【ベルタマザークリーム】肌荒れをなくしたい!妊娠中の美容術

妊娠中の肌のお手入れにはベルタマザークリーム

妊娠中の肌のお手入れはいつもと違う?

皆さんは妊娠中のお肌のお手入れ、どのようになさっていますか?

妊娠中はホルモンバランスの変化の影響から、私は肌荒れを強く感じるようになりました。
私以外でも、お肌のトラブルを感じる妊婦さんも多いですよね。

肉体的にも精神的にもデリケートになっている妊娠期間中は、できれば肌トラブルを抑えて、しかも綺麗でいたいという女心もあります。

しかし「ホルモンのせい」で肌荒れが起こるのであれば、私は手出しできません。

特に変化を感じるのは妊娠初期の方が多いようです。

この時期の女性の身体は、子どもを産むための様々な変化が現れていきます。

つわりもその変化の一つですが、そのほかに私が顕著に感じたのは顔の肌荒れです。

今まで通り自分に合っている基礎化粧品を使っているのに、急に肌がカサカサ、ボツボツができてきて、さらにマタニティーブルーも重なり、自分の顔を鏡で見るのが嫌になってきます。

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠中は肌がきれいになる!?という噂が

実はこんな話を耳にしました。

「実は妊娠中は肌が綺麗になる」

妊娠中は新陳代謝が上がるから、という理由らしいです。
これは聞き捨てなりませんよね。

もしかして肌荒れしていたのは、女性ホルモンのせいではなく、私がスキンケアを怠っていたからなのでしょうか。

働く女性が増えている現代です。ワーキングマザーは職場への出勤や外出の機会も多いですから、化粧のノリが悪いとなんだか心もドンよりしてしまいます。

妊娠中だったらなおさらです。

調べてみた結果、残念ながら全ての人が美肌を体験するわけではありません。

現に私は、まったく美肌効果を感じることはありませんでした。むしろ妊娠前よりも肌質はかなり悪くなったと思っています。

妊娠すると分泌される女性ホルモンの量は普段の100倍にもなると言われています。

女性ホルモンが増えれば、肌は綺麗になるんじゃないか!?と思いますが、実はこの女性ホルモンにも2種類存在し、それぞれ肌に良い効果と悪い効果を表すのです。

悪い女性ホルモンが優位なら、妊娠したことで肌が荒れると感じますし、良い女性ホルモンが優位なら、お肌の調子がいいなと感じるという事なんです。

妊娠中の肌荒れは何故おこる?

妊娠中の肌荒れはなぜ起こるのか?妊娠をするとホルモンバランスが崩れるとよく言われますが、これは妊娠状態を維持するための「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンが多く分泌されることで起こります。

このプロゲステロンの影響で、肌が乾燥しやすくなったり、皮脂が多く分泌されたり、シミができやすくなったりするのです。

また、内蔵への負担や新陳代謝が活発になるため、急激に肌の質が変化します。
そのため、肌の乾燥、シミ、ニキビ、かぶれ、湿疹、あせもなどができやすくなり、いままで使用していたものが合わなくなってしまった!ということが多いのです。

私がまさしくこの症状でした。

ただ、これらの変化は「赤ちゃんを産むためのカラダ」になるために必要なことなので、無理に「何とかしよう」と思ってもなんともならない場合があります。

出産を終えればだんだん元の肌質に戻っていくものですが、それでも妊娠中の10か月間、何もしないわけにはいきません。

できれは仕事が産休に入って時間があるとき、リラックスついでに時間をかけてケアしたいですよね。

妊娠中の肌ケア方法

妊娠中の肌のケア方法 出産すれば肌質はもとに戻る…
それを鵜呑みにして何もしなかったはじめての出産後、私に何が起こったか。

一気に老けました…。

それは、自分のための時間確保が難しくなり、肌ケアどころではなくなったからです。

そう、妊娠中の方がまだ自分ケアに費やす時間はたっぷりありました。

しかし、赤ちゃんが生まれてみるとあら大変。
化粧水を塗る心の余裕すらありません。

やはり、まだ時間のある妊娠中からケアをして肌に潤いの貯金をしておいた方がよかった、と後悔することになりました。

私のようにならないために、妊娠中の肌ケアはしっかり行っておいた方が良いですよ!

まずは保湿!保湿!保湿!

