未就学児の習い事、みんなは何を習わせてるの?私のまわりはこれ!BEST3

未就学児のママに人気の習い事はこれだ!

未就学児(のママ)に人気の習い事って何?

習い事をしたい、と思っている子供(のお母さん)は、実はひそかに多いんです。
本人が「やってみたい」と思っているのでしたら、習い事をさせるのは悪いことではありません。

何かを習うことで「段取り力」も身につきますし、「努力」によって物事が出来るようになったことで達成感も得られます。

保育園、学校や遊び仲間とは違う世界もできて、子供の世界も広がり居場所も広がります。

小学校入学の集団生活のための準備にもなります。

小学校入学前の子供で習い事をしているのは、全体の約30%。
未就学児1か月にかかる習い事費用は男の子で5,000円、女の子で10,000円という結果が出ています。

私の長女は今年小学生に上がりました。
これまでの保育園仲間で習い事をしているのは多数。

✅上の子が習っているついでに

✅早期教育は大事

✅小学校で困らないように

という理由で、本人からというよりはママが通わせたくて通っているという声が多く聞かれました。

その成果が出ていて、夏場水泳の時は、通っている子はやはりすいすい泳げるし、泳げない子は顔を水につけることからはじまります。もうすでに差がついているんですよね。

学習塾に通っていた子は、ひらがななんて簡単すぎ。カタカナももちろん、漢字も簡単で、学校の宿題があっという間に終わります。だから、1年生になった時点でもう2年生で習う掛け算をやっていたりするわけです。

しかし、小学校で習うのはが初めての子は、やはり苦戦しています。

今は小学校で英語も必修になっています。
子供が苦労しないためにも、早くから習い事をするのは必要なことなのかもしれないなあと思っています。

未就学児の習い事は続けさせることが大切

一昔前の習い事といえば、習字、そろばん、ピアノが一般的でしたが、最近では子どもの習い事の種類も増えてきています。

スポーツ系では体操、ダンス、空手、フィギアスケートなど。

学習系では実験教室やパソコン教室なんていう習い事が我が家の近所にあるくらいなのでもはやどこにでもあったりするのではないでしょうか。

しかもまわりのお母さんが通わせていると「うちの子もやらせた方がいいのかしら?」なんて考えてしまう今日この頃。

子供よりも私のほうがやりたい!!と思ってしまう習い事も数多くあります。

でも、子どもが習い事に通っているからといって、必ずその分野で一流になれるとは限らないのは絶対頭の片隅にでも置いておいたほうがいいです。

例えば、ピアノ教室に通っているからと言って譜面がスラスラ読めちゃう、というわけでもありません。
それは結局その子の努力次第なんですよね。

これは、私が音楽の仕事をしているのでよくわかります。
小さいころからピアノ、ヴァイオリン、声楽をやっている子がいますが、楽譜は全然読めません。

講師にも責任がありますが、これは本人が「楽譜を自分で読めるようになりたい」という気持ちがないため、練習してこないことにも原因があります。

では子供に習い事をさせる本当の意味って何なのでしょうか。

子どもに習い事をさせる本当の意味は「辛くても、苦しくても、面倒でも、とにかく続ける経験ができる」ということだという専門家の先生がいらっしゃいます。

発明家トーマス・エジソンの有名な言葉で「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」と言われるように、どんな素晴らしいアイデアも挫折してしまえばそこで終わり…何も成し遂げられません。

社会に出た時の事を考えてみてください。

社会人になると自分の好きなことばかりやっていられないことは大人なら誰でも分かります。

仕事で辛いことがあったって、会社に行くのがめんどくさいからって簡単に辞めることができないのが会社です。

この忍耐力を養うのは、お稽古事が一役かっているのではないでしょうか。

ですから、子どものうちから習い事をさせるなら、なるべく続けさせることが大切なんですね。

「ずっと続けてきた」という経験は大人になってからも必ず大きな自信になるはずです。
親が「諦めないことの大切さ」を子どもに教えるのは、習い事を続けさせることがうってつけなのかもしれません。

ただし、続けさせるにはいろいろと乗り越えなければならない壁があります。

「辞めたい」「行きたくない」と思った時にどう親が寄り添ってアドバイスしてあげるか、考えるのも大変ですが、ここがターニングポイントになりそうです。

未就学児に習い事はさせるべきか、させなくてもいいか

これは私個人の考え方ですが、感覚が優れていて果敢な時期に、何も習い事をしないよりは、するほうがきっと子供にとってプラスになると思います。

例えば今流行の英語は、まず日本語をしっかり覚えてからでも遅くはないのではないかと思いますし、(日本語のお稽古は習わせてもいいかも…)ピアノやリトミックは、どうやら保育園で取り入れているようなので必要ないかなと思っています。

