整理整頓

 家事時短の基本は整理整頓です

家事時短の基本は整理整頓です

私は昔から物持ちがいいほうで、なかなか捨てられない人でした。

心のどこかで「もったいない」「いつか使うかもしれないから」という気持ちが働くからなんですね。
祖母と一緒に暮らしていたのですが、祖母の口癖は「もったいない」「もったいないお化けが出る」「物が泣いている」の3つでした。
そのことが潜在意識にまで浸透してして、大人になってからもずっとありますし、素晴らしい教えだと思います。

ただ、度がすぎると大変なことになります。

整理整頓時短術 記事一覧

物の多さは時間管理の敵!物の多さがあなたの家事の効率を確実に下げています!

社会問題にまで発展しているのが、いわゆる「ゴミ屋敷」というやつです。
ため込んでため込んで、しかもよそからも拾ってきて…となると、それはもったいない精神ではなくて違う事が原因かもしれません。

物の管理が出来ない人というのは自分の管理、ましてや時間管理なんてできないものなのです。
そんな事を主人が言っていたので、それは本当なのか確かめてみることにしました。

整理整頓は判断力を鍛える

物を整理するという行動というのは、管理せずに放っておけば増え続ける物に対して、常に「これは必要なもの」「これはいらないもの」の判断をすることで全体の物量をコントロールすることです。

散らかった部屋、物であふれている部屋に住んでいる人は、物に対するこの必要か必要でないかの判断を後回しにしているうちに判断力が鈍り、判断そのものができない体質になっていることが多いのです。
なぜならそれはもう物があふれかえっているからです。

この必要か、必要でないかの判断って、使ってないと鈍っていくものなんですよ。

きたない、整理できない状態がそのまま進むと、掃除が億劫になり、探し物をしている時間が増えるなど行動にムダが出て、知らないうちにストレスをため込むことになります。

是非とも片付け上手になって身も心も時間もスッキリしましょう!!

私は昔、整理整頓できなかった!

「ちょいとあんた!自分の部屋くらいきちんと整理整頓しなさい!」
何度母に言われたことか…。

学校にも、校長先生毛筆で直筆の「整理整頓」ポスターが張られていました。
私の周りの大人はみんな口をそろえて整理整頓と言っていた気がします。

小さいころから沢山の大人に整理整頓といわれてきたのに、私は大人になっても全く整理整頓しませんでした。しかし、ある時期を境に変わったのです。

それは、親元を離れて一人暮らしをするようになってからです。
といっても、一人暮らしをし始めた最初の1年はそれはそれはきったない家になってました。
たまに来た両親が「それみたことか」とまた整理整頓整理整頓言います。

ただそれが2年、3年経つにつれて…。
美しくなっていったんですね、これが。

暇さえあれば整理整頓です。
それで今に至ります。

整理整頓とは?

ところで、これだけ連呼している整理整頓ですが、初心に立ち戻ってどのような意味なのかをもう一度確認してみます。

「整理」とは…
乱れた状態にあるものをととのえ、秩序正しくすること。
不必要なものを取り除くこと。

「整頓」とは…
よく整った状態にすることきちんと片付けること。

似たような意味に感じますが、一番の違いは「捨てる」行為が含まれるかどうかですね。
「整理」には捨てることが含まれ、「整頓」には捨てることが含まれていません。

整理整頓と似たような言葉で「断捨離(だんしゃり)」という言葉をきいたことはありませんか?
断捨離と整理整頓の意味、特に違いはないのではないかと思いましたが、実は若干意味合いが違うんですね。

それでは次に断捨離の意味を確認してみましょう。

「断捨離」
不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。
人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術。

「整理・整頓」とは別物で断捨離はそこに「人間の心の問題」もかかわってきます。

このページで研究するのは整理整頓もさることながら「人間の心のなか」も気にかけていきたいと思っています。
冒頭でもお話しした通り、主人が言った「物の管理が出来ない人というのは自分の管理、ましてや時間管理なんてできないもの」この部分の解明に関係してきます。

物を整理整頓することと、心との関係はどのようにかかわっているのでしょうか。

整理整理術 記事一覧

具体的な整理整頓方法をご紹介します。
これを少しづつクリアーしていけば、決してあなたの家が「ゴミ屋敷で周りに迷惑をかける家」としてテレビの取材が来ることはないでしょう。

キッチン収納・整理術

毎日使うキッチン、はっきり言って「私だけの城」といっても過言ではない我が家です。

毎日使うのですから自分が使いやすいようにカスタマイズして、毎日楽しく料理をしたいですよね。

しかもキッチンは家族の健康を管理するところですから、常に清潔な状態に保っておかなくてはいけません。常に清潔な状態に保っておくためには、物の配置を考えて、掃除をしやすい状態に保っておく必要があります。

そこで、物の配置の仕方を研究してみました。毎日美しいキッチンを保つためのポイントとは?

