キッチン収納・整理術 家事時短&使いやすくするにはどうしたらよい?

家事時短できる兼業主婦の城!キッチン収納術

家事時短できる主婦の城!キッチン収納術

毎日使うキッチンは主婦の城。
自分好みの収納で気分を上げてみませんか?

うちの主人は、掃除や洗濯は積極的に、しかも楽しんでやっているようですが、台所にはあまり立とうとはせん。
台所に立つときは自分で食べるカップラーメンのお湯を沸かす時くらいです。
全部私に任せてくれる唯一の場所が、私の場合はキッチンなのです。まさに私だけの城です。

そんなキッチン、せっかくだから私使用にいろいろ使いやすいようにカスタマイズしたいと想い、色々と調べてみました。

 

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

キッチンの収納がうまくいかない原因は?

我が家のキッチンの収納がうまくいかないのには、こんな理由があります。

●アイテム数が多い
●素敵な食器があるとついつい欲しくなる
●1回しか使わなかった調味料の山
●使いかけの食材
●区切りが少ない収納スペース

そんな物がだんだんと溜まっていき飽和状態になる…これが我が家の現状です。

皆さんはいかがですか?

自分が取り入れる収納アイデアはどの問題を解決するのか確認しながら、キッチンの収納を見直していくのが、キッチンスッキリ収納の1番の近道です。

家事を時短できる導線づくり ポイント

何かとごちゃごちゃしがちな我が家のキッチン。
おそらくゴチャゴチャの原因は出しっぱなしの調味料と、ついつい買いだめしてしまうレトルト食品のせいではないかと密かに感じています。

そこで、見た目が美しく、使いやすいキッチンにするにはどうしたらいいか、そのポイントは「導線」にあります。

導線と使用頻度を意識する

「コンロで炒める」「作業台で材料を切る・下味をつける」など、どこで何をするかを意識して収納すると、無駄な動きが省けるようになります。

例えば、「シンクで野菜を洗う」のであれば、使うボウルやザルはシンクの下に、というように、使う場所の近くに道具をしまうと決めていくと、使いやすさがグンとUPします。
できれば、物を歩いて取りにいく、ということなく、その場で取ることができるのが理想です。

狭い店舗ながらも、上手に収納して動き回らずに食品を調理、提供してくれるたこ焼き屋さん、よく見かけますよね。あの方法を家庭でも真似するのです。

使用頻度も高いモノを優先し、良く使うものは手前に置くなど、使いやすい場所に収納していきましょう。

出し入れしやすくゆったり収納

調理中は多くの道具を使いますよね。
ひとつひとつが出し入れしづらいと、ムダに時間がかかり、ついイライラしてしまうこともあります。
とにかく出し入れを簡単にするため、物はギュウギュウにしまわずに少し余裕を持たせて収納するのが良いです。

よく使うモノはグループ収納すると楽

よく使うモノを、使う目的ごとにグループにして収納するとさらに使いやすくなります。

例えば、お弁当用のカップ、ピック、デコ弁グッズなど、お弁当作りに必要なモノをバラバラで収納せずカゴなどでまとめて収納すると、サッと取り出せて、すぐにお弁当作りに取り掛かることができます。
そしてすべて片手で取り出し、収納できる位置に置くとさらに良いでしょう。

キッチン収納グッズを選ぶ3大ポイント

さて、キッチンの収納空間は、入れるモノに合わせてカゴなどで仕切るのがコツです。
収納グッズ選びも大事なポイントです。
これで収納しやすさ、見た目の美しさが大分違ってきます。

「四角い」カタチを選ぶこと

角が丸いモノや、底が狭まっているモノは、ムダな空間が生まれ、収納量も若干少なくなってしまいます。
収納グッズはカッチリ四角いモノを選ぶとピッタリはまって、無駄な空間も生まれず使いやすいですよ。

 色は「明るい色」を選ぶこと

収納するモノはさまざまな色合いなので、カゴだけでも明るい色(無難な色)で統一すると、中身も見やすく、見た目の印象もスッキリします。
無難な「白」や「木の色」なんかどうでしょうか?

 きちんと「測って」選ぶこと

「コレ、入りそう」と思っても、サイズが合わず、せっかくの収納グッズもムダになってしまうことが意外と多くないですか?これが引き出しのサイズを測っていくだけで解決します。面倒でも、収納したいモノ・収納する場所をきちんと測って、メジャー片手にお買い物に出かけることが大切です。

これ、結構使いやすい!吊るす収納術

狭いキッチンでも大丈夫!吊るす収納術は結構使えます!

私の理想のキッチンは作業台がL字で収納もたくさん、カウンターキッチンもついているテレビで紹介されそうな広いキッチンですが、理想と現実は大きく違う我が家のキッチン。
今の現状で使いやすくするしかありません。

そこで拝借した知恵は「吊るす収納」。
これが我が家のような狭めのキッチンにはドンピシャの、素晴らしい収納術だったんです!

