカテゴリーを決めておくと整理しやすくなります。

たとえば、上段には賞味期限の長いもの、中段には賞味期限の短いもの、下段にはその日に使う食品とサラダを冷やす場所として空けておくといった具合です。

食品の定位置が決まっていると、瞬時に出し入れができて節電にも有効です。
食材を調理するときは下段から使っていけばいいのですから。

食品の場合は期限の区切りがあるので、日付でわかりやすくなっていますから不要なものを見分けやすいはずですが、それでも見落としてしまいがちです。
なので鉄則の決まりはつくっておきます。

食べられないものは、迷わず処分。これだけは鉄則。

仮に賞味期限内であっても、使う見込みのないものも同じく処分の対象です。

長~く手つかずで冷蔵庫の場所を占拠している食材もそうです。

冷凍室は立て入れ収納する

近ごろの冷凍室は、引き出しタイプが主流です。
そのため、デッドスペースがなくなって、出し入れもしやすくなりました。

ところが、積み重ねたり倒れたりしてしまうと、下敷きになった食品があることに気付かないこともあります。
冷凍してあるとはいえ、賞味期限の管理を怠るわけにはいきません。

冷凍室では立て入れ収納にするのが基本です。
引き出したときに、上から見てすぐに分かるようにします。

そのために、ブック用スタンドを使って横倒しにならないようにしておくとよいでしょう。
大まかに「野菜」「弁当用」「メインディッシュ」にわけておくと分かりやすいですね。

作り置きできるものは時間がある時に作ってしまう!

野菜は洗って食べやすいように切っておく、ソースも作っておくなど、できることは休みの日にやってしまうのが一番の時間節約です。
子供がある程度大きければ一緒にできますので、良い勉強になりますね。

うちの子供は5歳ですが、こちらが簡単なことを用意しておけば大抵のことはやってくれます。(混ぜるとか、はさみで切る、とか)
時間はかかりますがとても楽しそうにやってくれますのでこちらもやる気が出てきます。

まとめ

冷蔵庫が汚い理由として、食材が多すぎて管理しきれていないという事が挙げられます。
特にスーパーでの特売があると、ついつい必要のないものまで購入してしまいますよね。

安いものは購入した方がお買い得ですが、問題はそのあとの管理です。
買った食材をどのように消費していくかイメージできれば問題ありません。

冷蔵庫整理を毎朝することにより、少しは無駄な買い物の量も減らすことができます。
是非やってみてくださいね!

コメント