棚整理のポイント 常にきれいな部屋を保つ簡単な方法で家事時短

棚整理のポイント

物を減らしたら「見せる収納」カラボックス活用編

我が家でも愛用しているカラーボックス。安いしシンプルで使いやすいのが購入の決め手です。

もちろん普通に縦に使ったりもしていますが、横に置いて2つ背中同士でくっつけて使っています。
ちょっとおしゃれで大きめのテーブルクロスをかけて、物置兼洋服収納にしたり、テレビラック兼収納にしたり、私の「ない知恵」を絞りだして活用しています。

「物は隠して収納」というイメージがとても強い私。
確かに忙しい兼業主婦は箱や袋を買ってきてそこにバンバン物を入れていった方が楽だし時間も取られませんので、隠す収納のほうが断然おすすめです。

もし時間と心の余裕があるならば…見せる収納というのもちょっとで良いので試してみるのも楽しいかな…と思っています。

ここでは棚にまつわる収納術をいろいろとご紹介します。
すぐ実践できそうなものは、今すぐ試してみましょう。なにか新しい発見があるかもしれませんよ!

子供がいるから…ってあきらめたくない!
そんなワーキングマザーに素敵な家具のご提案です。

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

カラーボックス収納術の前に…持ち物の把握です。

まずは持ち物を把握することから始めてみましょう!
見せる収納も隠す収納も、何を始めるにもまずは物を把握し、減らすことから始めてみましょう。

実は全然使っていないけどそこにある物はありませんか?
あっても忘れていたものを発見した場合、その物は残念ながらいらない物です。
なくても何とかなってきた、という証拠ですもんね。

そして使わない物はどんどん処分してしまいましょう。
捨てるのもありなのですが、人に譲ったりリサイクルに出したりするのも手です。

そして本当に必要なものだけにしておくと、心も部屋もスッキリ!後でやる収納が楽になりますよ!

見せる収納術とは?

見せる収納とはその名の通り、物もインテリアのように見せることです。
収納というと、すぐに思い浮かぶのは隠す方法なのは私だけでしょうか。
しかしその気持ちを逆手に取ったのが「見せる収納」という収納方法です。

見せる収納は隠さずにあえて見せることで、お部屋のインテリアとしての役割も与え、自分好みのおしゃれな空間を作り出し、こだわりの物をあえて見せることで個性がでて、自分好みの空間にすることができます。

見せる収納 メリット・デメリット

「見せる収納」は、雑貨やコレクション好きな方に好まれる収納法です。
こだわりの物は隠さずに目に止まる所に置いておきたいと思いますし、そこに暮らす人の趣味がよくわかり、お洒落な上にモノの出し入れの手間がないのがメリットです。

デメリットとしては、ホコリがたまりやすいので非常にマメな手入れが必要になってくることが挙げられます。
何も置いていない棚を拭くのと、飾ってあるものをよけたりしながら拭くのとでは手間のかかり方は全く違いますし、飾ってあるモノ自体のホコリとりも必要となってきます。
人が来る時に掃除をしておかないと、本来「見せ場」になるはずの部分が逆に「掃除不足」をアピールしてしまうという、悲しい結果となってしまいます。

また、「雑然とした感じ」と「お洒落な感じ」の境目は紙一重なので、かなりセンスが必要な点もデメリットかな、と思います。
センスがある方がやれば「見せる収納」ですが、私のようにセンスがなく、ガサツな人間がやると「見えちゃってる収納」になりかねません。

見せる収納のポイント

ではここで、ずぼらでガサツな私でもできる、「ここは押さえておくとよい見せる収納ポイント」をご紹介します。

「見せる」と「見せない」を半々にする

扉のないカラーボックスは、手間を掛けなくても部屋が片付く、便利でリーズナブルな収納の代表です。
しかし便利だからと無雑作にモノを入れてしまうと、片付けているのにスッキリしないといった結果にななってしまいます。

そこでおすすめしたいのは、見せる部分と見せない部分を組み合わせること。
リビングやダイニングのような場所では、体温計や目薬といった細々したモノもあれば、お皿や書類のように出し入れの多いモノもあります。
見せるモノは本やCDのように、形や大きさが揃っているアイテムに限定すると美しく見えます。

