ハウスクリーニングは究極の家事時短!相場と選ぶポイント

ハウスクリーニング 最後の手段は業者さん

ハウスクリーニングの相場価格と業者選びのポイントをまとめてみました!

今、家事代行やハウスクリーニングが話題になっていますが、「ハウスクリーニング」とはどのようなサービスなのでしょうか?

ハウスクリーニングとは掃除のプロが自宅に来て、家の中をきれいにしていってくれるサービスのことです。
素人がなかなか掃除しにくいようなところ、例えばフローリングをきれいにしたり、エアコンを中まできれいにしてくれるなどなかなか手に届きにくいところをきれいにしてくれる点。
また浴室などのカビの生えたところやレンジフード等油などで汚れてしまったところ、なかなか素人では手が出せない所もきれいにしてくれるのです。

ただきれいにするだけじゃなくプロの技がみられる、というメリットがあります。

もちろんこれは単純にきれいにしてくれるというだけではなく、新品同様にまできれいにしてくれることや、その使っている電化機器やフローリングをいつまでも長く清潔に使うことができると言う意味でもハウスクリーニングはとてもありがたいことです。

それを自分ですれば、お金はかからずとも手間暇がかかります。
私は掃除に対する知識もしょせん素人なのでできることが限られてきてしまいますが、ハウスクリーニングの業者に頼めば、プロの作業なので短時間でしかもきれいに仕上がり誰もが満足できる仕上がりになっています。
お金の余裕があるのなら、是非助けてほしいプロ集団です。

 

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

ハウスクリーニング業者人気お掃除箇所

ハウスクリーニング業者に依頼される、人気のお掃除箇所をご紹介します。みなさんどういう所のお掃除をプロの業者さんにお願いしているのでしょうか。

浴室クリーニング

人気メニューナンバーワンです。
普段は細かく掃除できない箇所の一つでもあり、隠れている所は目をつむりたい場所でもあります。例えば浴槽の裏とか…想像するだけでも恐ろしいです…。

業者によっては水アカや石鹸カス、蛇口廻りの汚れ、換気扇の掃除、カビ取りもしてくれるところもあります。

日ごろサッとは掃除していますが、目に触れない所や換気扇はそうそう掃除はできませんし、正直汚すぎて自分では掃除したくありません。
これは是非プロにお願いしたいですね。

レンジフードクリーニング

台所の油汚れをすっきりしたい方に。
ファンを外して、内部に溜まった油の除去と本体内部及び頑固な金属フィルターの油を除去してくれます。

これも浴室に続き、なかなか自分では掃除しにくい箇所ですよね。
しかも油汚れはあかなか落ちないんですよね…でもいつかはやらないとドンドン恐ろしい状態になっていきます。
本当はこまめに掃除しておけばこんなことにはならないんでしょうけど…なかなかね…

エアコンクリーニング

家庭用壁掛けエアコンをクリーニングしてくれます。

フィルターの奥や、吹き出し口のファンまできれいにしてくれるんですよ!
掃除をすることによってカビや埃、嫌な臭いを一掃します。

毎年、夏や冬になると大活躍してくれるエアコンですが、大活躍してくれるがゆえ、汚れもすさまじいものがあります。自分で掃除できるのはフィルターくらいですから、下手に奥まで手を出さず、業者さんにお願いするのが得策です。

下手に私たち素人が手を出して、値段の高いエアコンを壊してしまうのは避けたいところです。

ハウスクリーニングの相場は?

ハウスクリーニングの相場はどれくらいなんでしょう。

「ハウスクリーニング」と言ってますから家を丸ごと掃除してくれるのかな?と思っていたらそうではなく、部分的に気になる所をお掃除してくれるんですね。
それなら莫大な料金を請求されることもなく安心です。

さて、気になるのはそのお値段。
一体どのくらいの料金が発生するのでしょうか。

浴室クリーニング料金

大手A社・・・浴室クリーニング標準料金:20,160円
大手B社・・・浴室クリーニング標準料金:12,600円
中小C社・・・浴室クリーニング標準料金:15,750円
中小D社・・・浴室クリーニング標準料金:10,500円
中小E社・・・浴室クリーニング標準料金:13,600円
【大手ハウスクリーニング業者平均相場】
浴室クリーニング標準料金:16,380円
【中小ハウスクリーニング業者平均相場】
浴室クリーニング標準料金:13,283円
浴室のハウスクリーニング相場:10,500円〜20,160円

 

壁掛けタイプのエアコンクリーニング料金

大手A社・・・エアコン一台:14,280円、二台:23,000円
大手B社・・・エアコン一台:10,500円、二台:21,000円
中小C社・・・エアコン一台:12,600円、二台:23,100円
中小D社・・・エアコン一台: 8,925円、二台:16,275円
中小E社・・・エアコン一台:12,600円、二台:19,950円
【大手ハウスクリーニング業者平均相場】
エアコン一台:12,390円、二台:22,000円
【中小ハウスクリーニング業者平均相場】
エアコン一台:11,375円、二台:19,775円
エアコンクリーニングの相場 一台: 8,925円〜14,280円
エアコンクリーニングの相場 二台:16,275円〜23,100円

キッチンクリーニング料金

大手A社・・・キッチンまわりクリーニング:25,200円
大手B社・・・キッチンまわりクリーニング:15,750円
中小C社・・・キッチンまわりクリーニング:21,000円
中小D社・・・キッチンまわりクリーニング:10,500円
中小E社・・・キッチンまわりクリーニング:15,750円