体を動かす習い事は、まずは好き勝手遊んで、それで伸ばせそうな競技があるなら…

ただ、これは我が家がフルタイムの共働きだからであってお稽古の付き添いができない、という理由もあります。

幼稚園の場合は午前中のみだったりして時間がありますから、いろいろな経験を小さいときからさせるのもいいのではないかと思います。

もしお稽古事を検討中であれば体験レッスンをいろいろ試されるのがいいのではないでしょうか。

たいていの体験レッスンは無料ですので気軽に受けられます。

また体験レッスンならば、小学生のレッスンでも親が見学ができますから、普段は付き添い不可でもその時ばかりは親子でその体験を共有できますし、だいたい1時間以内で終わります。

ただ、いづれは習い事に通わせた方がよいかもしれません。

それは子供に「小学校だけがすべてではない」という事を分かってもらうためです。

小学校で嫌なことがあっても、水泳教室に自分の居場所があれば1日頑張ることができます。

もし水泳教室が嫌になっても、ピアノ教室になら自分の居場所があるかもしれません。

それに、何か一つだけでも得意なことがあると、人生楽しいものですよね。

それを分かってもらうためにも、何かしら他の世界を味合わせてあげるのも良いのではないでしょうか。

ハード!大人より忙しい子供のお稽古スケジュール

ハード!大人より忙しい子供のお稽古スケジュール ある子の1週間

ちょっとご覧いただきたいタイムスケジュールがあります。

●月曜日

4時~6時 そろばん
公文宿題10枚
8時~8時半スカイプ英会話

●火曜日

4時~6時 そろばん
6時半~7時
公文教室国語

●水曜日

4時~5時 サッカー教室
8時~8時半スカイプ英会話
公文宿題 10枚

●木曜日

5時半~6時 ピアノ教室
公文宿題10枚

●金曜日

4時~6時 そろばん
6時半~7時 公文教室国語
8時~半スカイプ英会話

●土曜日

9時~10時半 そろばん
公文宿題10枚

●日曜日

9時~10時半 そろばん
5時~6時 和太鼓教室
公文宿題10枚

実はこれ、ある幼稚園年長さんのタイムスケジュールです。平日は保育園もしっかりあります。

私の印象は「忙しそうだなあ…」です。大人よりもタイトなスケジュールですが、皆さんはどう思いますか?まさかこんなに毎日スケジュールが入っている子がいるとは…。

かわいそうなのかな…と思う反面、スケジュールを詰めることは子供にとってプラスに働くこともあるようです。

小さい頃、月曜日から土曜日までギッシリと習い事の日があった人には、スケジュール管理が上手な人が多いようです。

学校が終わると、レッスン開始までの間に学校の宿題を終わらせ、その後レッスンへ向かい、帰宅後、夕食・お風呂、自由時間という人。

または、放課後すぐにレッスンに行き、帰宅後、夕食・お風呂を済ませ、学校の宿題を集中して行い、自分の時間を作る人など様々です。

いずれの人も、ハードスケジュールの中、1日のタスクを確実にこなし、自由時間を捻出しているのが共通点です。

ここまでやれ、なんて口が裂けても言えませんし、うちの子は絶対続かないという自信がありますが、このような生活を送っている子供も世の中にはいるんですねえ。

差がつくわけだ。

未就学児に人気の習い事 ベスト3

では、実際ママたちは未就学児にどのような習い事をさせているのでしょうか。

駅前の通いやすい所に、未就学児も通える教室がたくさんあるせいか、私の周りは比較的、習い事をしている子供が多いです。

また最近では、タブレットやスカイプを使った通信教育が充実しているため、家にいながら勉強できるということから、共働きをしている両親のお子様が多く利用しています。

色々なママさんに「どんな習い事しているの?」と聞きまくった結果をご紹介します。

スイミングが未就学児に大人気の習い事!

子供に習わせてよかった習い事best1は水泳小学生にも大人気のスイミング。
未就学児から始める方も多いです。

スイミングは運動系の習い事の中でも、0歳半の早い時期に始めることができます。
さらに心肺機能が鍛えられ、病気をしにくくなったという意見もあります。

また、小学校に上がると授業で水泳があるので、早くから始めていると自信につながるようですよ。

体力もつくし、まさに良いことづくめの習い事です。

私の友人は、もともと上の子がスイミングに通っていて、ついでに下の子も行かせ始めたそうです。

すると、下の子の方が本領を発揮し、小学校1年生の今はなんと選手コースで日々練習に励んでいるんですって!そりゃすごい!