かごやケースを上手に使う

一方、文具や郵便物などゴチャつきやすいモノは、カゴやケースでまとめて見せないようにしたほうがいいでしょう。
かわいい小物入れやお気に入りのBOXを見つけて、素敵に収納しましょう
収納グッズがあると片付けるのが簡単で、お揃いのグッズを並べるだけで見た目がキレイに整います。グッズを選ぶ際には、部屋の内装材に使われている色から1色をピックアップすると統一感が出ます。

かごやケースの素材選びも重要

さらに、素材選びも結構大切です。
天然素材のバスケット、布地のボックス、プラスチックケース、ファイバー製のボックスなど、好みに合ったテイストをチョイスします。
片づけを始める前に、部屋のテーマを決めておくと、最後までブレなくていいでしょうね。

子ども部屋の場合は、赤や青といったビビッドカラーを取り入れると子供らしく、かわいい雰囲気になりますよ。

物の位置を決める

カラーボックスは気付いたときに片付けることができるので部屋をキレイに整えやすくなります。
そんな実用優先の収納として棚を活用するときに、気をつけたいのはモノの定位置を決めることです。
頻繁に使うモノ、子供の使うものは、無理のない姿勢で使える高さにします。
ただし、重たいモノは下段にしまうほうが、棚が安定しますので安全です。

見た目を意識して配置

見た目のことを意識して定位置を決めるようにします。
下段には大きな入れ物を使ってめいっぱい収納してもいいのですが、その代わりに上のほうの段には隙間をつくって入れすぎないことが大切です。

余白も大事

料理の盛り付けでもそうですが、大きなキャンバスには適度な余白が必要です。
目いっぱい入れてしまいたいところですが、ここはグッと我慢。

配色を意識して配置

下段には濃い色のモノ、上段には薄く明るい色のモノを少しだけといった配色にするとセンスがグっとあがります。
色々なアイテムが置いてある棚でも、入れ具合と色でバランスがとれていると印象が変わります。
これで、棚全体の安定感が良くなって、落ち着いた雰囲気が高まります。

見せる収納、いくつかのポイント まとめ

 

・最初は、1色1素材でお揃いの入れ物からスタートしてみる
・不揃いなアイテムが多い場合は、入れ物を使った見せない収納の比率7割(少し多め)からスタートする
・座った時の目線と立った姿勢で、棚の見え方をチェックする
・使いやすい高さに置きたいモノは、白やベーシュといった明るい色の入れ物を使う
・背の高い棚は、目線より上は余白をたくさんとって飾る
・飾りたいモノを上段に集めて並べる
・使いやすい高さの段にモノがたくさんある場合は物の数を減らす

これらのポイントをチェックしながら、見せる収納に挑戦してみてください!きっと上手にできますよ!

隠す収納のメリット

「隠す収納」のメリットは、同じスペースがスッキリと、より広く見える点です。
掃除もしやすく、ホコリも比較的たまりにくいですし、「見せる収納」ほどのセンスも要りません。

しかしデメリットもあり、隠す収納をやりすぎるとそっけなくて冷たい感じに見えてしまいます。(モデルルームのような「生活感のない感じ」を好む方にはうってつけです。)

また、中身が乱雑でも外から見えないのはとてもありがたく便利ですが、見えないからこそきちんと収納しないと、探し物や出し入れの手間はかえって大変になってしまいますので、定期的に物の整理が必要になってきます。

そして、モノが多いお宅で全てを隠そうとすると、家具だらけになって圧迫感が出てしまう危険性もあります。

隠す収納のポイントは4つ

生活感を隠すことをテーマにすると良い

見せる収納で部屋に個性やこだわりを出すのに対し、隠す収納は「個性を隠す」ことを目標にすると迷いません。

まずは小さなモノから収納してみましょう。
携帯用のデジカメなど充電器ともども表に出すと雑多感が出てしまいます。
そんな時は木の箱やバスケットなどに入れ見えなくします。