レンジフードクリーニング料金

大手A社・・・レンジフード分解洗浄:20,160円
大手B社・・・レンジフード分解洗浄:12,600円
中小C社・・・レンジフード分解洗浄:15,750円
中小D社・・・レンジフード分解洗浄:10,500円
中小E社・・・レンジフード分解洗浄:12,600円
【大手ハウスクリーニング業者平均相場】
キッチンまわりクリーニング:20,475円
レンジフードクリーニング:16,380円
【中小ハウスクリーニング業者平均相場】
キッチンまわりクリーニング:15,750円
レンジフードクリーニング:12,950円
キッチンのハウスクリーニング相場:10,500円〜25,200円
レンジフードのハウスクリーニング相場:10,500円〜20,160円

引用元:家仲間ドットコム

ハウスクリーニング業者を選ぶコツ

ハウスクリーニングを利用する主婦は年々増加傾向にありますが、それと比例するように悪徳業者も横行しているようなんです。

格安でハウスクリーニングをすると電話で勧誘し、クリーニングはそこそこに、高額な掃除機を売りつけられたり、リフォームの契約を締結させられるというような被害が発生しています。

まじめに取り組んでいる業者さんももちろんいますから、その見極める目を私たちは養わなければなりません。

ハウスクリーニングを業者さんへ頼もうと思った場合、気になることはどんなことがあるかピックアップしてみると…

1.料金はどのくらいかかるのか。
2.どのくらい綺麗になるのか。
3.我が家の掃除にどんな人(業者さん)が来るのか。

ということですよね。

口コミをチェック

今はインターネットが普及し、ハウスクリーニング業者も数多くホームページを開設していますので、そこで検討をするのも良いと思います。
会社によってピンキリでよく分からない時もありますが、口コミなどを参考に選ぶのもいいですね。

大手個人関係なく、信頼できる業者を選ぶ

ハウスクリーニング業者には個人業者、大手フランチャイズ店加盟業者など規模も様々あるようです。
業者の大小によって質の高い低いはなく、小さくてもしっかりした仕事をする業者、ネームバリューばかりで仕事がいい加減な業者がいるのも事実です。
私は個人的に、大手より個人業者を応援したくなっちゃうのですが、悪徳も多いようなので困ったものです。

料金があいまいなところは避ける

よくある話ですが料金を¥〇〇円「~」と表示している業者も多いです。

このように料金をあいまいにしている業者さんは、見積り無料ということで、お客様の自宅を訪問し見積もりを出すわけですが、見積りには経費(人件費、ガソリン代など)が料金に上乗せされていることもあるんです。

また、これはハウスクリーニングではなく引っ越し業者の見積もりの際経験したことですが、「今この場で即決で〇〇円引きいたします」と、判断を急がせる方もいらっしゃいます。
そこは冷静になって判断することが大切です。

まとめ

しっかりと業者を見極める努力をしないと、値段のわりにきれいにならなかった…とか期待はずれになってしまう、ということが起こりますので、その見極め方を五つほどあげてみました。

1.クリーニング料金の相場を事前に調査

相場を知っておかないと、いざ金額を提示されたときに高いのか安いのかが分かりません。
ざっとでも良いので確認しておくことをお勧めします。

上記の「ハウスクリーニングの相場は?」に書かれてある値段を参考にすると良いでしょう。

2.見積書をもらう事

見積もり書を必ず業者から貰うようにしましょう。
もし何かあった場合、口頭はトラブルの原因になり、言った言わないの話になりかねます。
きちんと書面で残してもらう事が大切です。

3.作業範囲やどんな人がクリーニングをするのか必ず確認

料金が安いと思って依頼したら、後でそこは別料金と言われ、追加料金を請求される場合もあります。
また、大手フランチャイズ店は社員でなくアルバイトで対応する事もあるようです。

熟練のアルバイトさんだったら別ですが、誰でもできるようなクリーニングだったら、プロ集団業者じゃなくてもいいと思いませんか?
自分でやってもいいし、近所のもっとリーズナブルな便利屋さんでいいです。

なので、だれがクリーニングをしてくれるのかは、きちんと確認しておくとよいでしょう。

4.業者へ要望をしっかり伝る

気になる汚れの箇所をしっかり伝え料金に含まれているかどうか、どの程度綺麗になるかを確認しておくことです。

例えば、キッチンクリーニングとあるからレンジフードも入っていると思っていたら実は違かった、一番掃除してほしかったのはレンジフードだったのにぃぃぃ~!という事が起こる可能性だってあるのです。

しかも、ピッカピカになるのか、どうしても落とせない汚れはあるのか、なども確認しておきましょう。

5.損害賠償保険加入業者であるか確認

加入していないハウスクリーニング業者がいるのも現実です。

加入していないと、もし業者さんが家の物を破損してしまったとき、弁償してもらえなくなる危険性もあります。

 

ポイントをまとめてみると、遠慮せずに疑問や不明点はサービスを受ける前に積極的に聞くべきだという事がわかりますね。

その対応の仕方で業者の良し悪しが判断できるものです。
対応が悪い業者さんはやめたほうがいいでしょう。

せっかくお金をかけて大切な財産の家をクリーニングする訳ですから、考えず納得の行くまで調べて依頼をすることが失敗しない業者選びのポイントのようです。

コメント