主婦が捨てたクローゼットの中身ランキングbest3 心もスッキリ!

兼業主婦が処分した押入れの中身

兼業主婦が処分した押入れの中身は何?ランキングにしてみました!

押入れがゴチャゴチャしていると 貯蓄運に悪影響を与えてしまう、という話があります。巷の整理整頓術では、物の処分=お金が貯まる なんて言われていますが果たしてそうなんでしょうか。

本や洋服が乱雑になっていると、お金使い方がルーズな人が多い…生活費を足りないと言っても遊ぶお金に使ってしまう、なんてこともあるようで…

身近に「生活費は少なくとも、そのお残ったお金で遊びに行く」なんて言っていた人もいましたが、それってどうなんでしょうね…。

考え方は人それぞれなので私は黙っていましたが…
そういえばその方のクローゼットは分かりませんが、身なりは美しいとは言えませんでした。財布の中身なんて特に…

いろいろな方の話を聞く限り、やはり生活が乱れてお金に関してルーズな人は家も汚い、というのは本当のことだと思います。汚い=物が多いということです。そして管理できていないんです。

 

☟家にいながら不用品処分をする方法は?

家にいながら不用品を高価宅配買取してもらう!家事時短術
不用品は家にいるまま処分!お金に変えてしまいましょう! 今までご紹介してきた数々の物の整理術。 それぞれに共通して言えることは「物を減らすことが最大の時間節約術だ」ということです。 物をたくさん持っているということはその分管理...

物を管理できるだけの量にする

物をしっかり管理するためには、まずはいらないものは捨てて、押入の中は8割程度の荷物にしておくのが良いとですよ。
あまりギュウギュウに押し入れ・クローゼット詰め込んでしまうと、ほしいものが出てきたときに探すのが大変ですし、のこり2割りは心の余裕を表します。少し余裕があったほうが何事も安心です。

押入の掃除は大変なので頻繁にはできないですから、衣替えの春と秋の年に2回は、押入れの中を全部出して整理をするようにするといいですね。一気にやるのではなく4等分にわけて、今日は右上、来週は右下…など、少しづつ整理整頓していくのも良いでしょう。

こまごましたものは時間のある休日に、少しづつやっておくのも心の余裕につながります。

実は押入れ・クローゼットにはダニやホコリ、カビがうじゃうじゃいるんですよ。しっかりお手入れして物を管理しましょう。

 

不用品処分の基本

処分の基本は「ここ何年か使わなかったもの」「あることを忘れてしまっていた物」「カビ・虫食いがおきているもの」です。

是非自分なりに基準を設けて、処分をしていきましょう。

また、処分する際は捨てるのも良いですが、宅配買取のお店に売るのも良いですよ!
WEBで申し込めば梱包材が自宅に届くので、私たちはそれに不用品を詰めて宅配便で送るだけです。

 

宅配買取のお店はこちらで紹介しています。

 

主婦が処分した、押入れ・クローゼットの物ランキング

では早速、主婦が押入れ・クローゼットのの処分したものを順に見ていきましょう。
あなたの押入れ・クローゼットの中にも、こんなものは眠っていませんか?

第1位 洋服

兼業主婦が処分した押入れの中身

ついつい溜りがちなもの、洋服。
クローゼットに入っているものナンバー1です。必ずと言っていいほどあるものですね。

全部ハンガーラックにかけて、かからないものは処分

究極の整理術は、全部ハンガーラックにかけること。夏物も冬物もです。
ハンガーラックにかかりきらない物は処分してしまうのがいいのですが、女子的にそれはちょっと…ということもありますよね。

私みたいに、着ている洋服でその日の気分が変わる人なんかは特に。こればっかりはしょうがありません。

 

基準を決めて処分

「洋服で気分の変わる人」は、押し入れやクローゼットししまってある洋服を見直して「気分が上がる」「気分が上がらない」で素早く不要・必要を区別することができます。

処分の基準は「流行が去ったもの」「虫食いや汚れが目立つもの」「気分が上がらない物」「歳相応の物」です。

主人の洋服も、あまり服に関心のない旦那の場合は私が処分しようが問題ありません。
クローゼットの中の洋服であれば処分したことすら気づかれません。
私が旦那に着てほしい洋服だけ取っておけばいいのです。

 

子供服は、取っておく量を決める

問題は子供服。
次にいつ授かるか分かりません。
サイズアウトした子供の服は、もしかしたら何年後かにまた使う可能性があります。
ただいつになるか…こればっかりは神のみぞ知る…です。

こういう時は、1つ大き目の箱を用意して「この箱の中に入るものだけ取っておく」という風に決めます。そうすると厳選して選ぶようになりますし、何でもかんでもとっておいてかさばりまくることはありません。

実際、私は今2人目を授かり「子供服を取っておいて良かった」のですが、今のところ性別がまだ分かっていませんので使えるかどうかわかりませんし、もう5年前のですのでちょっと流行遅れになっている物もあります。

 

第2位 本

主婦が捨てたクローゼットの中身ランキングbest3

我が家には、私が学生の時から集めていた漫画本が結構あります。
全巻コンプリートをするのが好きな私は、しっかり1巻~〇巻まできっちり並べた本を、乾燥材を入れた段ボールで保管してます。

でも社会人になってから1度も読み返していないという、なんとも宝の持ち腐れなことをしています。
これは立派な処分対象ですね。

もしまた読みたくなったとしても今の時代「漫画喫茶」なる物があります。
飲み物付きで時間で料金を支払い、漫画本読み放題というあれです。
ほかにもネットで電子書籍を購入する方法だってあります。

このことは漫画本に限りません。
大切にしている自己啓発の本だって電子書籍で読むという手もありますし、お金をかけたくないなら図書館で借りるという手もあります。
今の図書館は便利になって、自分の好きな本をネットで予約できて、しかも最寄りの図書館で受け取ることができるんですよ。

 

第3位 電化製品

主婦が捨てたクローゼットの中身ランキングbest3

冬場には扇風機、夏場には暖房器具が我が家の押入れに入っていますが、この2つは毎年使うものですので処分するわけにはいきません。

他に「昔使っていたパソコン」「謎の電気コード」「ズボンドレッサー」「古くて大きい加湿器」が出てきました。絶対もう使わない…

こういうものはサッサと処分してしまうに限ります。
パソコンは専門業者に、他の物は町の有料ゴミの出し方に従って処分します。

おかげで押入れの中が大分スッキリ!すごくかさばっていたんですね…
持っていることを忘れていたものもありました。1度押入れの中身を出してみないと分からないものです。

 

次点 布団

主婦が捨てたクローゼットの中身ランキングbest3
圧縮はしているとはいえ…こちらも一度全部出してみないと分かりません。
(布団圧縮は便利です。)

特に頂き物の毛布や布団カバー。あまり頂いた記憶がなかったんですが結構我が家にもありました。

特に家に誰かを泊めるつもりもないので思い切って今使っているものを処分して、押入れに眠っていたものを使うことにしました。
押入れもスッキリですし、家族も新しい毛布や布団カバーでスッキリ、一石二鳥です。

 

まとめ

これ以外にも色々とありそうですが、まずは小さな物、本や洋服を処分していくといいですよ。

少しづつ処分していくと、そのうち調子が出てきてペースが上がっていくことがあります。
その時がチャンス!
ここぞとばかりに処分しちゃいましょう!押し入れ・クローゼットもスッキリですが、私の心もスッキリです。

 

コメント