ホルモンバランスの影響で一気に乾燥肌になってしまうこともあるため、十分な保湿ケアをしましょう。

私はホウレイ線だけが異様に乾燥して赤くなり、そこばかりが目立ってお婆さんのようになっていた時期があります。

これは完全に水分不足です。

いつも以上に保湿に力を入れておくと、肌トラブルは少なくなります。

まずはたっぷりの水を飲むこと。
そして、肌ケアを入念に行う事です。

無添加の化粧水をコットンにたっぷりふりかけ、それを乾燥する場所に張り付けておくだけでも潤いがよみがえります。

お風呂上りに化粧水をたっぶりつけてなじませ乳液をつけるのも、いつもより少しだけ時間をかける(2・3分でも長く)だけでも違います。

特にこの妊婦時期におすすめなのが、お肌にやさしく、かつ妊娠線対策にもなる妊婦さん用のケアクリームやローション。

全身に使えるものが多いのでとても使い勝手がよく便利です。

妊娠線予防クリームを使いながらソフトマッサージをして、血行を良くするのも良いですよね。日頃の緊張感もほぐしてくれます。

基本の肌ケアをしっかりと!

妊娠中に効果的な特別なケアの方法を知りたい!と思って書き始めたこのページですが、実は特別なケアは必要ないということが判明しました…。

妊娠中はお肌がいつもよりも敏感になっているため、特別なケアを!と普段以上に意気込む必要はなかったのです。

ただし、基本3つの事はしっかり行う必要があります。

●クレンジング・洗顔
●保湿
●紫外線対策

妊娠前と同様に、いつもどおりのこの基本3つのケアを念入りにすることが大切です。

妊娠中は確かにホルモンの影響で肌荒れが起こりやすくもなりますが、実はつわりの影響で身体がだるく、いつもの基礎ケアを怠っていました。

それが肌荒れを悪化させた原因かもしれませんが、仕方のないことです。

問題はつわりが落ち着いた頃です。

食生活も変化をみせ、食べるものや量が変わっていませんか?

そこから肌荒れをしているのかもしれません。

食べるものが変わってくると、今までのスキンケア用品が合わなくなるのも当然です。

それプラス、ホルモンの影響ですから、何か対策を立てないと肌は荒れに荒れる一方ですよね。

デリケートな妊娠期間中は、ナチュラル成分のものやオーガニック用品などの肌にやさしい低刺激性のものを選ぶようにすると、肌荒れが改善する方もいるようですよ。

紫外線対策はしっかりと!

紫外線は妊娠中だけでなく女性全員の敵!日光浴をするとビタミンDが形成されるため、一昔前までは赤ちゃんや妊婦の健康のためにも必要だといわれていた日光浴。

実はこの日光浴をすすめる内容が母子手帳に掲載されていましたが、1998年頃に削除されていたのをご存知でしょうか。

年々広がるオゾン層の破壊や環境の変化などの影響を受け、紫外線による悪影響のほうが心配だという理由から削除されたのです。

妊娠中でもそうでなくても、やはり紫外線はお肌の敵。

シミやくすみの原因となりますし、肌は白いほうが清潔感があって私は好きです。

ですが、この白さを保つためには並々ならぬ努力が必要ですよね。

とはいえ、バリア効果(SPFとPAの防御指数)が高いものを使えば良いというわけではありません。

実は防御指数が高ければ高いほど、お肌への刺激や負担も強くなるからです。

ただでさえお肌が敏感な妊娠時期に強い刺激は好ましくありませんので、少し弱めの低刺激性のものをこまめにつけることが大切です。

また、日よけの帽子や長袖の着用、日傘を使用するなどして物理的に紫外線を遮断する方法も有効です。

レックウォーマーやサングラスに帽子など、真夏でも完全防備で着込んでいる主婦の方を多く見かけますが、本当はあのくらいやるべきなんでしょうね。

ベルタマザークリーム 妊娠中の肌ケアに!

妊娠時の肌トラブルは、気が付いたときからすぐにケアした方が良いです。
もし放っておくと、出産後はもっとひどくなる可能性もあります。

それに、子育ては本当に忙しい!自分のケアができる時間は、妊娠中の今が一番あります。このうちにきちんとケアをした方が良いでしょう。

でも、赤ちゃんには負担がかからないものが良いですよね。
そこでおすすめなのは、妊娠中のママの事を考えて作られた「ベルタマザークリーム」です。

ベルタマザークリーム

妊娠線クリームとしては毎年高い人気で、育児雑誌「たまごクラブ」でも毎週のように広告が掲載されているほどです。

最近リニューアルされ、シラノール誘導体やプラセンタなど従来の成分はそのままに、新しく引き締め効果のある葉酸やコエンザイムQ10、ヘスペリジン、オーガニック原料5種類※がプラスされました。

※オーガニック原料5種類とは?
ニナバラ果実エキス・セイヨウサンザシ果実エキス・セイヨウノコギリソウエキス・タチジャコウソウ花/葉エキス・ローズマリー葉エキス

無添加・オーガニックで、石油系界面活性剤など、肌に刺激を与えるものは一切添加されていません。

注目すべきは「シラノール誘導体」が配合されていること。
これは他の妊娠線ケア用品ではあまり見かけない成分です。

ベルタマザークリームの成分は?

