クローゼット・押し入れ整理のポイント 不用品はどんどん処分しまくれ!

開かずの扉になっていませんか?クローゼットの収納術

開かずの扉になっていませんか?クローゼットの収納術

押入れがゴチャゴチャしていると 貯蓄運に悪影響を与えてしまう、という話を聞いたことはありませんか?
世の中の整理整頓術では、物の処分=お金が貯まる なんて言われています。
一見損しそうですけどね。

いろいろな方の話を聞く限り、やはり生活が乱れてお金に関してルーズな人は家も汚い、というのは的を得ているような気がします。
汚い=物が多いということです。
そして、物が多すぎると、自分一人で管理しきれないんですよね。

管理しきれず何があるのかもわからない、あるかもわからないのに新しものを買ってくる、そして似たようなものが家に合ったのに気が付く…この循環です。

 

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

まずはいらないものを捨てよう!

まずはいらないものは捨てて、押入の中は8割程度の荷物にすることを目標にしましょう。

あまりギュウギュウに詰め込んでしまうと、ほしいものが出てきたときに探すのが大変ですし、残り2割りは心の余裕を表します。少し余裕があったほうが何事も安心です。

押入の掃除は大変なので頻繁にはできないですから、衣替えの春と秋の年に2回は、押入れの中を全部出して整理ができるといいですよね。
こまごましたものは時間のある休日に、少しづつやっておくのも心の余裕につながります。

実は押入にはダニやホコリ、カビがうじゃうじゃいるんですよ。しっかりお手入れして物を管理しましょう。

押入れ・クローゼット掃除のポイント

押入れにはカビやダニがたくさん心地よく暮らしていらっしゃいます。
心地よく暮らしていらっしゃるところを申し訳ないですが、人間には害が及ぶことがありますので出て行っていただきましょう。

通気を良くしておく

押し入れやクローゼットを掃除するときは、天気が良く湿気が少ない日に、ふすまを外して中のものを全て取り出して通気を良くしておきます。
そうしないと、溜ったたくさんのカビやダニに掃除している私がやられてしまいます。
戦いを挑んだのに先制攻撃でノックダウンになってしまうこともあるので、避けたいところです。

あまりにも物が多い場合は全部を押入れから出すと収集が付かなくなってしまいます。
まずは上の段からと日をわけてももちろんOKです。むしろそっちのほうが良いかもしれません。

お布団は、掃除が終わったらすぐしまえるように先に干しておくのがいいでしょう。時間短縮ですね。

どうして押し入れは湿気が溜まりやすいのか

押し入れや物置は湿気が溜まりやすいところです。
物がいっぱい入っていることと、扉はいつも閉めっぱなしになっていることが原因なので、日頃から定期的に扉を開けて、空気の入れ替えをするようにするだけでも違いますよ。

不要な物を処分して物を減らし、空気の入れ替えをすることで通気性も良くなります。
部屋の空気を入れ替える時に、押し入れの扉も開けて、空気を循環させるのが効果的です。

また、乾燥剤を入れておくのも手ですね。我が家は目に見えるタイプの箱型乾燥剤を使っています。
水が思いのほか溜まっていますので、押入れは結構湿気があることが目に見えて分かります。これじゃあカビもはえたくなるでしょう。

掃除機をかける

押入れが 空になったら、隅々まで丁寧に掃除機をかけます。
そのあと湿気がこもるといけないので、堅く絞ったぞうきんで床、壁、天井を拭き掃除します。
消毒用のアルコールを全体に軽く吹きかけておくと今後のカビの予防になります。

換気・乾燥

拭き掃除が終わったらすぐにしまわず、2〜3時間は押し入れ内の換気と乾燥をしてください。

その間に洋服の模様替えや不用品の処分をします。

不用品は思い切って処分する

押し入れや物置には、普段使わない物を入れていると思いますが、もう何年も使っていない物があるとすればそれはもう必要のないもの、思い切って処分してしまうのが良いでしょう。