☞キッチン収納・整理術

押し入れやクローゼット 整理整頓のポイント

押し入れやクローゼット、物を詰め込みすぎてしまって開かずの間になってしまってはいませんか?物を詰め込み過ぎると、どこに何があるか分からなくなってしまいますし、もう使わない物にもスペースを割くことになります。

換気状態も悪くなるので、衛生的にも悪くなってしまいます。そこで、天気の良い日に思い切って掃除をしましょう。
ポイントは物を処分してスペースを作ることです。

押し入れの掃除の仕方や、物の処分方法をご紹介しています。

☞押し入れやクローゼット 整理整頓のポイントは?

デスク整理のポイント

会社のデスクの上や、自宅の作業机の上、どのようになっていますか?

仕事を効率よく、しかも無駄な時間を作らないように作業を進めるには、どの場所に物をしまってあるか、どこにほしい資料があるかを把握しておく必要があります。

しかし、物が多すぎたり物の住所が決まっていないと、どこになにがあるのか自分で把握しきれなくなり、探すのに時間がかかってしまって余計な時間を取られてしまいます。

効率よく、スマートに仕事をするためには、自分のデスクはしっかり管理しておくことが大切です。

そうは言っても日々溜まっていく書類や細々とした文房具をどのように整理していったらいいのか…
その方法をご紹介しています。

☞デスク整理のポイントを伝授!

冷蔵庫を整理してみよう

冷蔵庫は容量がそんなに多くないので、まずここから整理してみいぇも良いでしょう。

家族の健康を握っている冷蔵庫の中身、何が入っているか把握していますか?
正直なところ、忙しいとなかなかそこまで把握できません。

この状態をそのまま放置しておくと、いつの間にやら賞味期限が切れていて、手をつけなままゴミ箱へ「さよ~なら~」という悲しいことになってしまいます。
これではお金の無駄遣いですよね。
まずはスペースが限られている冷蔵庫の中を整理してみましょう。

冷蔵庫の収納方法を見直して、買いすぎ、廃棄食品を減らしてお金と時間の節約をします。
整理された庫内は冷やすのに無駄な電力もいらず、掃除も楽で、探す時間が少なくなりますので、時間節約につながります。

☞冷蔵庫整理のポイント

バック整理のポイントは?

私の身近で、毎日大荷物を抱えて出勤している女性がいます。

大きな買い物バック2個分です。
一体何が入っているんだろう…といつも不思議に思いますが、実際その方はこのバック2個分の荷物を毎日使っているんでしょうか…

ビジネスバッグと言えば、PCや書類、その他様々なビジネスツールなどを納める「引き出し」のようなものです。
そのバッグに、日々の業務と日常生活を効率的かつ円滑に行うための頼もしい相棒でいてもらうためには、使い勝手のいいようにバッグの中身をカスタマイズする必要があります。

そんなバッグの整理術をご紹介します。

☞バック整理のポイント

処分の基準を決めて整理整頓!そのポイントは?

まず、どうして物を捨てることが大切なのか、物を捨てることによって私たちにもたらされるメリットを考えてみましょう。

●捨てることでお金が貯まる
●部屋を広く使える
●物を探す時間が減る

「部屋が狭いから整理したい!」とは思っても、どれから処分していくべきか、途方に暮れる人は多いと思います。
特に家族のいる兼業主婦は、自分の物以外にも家族の物の管理までしなくてはなりません。

しかし、家族といえど個々が持っている価値観はそれぞれなので、家族の物を捨てるとなると、躊躇してしまいますよね。
そうやって結局ずっと捨てられない…そんなことはよくある話です。

とりあえず、最初は片付けの基本から学んでみましょう。
それには『何のために捨てるのか』を明確にし、片付けるモチベーションを上げることが大事なのだそうです。
「モノが見つかりやすくなる」「部屋が広くなる」などのメリットを把握すれば、確かにやる気も出るはずです。

そして「どうゆうものは捨てるに値するか」をしっかり決めておくことです。
ここではそのアドバイスをご紹介します。

☞処分処分処分!まずは基準を決めてから。そのポイントを書き出してみた

財布整理のポイント

自分の財布を開いてみてください。お店でもらうレシートがあふれ出てきませんか?

今の財布に入っている所持金、どのくらいか分かりますか?