通信教育でコツコツ勉強

通信教育は子供のペースでできる事、送り迎えをしなくてもよいことが嬉しいところです。
親も参加しやすいので一緒に楽しめます。

また、自分で(親が)時間管理ができるところも魅力です。

学習塾と違って通学する必要がないので、危険な目に合う可能性がありませんし、自分の都合に合わせて勉強できるので、仕事を持っているお母さんも一緒に付き合ってあげることができます。

七田式家庭学習システム「はっぴぃタイム」

☟はっぴぃタイム 詳細はこちら!




幼児向けの右脳教育システム「はっぴぃタイム」は、主婦の友社が右脳開発40年の実績を誇る「ちだ・教育研究所」と共同開発した教材です。

教室と同じような取り組みが、家でも手軽に出来る学習システムになっています。

子どもの頭脳は驚くべき可能性と吸収力をもっています。

脳に働きかける時期が早ければ早いほど、才能が大きく伸び、年齢が上がるにつれてその可能性は減っていくといわれているのをご存知ですか?

このことを才能の逓減(さいのうのていげん)といいます。

はっぴぃタイムシリーズは「才能逓減の法則」に着目し、幼児の大切な時期に効果的な右脳トレーニングができるよう開発されています。
脳の80%が出来上がってしまう6歳までに取り組むことで、子どもが本来もっている素晴らしい能力を育むことができます。

子どもの才能を花開かせるためには、まず親が子どもを認めてあげることが第1です。
親が誉めてあげること、愛していると伝えてあげることで、子どもは自分に自信をもち、本来もっている能力を大きく伸ばすことができるのです。

「はっぴぃタイム」は2歳~6歳までに対応した全12回の七田式家庭学習教材で、DVDやテキスト、絵本などを利用し子供の可能性を引き出している教材です。

✅初回受講費は半額

✅入会金不要

✅途中退会可能

いきなり数万円もする教材だと躊躇しますが、半額の2,000円でお試しできるので、自分の子供に合うのか合わないのか試して、失敗しても悔いの残らない値段ですよね。

英会話 英語教室

英語をペラペラに話せるようになりたい!ということよりも、英語に親しめればいいという、遊びに行く感覚で通う方が多い英語。

特に、自分が英語を話せないから、子供には話せるようになってほしいと考えているママが多いです。

今はスカイプ(無料のテレビ電話)を使っての授業がマンツーマンで受けられる通信教育があります。

これなら親御さんの塾への送迎は必要なく、家でじっくりできますよね。

幼児の場合、まずは英語の絵本やCD、DVDから英語に慣れさせ、アルファベット表や英語の音楽が鳴るおもちゃなどで遊ばせます。

そうやって小さいころから英語に慣れることで、小学校から始める英語の授業でも、抵抗感なく始めることができます。

英語教材「アルク」なら家でできる!

☟アルクのabc 詳細はこちら!




CD・DVDだけのシンプルな教材が人気のアルク。

まずはCDで耳を慣れさせ、映像を楽しめる年齢になったらDVDを足すことで、目でも耳でも英語に慣れていく勉強法です。

対象年齢が胎児~3歳まで。イギリス英語をたくさんインプットできます。

●CD12枚(各約30分)
●おうちの方向けコースガイド1冊
●おうちの方向け講座ブックレット6冊
●特製CDケース

がついてきて、気になるCDの内容は…

①マザーグースと遊び歌
②乳幼児がいる家庭の会話
③名作童話の読み聞かせ

が主体で構成されています。

「とにかく英語に慣れさせたい!」そう感じているママの為の教材です。

どんなものなのか実際見てみたい方に、YouTubeでサンプル動画があるので貼っておきます。

未就学からの習い事は良い経験になるかも!

未就学の時から習い事を始めるのは、子供にとって損なことではないのは明らかです。

新しい経験をたくさんさせて、その中から子供が好きなものだけを長く続けられるようにサポートする、そういった親御さんが多いようです。

経験はお金には代えられないと言いますが、まさにその通り。
せっかく周りに貴重な体験ができる環境がそろっているのですから、まずは両親のやらせたいことからはじめてみてもいいかもしれません。

その中で、なにか一つでも子供がハマれるものがあれば、それが人生の一つの転機になることもあります。

また、小学校に上がった時、毎日が楽しいことばかりとは限りません。
うちの子は、まだ小学校低学年にもかかわらず、人間関係で悩んでいるようです。

そんな時に、学校や家庭以外にも居場所があるってことは、その子の心の支えになることも。

まずは家から近いところにある習い事、もしくは通信教育で親子一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

親も楽しめますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る