お玉やフライ返しを吊るす

お洒落インテリアとしても活用出来るお玉やフライ返し、菜箸などの調理器具を、見せる収納でお洒落に収納しています。
あえてしまわずに吊るす事で、料理をする際、とても使いやすく便利です。
しかも洗った後の乾かしも吊るしておけば早く乾きます。

出したり片づけたりするのも吊るすだけだからとても簡単。しかも片手でできるのが気に入っています。

フライパンの蓋を吊るす

蓋は、フライパン用や、大きい鍋、小さい鍋用など、様々な大きさがあります。
吊るす事で、お料理をしている際、とても便利です。

我が家には似たようなサイズのフライパンや、鍋なら何にでも使える蓋が1つだけあります。
これを吊るしておくと、すごく便利に使えるようになりました。

美しく見えるコツは、色やデザインを統一する

吊るす収納ポイントは、調理器具の色やデザインを統一する事です。 同じ色に統一してもお洒落ですね。我が家はいづれは全部そうしたいですが、新しく調理器具を購入する際はできるだけ木製のもので統一するよう努力しています。

突っ張り棒でデッドスペースを大いに活用!

テレビで〇〇王子の突っ張り棒収納術をやっていたことがあります。

私は突っ張り棒はカーテンを吊るすものだと思っていましたから、あの発想は素晴らしいですね。
突っ張り棒を設置して収納を増やし、しかも取り出しやすくするアイデアは圧巻です。
棚を作ったり、スプレーを掛けたり、隙間を利用するときには突っ張り棒を使うと上手くいきます。

キッチンを美しく保つポイント

台所は細々としたものが沢山あります。そして、家庭の中で期限が多いものがたくさんあるのは台所です。
これらをすべて管理するのは、なかなか大変な作業ですよね。

せっかく収納を工夫しても、物が散らかっていると美しくありません。
それではキッチンを美しく保ついくつかのポイントをご紹介します。

一日1回、台所をリセットして、美しさをキープ

まずは台所用品にはすべて住所を決めます。

物の居場所が決まっていれば、置き場に悩むことなくすぐに収納することができます。

置き場所をすべて決めるということは、そこにスッキリ収まるような台所用品の量にしなければいけません。
これも台所をスッキリさせ、物を増やし過ぎないコツになります。

まず洗い物をし、乾いた食器や鍋をすべて片付け、シンクを拭き、布巾も綺麗に洗って干して物を片付け、まずはキッチンをリセットしましょう。

私は朝にいつもリセットしています。
朝の眠気覚ましにもなりますし、仕事から疲れて帰ってきた後汚いシンクを見るのは気がめいるし、できれば帰宅したら美しいシンクで夕飯を作り始めたいです。
そして朝、冷蔵庫を見回すことによって夕飯の献立を立てやすくなります。

台所もいつまでも美しく保つことにもつながりますし、気持ちもスッキリしますよ。

食器の量を調節

特に増えがちなのは食器です。
置き場所に対して食器が多くなることがないように、食器の量も調整しましょう。

決められた場所に入りきらない食器は、思い切って処分してしまいましょう。

また、新しく食器を購入したら古いものは処分して、量を一定に保つようにします。

物は外に置かないで、全部棚の中にしまう

全体的に、できるだけ物は棚にしまうようにすると台所がスッキリして見えます。
すべてに住所を決めて、その場所に必ず片付けるようにします。

賞味期限のあるものは定期的にチェック

食材対策としては、必ず1回は冷蔵庫の中をチェックするようにします。
冷凍できるものは冷凍したり、賞味期限が近いものは手前に出しておくようにする。

主人の晩酌の為の冷えたビールの本数を確認したり、常備しているチーズや牛乳、麦茶が足りているか、氷はできているか、冷凍ご飯のストックはまだあるかなど、冷蔵庫を素早く見回します。
足りないものは足したり、買い物リストに入れた方がいいものはすぐにメモします。

 

ストックはプラス1で適量を保つ

足りなくても多すぎても困る、食材や日用品のストック。

みなさんはどうしていらっしゃいますか?

ストックがないとその物がなくなった時に困りますし、だからと言ってストックがあればあるほど置き場所に困ります。
一度ストックをしておくことを覚えると、ストックがないことが不安材料になりますので、適量が常に家にストックしてあることが安心感に繋がります。

そこで私がやっているやり方は、今使っている物+1の法則です。

私がストックしているものは調味料、ティッシュやトイレットペーパー、シャンプーやリンス、洗剤です。

それぞれに置き場を作っていますが、そんなに大きく場所をとっているわけではありません。
置き場所は限られていますから買いだめはあまりできませんので、大体今使っているもの+1のスペースを確保しています。

そして、今使っているものがなくなったらストックを出して、買い物リストになくなったものを記入しておいて、次の買い物の際に購入するわけです。

まとめると

①現在使いかけの物の他に未開封のものあ1つある状態にしておく
②使いかけを使い終わったらストックを開封して、それと同時に買い物リストに記入する
③買い物に行ったら、リストに書かれた物をストックとして購入する。

これでまた+1の状態に戻る。

このペースを体に染み込ませると、余計なストックが増えることもありません。

私の場合は食材の宅配を利用していますので、在庫と照らし合わせながらスマホを使ってすぐ注文します。
するとおおよそ1週間後には家に届いています。

物がなくなって「すぐに買いに行かなくてはいけない」という時間制限が自分に課せられることがないのでストレスも溜まらず、ストックの量は決まっているので買いすぎて置き場に困ることもありません。

まとめ

キッチンはこまごまとしたものがたくさんあります。
そして、しっかり管理していないとどんどん増えていくものです。

「自分が管理できるだけの量を持つ」ことを意識しましょう。
そして、不要だと判断したら即処分です。

そうすることで、すっきりしたキッチンにすることができます。

例えば、煮込み料理を作っているとき、電子レンジ待ちのちょっとした隙間時間を使って物をチェック、処分していくと、効率がよいですよ!

コメント