財布を常に整理整頓しておくことで、どうやらお金が溜まりやすくなるようです。
財布内の金額を知っておくことで、無駄遣いを減らすことができるんですね。

しかも定期的に整理整頓することによって、1円1枚にも愛着がわいてきて「大切に使おう」という気持ちになってくるのです。

お金の無駄遣いを減らすためにも、今すぐに財布の中身を確認してみましょう。

☞財布整理のポイントは?いつでもきれいにしておかないとお金がいつまでたっても貯まらない

棚整理のポイント

今回はお値段が手頃で使い勝手の良いカラーボックスを使った整理整頓術をご紹介します。

カラーボックスの良い点は、値段も手ごろだし、なによりシンプルなので自分好みにカスタマイズできるところがいいのです。

そして管理者のセンスや人柄が良く出るのも棚ですよね。
真っ白なキャンバスに好き勝手に自分で色を塗っていく、そんな感覚に捕らわれます。

☞カラーボックスを使った棚整理のポイント

ハウスクリーニングの選び方

毎月のように外注するのはコストがかかりすぎますので、半年や1年に1回に徹底的に掃除してもらうのはいかがでしょうか?

調べてみると思たよりも金額がかからないですし、たとえばエアコンのクリーニングは自分で安と故障の原因になることが多いようです。
故障させてしまうくらいなら、プロに任せてしまうほうが時間もコストも安く上がります。

気になるのが金額や業者の事です。
そこでここでは金額の相場や、安心できる業者の探し方をご紹介しています。

☞賢いハウスクリーニング業者の選び方

不要な品は徹底的に処分!

いらない、使わないとはわかっていても、「なんだかもったいないな…」と処分に躊躇してしまうことはあります。

「もったいない」と思う精神は日本ならではの、素敵な考え方だと思います。

ただ、物はいつか処分しないと、いつまでたっても家事の時間短縮にはなりません。

だったら「リサイクルする」というのはいかがでしょうか。
リサイクルするということは、他の必要としてくださる方に使っていただけるという事です。
捨ててしまうのはもったいないですが、他の方に使っていただけるとなると気持ちも楽になるものです。

もし業者さんに引き取ってもらえるなら、微々たるものだとは思いますが、ちょっとしたお小遣いになりますよね。

ここでは家に居ながらにして物を売ることができる業者をいくつかご紹介しています。

☞不用品は買取サービスに買い取ってもらってお小遣い稼ぎ!

主婦が捨てたクローゼットの中身ランキングbest3

大きいものはどうしてもクローゼットや押し入れに詰め込みがちですよね。
一度、全部中の物を取り出してみると、買ったはいいものの忘れてしまっているものがゴロゴロ出てくることもあります。

そこで、主婦の皆さんが処分したクローゼットや押し入れの中身をランキングにしてご紹介します。

処分するといっても捨てるわけではなく、お友達に譲ったり寄付したり、リサイクルショップに持ち込んだりすることもできます。

☞主婦の捨てたクローゼットの中身ランキングbest3

兼業主婦の1日タイムスケジュール

物を減らすことが時間管理術になるの?

私は昔から物持ちがいいほうでなかなか捨てられない人でした。
人に見られないものは特にそうです。

中でも印象深いのは包丁やおたま、フライ返しなどのキッチングッズです。
私はもうかれこれ〇十年前に親元を離れ一人暮らしを始めたのですが、その時に実家に合ったキッチングッズを持ってきたんですよね。

それ、いまだに使ってます。

先日うちに来た私の母が「あんた、まだこれ使ってんの?いいかげん買い替えなさいよ!」ってちょっと強めに言っていました。
ただ、ちょっぴり懐かしそうでした。

他には鞄の中身や財布の中身は「いつも身軽に」をモットーに整理整頓を心掛けていたのですが、その分家にあるものは「いつか使うかもしれないから」「まだ使えるから」といつまでも取っておいていました。

物の管理ができない人は、自分の管理もできない

物の管理が出来ない人は自分の管理、ましてや時間管理なんてできません。
時間管理して自分時間を作り出す事がこのサイトのテーマなので、このままではいけません。
物の整理の仕方や整理術を研究する決意を固めました。

物を整理するという行為は、放っておけば増え続ける物に対して、絶えず要不要の判断を下して全体量をコントロールすることです。
反対に、散らかった部屋、物であふれている部屋に住んでいる人は、物に対する要不要の判断を放棄しているうちに判断力が鈍り、判断そのものができない体質になっています。

この状態がそのまま進むと、掃除がおっくうになり、探し物をしている時間が増えるなど行動にムダが出て、知らずしらずのうちにストレスをため込むことになります。

物を持つということは、その者の管理にも時間がかかるということなのです。

ぜひあなたも片付け上手になって身も心も時間もスッキリしましょう!!

いらないものをどんどん捨てていくメリットとは?