ベルタマザークリームは、実にたくさんの成分を配合しています。
どれもこれもお肌には良い成分ですので、余すことなく、でも簡単にご紹介していきます。

シラノール誘導体…コラーゲンや繊維芽細胞を切れにくくする作用や、切れた場合にも素早く修復をサポートしてくれます。海外では妊娠線ケア用品には当たり前のように入っている、実績のある成分です。

※シラノール誘導体が配合された妊娠線予防化粧品を使用した人の80%の方が妊娠線を発症しなかったというデータがあります。この成分は今のところ、ベルタマザークリームにしか配合されていません。

コエンザイムQ10…基礎化粧品にもよく入っていて、エイジングケアとして使用されています。お肌の張りをよみがえらせでくれる可能性のある成分です。

ヘスペリジン…肌のコンディションを整え、肌のトラブルをケアサポートしてくれます。

オーガニック原料5種

ニナバラ果実エキス…ローズヒップの果実から抽出されたエキスで、天然ビタミンを豊富に含んでいます。

セイヨウサンザシ果実エキス…バラ科の植物から抽出されたエキスで、日々過ごす環境から受ける様々なダメージから肌を守ってくれます。

セイヨウノコギリソウエキス…キク科のセイヨウノコギリソウから抽出されたエキスで、肌を外環境から守ったり、引き締めをサポートしてくれます。

タチジャコウソウ花/葉エキス…シソ科の植物であるタチジャコウソウの花と葉っぱ~抽出したエキスで、保湿効果やキメを整えてくれる効果が期待できます。

ローズマリー葉エキス…その名の通りローズマリー葉エキスから抽出したエキスで、外的ダメージから肌を守り、透明感のある肌をサポートしてくれます。

肌を整える効果

葉酸…葉酸は妊娠中に積極的に摂取したい栄養素の一つですが、肌に塗るとハリを蘇られてくれる効果が期待できます。飲んでも良し、塗っても良しの妊婦には嬉しい成分です。

アミノ酸3種…アスパラギン酸、アルギニン、グリシンが配合されています。潤いと保湿、浸透率を高めてくれる可能性を秘めている成分です。

ビタミン2種…アスコルビルグルコシド、トコフェロールが配合されており、肌を明るく見せてくれる効果が期待できます。

美容成分3種

スーパーヒアルロン酸…ただのヒアルロン酸ではありません。通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力を持っています。

プラセンタ…必須アミノ酸(コラーゲンの元になり、肌の保湿のためには欠かせない成分)を6種類も含んでいる馬プラセンタを使用しています。

コラーゲン…魚由来のマリンコラーゲンを配合。アレルギー発症率が低く、匂いもないので妊婦さんでも安心して使えます。

ベルタマザークリーム 使い方

お腹と胸に妊娠腺ができやすいので、予防のためには少しの量を何回かに分けてなじませるようにします。
しかし、具体的にどのくらい塗るかという決まりはありません。

マッサージすることで皮膚への浸透率がよくなります。

私の場合はそれ以外にも、脇腹や背中、太ももにも妊娠腺ができてしまいました。
なぜか二の腕にまで…。
妊娠線はお腹だけとは限らないので、とにかく全身に塗った方が良いでしょう。

肌が柔らかくなって浸透率が上がるお風呂上りに塗るのがおすすめです。

ベルタマザークリーム 価格

ベルタマザークリームは上質な原料だけを使っているので、単品通常価格6,980円と、ちょっとお高いと感じます。

通信販売のamazonや楽天でも販売されていますが、どちらも6,000円前後。
多少は安くなっているとはいうものの、やっぱり高いです。(店舗販売はありません)

しかし、公式ホームページでしか購入できない定期便なら初回92%引きの500円

その後は定期便特別価格の4,980円(2,000円引き)で届けてくれます。

かなりの値引きですが、その代わり6回の継続が条件、しかもベルタマザークリームを初めて購入する方だけの特典になります。

送料やクレジット手数料は無料ですが、代引きの場合は手数料が432円かかります。
※お支払い方法はクレジットカードか代金引換のみ。ヤマト便での発送。

肌の引き締め効果もあるので産後も使てもらいたい、そういう想いからの購入条件です。

定期便の場合、配達サイクルの変更はもちろん、最大2か月間のお休み、お届け日の変更が可能です。

ベルタマザークリーム 口コミ

ベルタマザークリーム 口コミ🌸20代前半「伸びがいい」
保湿性の高いクリームという事だったので多少のベタツキは覚悟していましたが、伸びが良くてすぐに肌になじんでくれました。べたつかないので、すぐ服を着ても不快な思いをしませんでした。