電気コードは隠す

外に出してあると生活感ありありの電気のコードも、できるだけ隠す工夫をしてみましょう。
電気のコードが外に出ている、出ていないで大分すっきりした印象になりますよ。

我が家は100円ショップに売っている結束バンドを使ってまとめて、できるだけ電化製品の裏にかくしています。
そのうちパソコンも無線にしようと思っています。

物を入れる箱は、私はお買い得な収納ボックスをまとめ買いして、それをカラーボックスに入れています。何せ同じものをまとめ買いしていますので、統一感は抜群です。

 

使ったら元に戻す

これはどの収納術でもいえる基本中の基本ですが、収納場所を決めても使ったら元に戻す習慣を持たないと雑多に感じる部屋になってしまいます。

ただ隠す収納ですと、ボンボン放り込めば良いので片付けが楽ですが、次使う時にどこに片づけたか忘れないように決まった場所に戻しましょう。

どうしても、元に戻すことが面倒だと感じる時は、収納場所や収納する容器を変えてみてください。
容器のある場所、容器の開け閉めが面倒で元に戻すことが出来ない方が多いようです。
つまり「不便」な入れ物を使っていたり「不便」な場所に片づけているんだと思います。

ちなみに私が「失敗したわ!」と思った収納容器は「蓋つき」のもの。
最初はホコリがつかなくていいと思って購入したのですが、だんだん蓋の開け閉めがめんどくさくなってきました。

改めて処分も視野に入れておくこと

使い頻度を考えながら収納をしていくと、使う頻度が少ないのに持っていたり、他で代用できたり借りることができるのに持っていたり…ということに気づきます。

しまい込むと、その場所がムダな収納スペースになってしまいますし、しまっていることも忘れてしまって物が溢れてしまいます。「しまっていることも忘れる」というのが隠す収納の最大のデメリットです。

そのため、必要な時は改めて処分も視野に入れ考えます。
定期的に容器の物を全部出して、処分するものを探すのがいいでしょう。
私はストレスがたまった時によくやっていますよ。物を処分すると気持ちがスッキリしますから。

100円グッズを使ってアイデア収納術

ネットで検索するとたくさん出てくる100円均一ショップを活用した収納術。
目からうろこが落ちるものがたくさんそろっています。

100円均一の物をそのまま使ってはおもしろくないので、1手間2手間加えて自分の家に合ったおしゃれな収納グッズに変身させてしまいましょう。
まるで学生時代の工作をしていた時のように没頭できて楽しいですよ!

学校の時はあらかじめ用意されている材料で作りましたが、一からチョイスできるのが大人ならではの楽しみ。ほとんどが100円均一ショップで揃ってしまいます。

私のおすすめは、カラーボックスにキャスターをつけること。
キャスターは100円均一ショップに売っていますし、なによりキャスターをつけるだけですので手間がいらないのに、なんだか「自分で作った」という達成感が生まれてしまいます。
それにキャスターをつけることで掃除が楽ちん!動かしてフローリングワイパーをかけるだけです。

素敵な収納グッズを利用しよう!

素敵な収納グッズで「カラーボックス」という土台さえあればあとは自由自在!いろいろ自分好みにカスタマイズできます。

中には自分で扉をつけたり、大きい板を付け足して机にしたりという強者も!私も時間ができたら是非挑戦していものばかりです。

なかでもやっぱり「机」や「キッチンカウンター」はちょっと手間がかかりそうだけど是非やってみたいと思っています。

 

まとめ

シンプルなカラーボックスだからこそ、自分の好みにできやすいんですよね。
シンプル イズ ベスト。
まさにこれです。

そしてシンプルだからこそお値段がリーズナブルなんですよね。

あ、私の失敗談を語っておきます。
私ね、カラーボックスって全部が全部、どのメーカーもサイズが同じもんだと思い込んでました。
ちがうんですね~!
1つ1つのボックスの大きさが違ってましたΣ(・□・;)
商品が届いて組み立ててしまってから気が付いたこの真実。

みなさん、きちんとサイズをみて、私の敵を取ってくださいまし…

コメント