まず、どうして物を捨てることが大切なのか、物を捨てることによって私たちにもたらされるメリットを考えてみましょう。

捨てることでお金が貯まる

捨てることは勿体無いことをしているのであって、お金を粗末にしているのではないか、と思ってしまいますよね。
物=お金ということは、私たちが小さいときから親から教え込まれたことでもあります。

物を捨てることが勿体無いと思うのでしたら、買うときにしっかり吟味し、本当に使うか使わないかの吟味をしっかりするようになります。

100円ショップは安いけど要注意

これは安さと品質で有名な100円均一ショップでも同じです。
安いからといって買い込むのはそろそろ辞めにしましょう。
「勿体ない」と思うことはとても良いことなのですから、だったら本当に必要なものなのかを吟味するべきです。

こういう考え方に変わることができたら、余計なものを買わずにすむため、今まで無駄に使ってきたお金を減らすことができます。

部屋を広く使える

無駄な物のために家賃を払うな、とテレビで耳にしたことがあります。
私はそれを心に留めてなるだけ物を増やさないようにしてきました。

それに物がないとスペースが生まれ、部屋を広く使えますよね。
少しでも部屋を広くみせ、日ごろの疲れを癒す場にしたいですよね。

物を探す時間が減る

主婦の思う最大のメリットはこれじゃないでしょうか。特に時間管理をしたいと思っている兼業主婦はそうだと思います。

捨てることにより物の数が減るということは、本来ならいらないものの中に埋もれていた必要なものを見つけやすくなります。
何かを探していて、途中で若かったあの頃の写真を見つけてそれを見入ってしまい、時間が経過するなどよくあることです。そうした時間の無駄も省けます。

ではどのようにして物を捨てていけばいいのか、研究してみましょう。

まずは捨てること!

まずはとにかく「捨てること」です。思い立ったら即行動を開始しましょう。
整理整頓も断捨離も、一言で言てしまえば「捨てる」ということです。
「ごみ」と判断できるものはどんどんゴミ箱へポイします。

そうしていくうちに迷いが出てきます。
「これ、捨てていいのかな…?」
「まだ使えるけど…どうしよう…」

そんな迷いがよぎったらこんなことに気をつけてみてください。

この1年間使わなかったものはこれからも使うことはない

今の自分に必要なものかどうかを判断するとき「この1年間に一度でも使ったか」ということを頭におきながら判断をしてみるといいでしょう。

特に、洋服でここ最近来ていないものは、「この洋服は着たくない」と無意識に避けていた傾向が強い、だから着る事がなかったんです。

1年以上前に使ったっきり・・・というものは思い切って捨てましょう。

洋服の処分方法

私はたまに気が向いたとき裁縫をしますので、その時用にボタンやレースは外して、残りは雑巾として床の汚れを取って捨てています。

お金になるリサイクルショップに売る、という手もありますよ。

また、私の地区では、市が中古の洋服を無償で引き取ってくれます。
震災で被害に遭われた方や海外に使ってもたうんだそうです。
私自身のお金にはなりませんが、全部引き取ってくれますので突き返されることはありません。
困っている方に使っていただけるなら手放し甲斐もあるもんです。

物を「使えるか、使えないか」で判断するのではなく、「使うか、使わないか」で判断するようにしましょう。

物を買わない

物を大切にするために最も重要なのは、実は簡単なことで、物を買わないことです。

無駄なものを買って使わずに保管しているのは、物を粗末にしていることと同じですし無駄金使いです。
使われず、捨てられずにいるほど、もったいないことはありません。
物を購入する際に是非一度考えたいことは「今家にあるもので何とかならないか」と考える気持ちがとても大切です。

100円ショップの物を、本来の用途としてではなくアイデア加えて使用する「リメイク」が流行していますが、考え方はそれと同じです。
極力、家にあるもので何とか代用出来ないか、もう一度考えてみましょう。

もうこれ以上物を増やさないことですね。

決めた場所からあふれたら捨てる

私はこの「決めた場所からあふれたら捨てる」を実行しています。

我が家では必ず物には居場所があります。
下着なら下着の家、おもちゃならおもちゃの家があり、そこが溢れるようだったらその時が捨て時です。
古くなったもの、使わなくなったものを捨てて、各お家をすっきりさせます。
決してお家を増やすようなことはしません。

物を買い足した場合、その都度整理整頓しますので、美しさも保てています。

まとめ

家事の時間短縮をするためには、まずは管理しなければならないものを処分していきましょう。
必要最低限のものだけで暮らしていく方が、掃除も楽だし心もスッキリするのは間違いありません。

処分の方法はただ単に捨てるだけではなく、リサイクルショップに出したり友人に譲ったり、寄付をしたりすることで、本当に必要としている人に使っていただけますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る