ベルタマザークリーム 口コミ🌸30代前半「1年でだんだん薄くなってきた」
妊娠線ができてしまい「これはやばい!」と思って使い始めたのはベルタマザークリームです。なかなかそう簡単には消えませんでしたので、「本当に効果はあるのか?」と半信半疑絵使っていました。しかし、妊娠線を消す事よりも、全身の保湿剤という感覚で1年くらい使っていると、私には合っていると感じるようになりました。ただ、妊娠初期にベルタマザークリームの存在を知っておけば、こんなに苦労しなかったかもしれないと思います。

ベルタマザークリーム 口コミ

🌸30代後半「念入りに塗っている」
「かゆい!」と思った部分にはすぐにつけるようにしています。お腹だけではなく、太ももや二の腕、おしりなど、お肉が付きやすい所には必ず塗るようにしています。特に、ふろ上がりには入念に塗るようにしています。

ベルタマザークリーム 口コミ🌸30代前半「これ1本で美容はOK」
いつまでもキレイな女性でいたい…。妊娠前はそう思っていましたが、つわりや体調の悪さでそんな気持ちもどこへやら。出産後も思った以上に育児が大変で、自分の事はあとまわしになっていました。久々にじっくり鏡を見たら、そこには知らない人が…ではなく、変わりはてた私の姿がありました。すぐに2人目を妊娠し、子育てと体調不良に参っていましたが、ベルタだけは続けようと思い、購入しました。全身にくまなく塗ることだけは徹底し、他の美容法は一切しませんでしたが、肌に潤いとハリが戻ってきた気がします。とにかくこれ1本だけ塗れば良いので、何とか続いています。

ベルタマザークリーム 口コミ🌸30代後半「シラノールが入っているのに安い」
他のシラノール誘導体が配合されたクリームは、目が飛び出るほど高い印象です。しかしベルタは、単品は高いけれども定期購入にすれば続けられる値段なので助かります。

ベルタマザークリーム 口コミ🌸20代後半「つわりでも匂いが気にならない」
ニオイがないので、香りが良いものを使いたいという方には不向きです。例えば、化粧品独特のバラの香りとか、石けんの香りなども楽しみたい私には物足りないですが、ニオイに敏感なつわりの時はうれしかったです。

ベルタマザークリーム Q&A

ベルタマザークリームの事をもっと知りたい!
そんな方の為に、私が疑問に思う事を調べてご紹介します。

ベルタマザークリーム 香りは?

ほのかに柑橘系(グレープフルーツ)の香りがしますが、ほぼ無臭と言っても良いでしょう。
私はつわりがある時期にも使う事ができました。

ベルタマザークリームは、つわり中の方に配慮して作られています。

ただ、柑橘系の香りでも気持ち悪いという方には、つわり中の使用はやめておいた方が良いかもしれません。

ベルタマザークリーム 顔には使える?

ベルタの公式サイトでは、顔に塗ること特に推奨しているわけではありませんが、安心・安全成分なので使用している、という口コミが多数あります。

チャレンジしてみるのは自己責任ですが、お肌の引き締め効果が期待できるので、毛穴が目立たなくなってきたと言う声も多く聞かれます。

ベルタマザークリーム 赤ちゃんにも使える?

美容成分が配合されているので「赤ちゃんに使って大丈夫なのか?」と不安に思う方もいらっしゃるはず。

結論から言うと、赤ちゃんにも安心して使う事ができます。

無添加、オーガニックならではのことです。
それだけ低刺激であるということなんですね。

心配であれば、まずは少量を手に取って、赤ちゃんの腕やおしりなど、目立たないところで試してみるのが良いでしょう。

赤ちゃんに使えるほど低刺激なのですが、授乳中のママの乳首に塗るのは控えた方が良いと、公式ホームページに書いてありました。

ベルタマザークリーム 妊娠線どのくらい予防できる?

一度できてしまった妊娠線は、根気強く長く使用しないとなかなか消えないようです。

できれば妊娠が分かった時から始めるのがベストの様ですが、口コミの中には「産後1年くらい継続したら、だんだん消えてきた」という声も聞かれます。

ベルタマザークリーム 本当に無添加なの?

香料・着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・パラペン・シリコン・エタノール・紫外線吸収剤

肌に刺激のあるとされているものはすべて無添加です。

特に香料が入っていないというのはポイントで、匂いに敏感な妊婦さんでも長く使える(かもしれない)安心さがあります。

【ベルタマザークリーム 原材料】

水、ミリスチルアルコール、BG、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキス、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、セラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、ユビキノン、葉酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、グリセリン、コメヌカ油、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る