いつか使うだろうと思っていても、使う機会がなかったりすることの方が多いのではないでしょうか。もしそうでしたら、今後も使うことはないですので思い切って処分しましょう。そのほうが気分もスッキリします。

もし必要な時になったら、その時の最新式を購入するか、レンタルするかすれば良いのです。リサイクル品でもかまいません。
特に、かさばるスキー用品やゴルフ用品などスポーツ関係の物で、大きかったり幅を取るもので何年も使用していなければ処分するようにしてください。

段ボールの中身を確認し、いらないものは処分する

他に、押し入れなどに段ボールに入れたもう使わない物、何がはいっているか分からない物があったりする場合、段ボールの中身を確認して、必要ないと判断出来る物は思い切って処分してしまうのが良いでしょう。

捨てるか捨てないか悩む場合、せめて段ボールの中身が何なのかくらいは把握しておくのがよいでしょう。それだけでも物の管理につながります。
急に全部やろうとせずゆっくり時間をかけて、押し入れや物置を整理するようにすると億劫ではなくなりますよ。

リサイクルする手もある

まずは不要なものは捨てるということから始まりますが、ちょっと捨てづらいいただき物もたくさん入っている事でしょう。
例えばお中元やお歳暮でいただいた物などです。
処分するとなると、ちょっともったいない気もするし、良心が痛みますよね…

このような場合は近所のリサイクルショップに出して、今必要としている方々に使っていただくのも手です。

お中元やお歳暮でいただきがちなバスタオルや洗剤などは、リサイクルショップでの需要も多いので高値で引き取ってくれる可能性があります。

また、近所のリサイクルショップでなくとも、ネットで買い取り申し込める会社もあるんですよ!

☟ネットリサイクルショップについてはこちらにまとめました!

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

 

 

フリマを使う

整理整頓のポイントは、何年も使用していない物は処分するということです。
何年も使っていない物は、これからも使う可能性が少ないものです。本気で処分を検討しましょう。

もし「楽しみながら不用品を売りたい!」と考えていらっしゃるのであれば、フリマに挑戦してみてはいかがでしょうか。
意外な物が意外と高値で売れちゃったりもするものです。

今はオークションよりもフリマの方が人気があるようです。

新しいものに入れ替える

頂き物のタオルやシーツ類、知らない間にたくさん溜まっていることもあります。
タオルやシーツって、自分で買うと意外と値段がするんですよね。

そこで、今使っている物を処分し、クローゼットや押し入れに入っていた新しい物に変えてみると良いでしょう。私もやってみましたが結果、押し入れ内や物置内もスッキリしましたし、新しい物を使うということで家族の気分も晴れやかになります。

圧縮袋を使う

押し入れ内の布団なども、使わないものは圧縮袋に入れるなどしてスッキリさせるといいですね。
この圧縮袋、使ってみると結構楽しいです。どんどん小さくなる様が。本当にペタンコになっちゃいます。

特殊な袋に圧縮したい物を入れ、空気を掃除機で吸って圧縮します。

まとめ

押し入れやクローゼット、物置も、整理整頓と掃除は大切です。押し入れは家の中にあるもの、一つの部屋と考えてみてください。押し入れに物を押し込んで、部屋中を綺麗にしてもスッキリ効果は半減してしまいます。

開かずの扉になっているクローゼットや押し入れを整理すると、「こんなものあったんだ~!」「ゴミばっかり!」とビックリすることが多くあります。

これらはすべて、今までの自分の垢だと思ってスッキリさせると、ほんと晴れ晴れしますね。

ストレス溜まっているなと感じた時にやるといいですよ。
私はイライラしている時は押入れの物をひっくり返して掃除してます。
最近頻繁です(笑)

この掃除、かなり時間がかかるので1祖にやらず小分けにしてやっても良いでしょう。
例えば、押入れを4分割して「今日は右上」「来週は左下」など、細かいタスクに分けるのです。

これならまとまった時間がなくても、確実に片づけることができますよ。

コメント