メモ魔になれっ!手帳にメモを取って、家事も仕事も時短

手帳にどんどんメモを取って、うっかりミスをなくしましょう!

手帳にどんどんメモを取って、うっかりミスをなくしましょう!

メモは仕事をする上で、また家事をするう上でとても重要になります。

人間はすぐ忘れてしまう生き物です。
自分では記憶力がある方だと思っていても、いつの間にか記憶力は衰えていくことが多いようです。

「今日は○○に電話してアポ取って…。そいえば明日は子供のお弁当を準備しなければいけなかった!おおぅ、早くこのコピー取って郵送しなきゃ!」
やることは山ほどあるのに、さらに仕事が増えていきます。

しかも、会社の仕事だけではなく、家の仕事もそうです。
これでは、いくら記憶力が良くったって限界がありますよね。

さあ、この状態、どうやってフォローしていけばよいのでしょうか。

とにかくメモを取る

「このくらいだったら覚えていられるからメモを取るほどのことではない」と思っていても、電話がかかってきたり、周りに話しかけられたりすると「あれ、なんだっけ?」ということも少なくありませんよね。

そしてたとえ覚えていても、時間が経つにつれ記憶が曖昧になっていく可能性もあります。

ある時フッと思いついた効率のいい方法でも、短時間で思いついた分すぐに忘れてしまいます。
この不意に思いついたアイデアが、実は素晴らしい画期的なアイデアだったりすることがありますが、忘れてしまったらどうしようもありません。
思い出すのに苦労した経験はありませんか?

そして何かアイデアを思いつく所は机の上だけではありません。
むしろ外出中や家でくつろいでいるときが多いのではないでしょうか。

そんな時は必ずメモを取ることです。

文字で書き残すことによって、それは形として残ります。
後で読み返せば、必ず思い出すことができますよね。

特に買い物リストはすぐにメモ

主婦として、家事でよく忘れてしまうものは、買い出しリストです。
「確か買い足さなきゃいけないものがあったんだけど…なんだっけ??」「家族に何か買ってくるように頼まれたんだけど…あれ?」こんなことはよくあります。

こういうことがないように、必ず思いついたらメモを取る習慣をつけてみましょう。

キッチンには必ず、メモ帳を置いておくようにします。
メモ帳と言っても、そんなちゃんとしたメモ帳である必要はありません。
広告の裏、いらなくなった書類の裏、なんでもよいのです。

メモは裏紙よりも手帳の方が時短

いらなくなった紙の裏に書くのもいいです。
しかし、1分1秒でも時間が惜しい方、メモ帳を準備したりまとめたりするのが面倒な方は、手帳に直接書くようにすると良いでしょう。

裏紙に書くことのデメリットは、後で書いたものを回収しなければなりません。
つまり、書きっぱなしではなく、外に出るときに持っていかなければいけないのです。

例えば買い出しリスト。
このリストがないと買い物に行っても何を書いたか分からなくなってしまいますよね。

それなら手帳はどうでしょう?
手帳はいつも持ち歩いていますからいつでも確認できます。

これは、別にアナログ手帳じゃなく、スマホにメモしてもかまいません。
その際は、濡れた手で打ち込まないようにしましょう。スマホ故障の原因になります。
ちなみに私はアナログはなので、皿洗い途中の濡れた手でもバンバン書いています。

メモ帳に書いたら忘れても良し

メモをすることの最大のメリットは、書いたらその場で忘れても良いことです。
いつまでも覚えている必要がないので、今、目の前のことに集中することができます。

また、どんどん未来の事を考える余裕も出てきます。

例えばある日の朝。
今日の仕事帰りは味噌を買わなければ夕食が困るから「みそ」とメモする。
明日の夕食は…おっと、ナポリタンにする予定だったのにケチャップがない。だったら味噌を買うついでに買っておいたほうが良いから「ケチャップ」とメモする。

こんな感じです。

未来を思う余裕があれば、買い物の手間も省けるようになるのです。

思いついたら1分以内にメモをする

時間が経つにつれて忘れていってしまいますから、思いついたら1分以内にメモするようにしましょう。

特に「最近忘れっぽいなあ」と感じている方や、細々とやることがたくさんある方は徹底した方がよいでしょう。

何故なら、私がそうだからです。

次々とやらなければいけないことを思い出してしまい、今思ったことをすぐ忘れてしまいます。これでは意味がないので、思いついたら他の事を考え出す前に速攻メモです。

メモは必ず見直す事

手帳に書いたメモは、必ず後に見直すようにします。
そうしないとメモを取った意味がありません。

もしメモが時間軸に書き写す必要性がある場合は書き写しますし、手直しが必要ならば加筆します。
そうやって、アイデアをもっとより良いものにしていきます。

また、購入予定の物はすべてまとめておくと買い物する時に便利です。

メモを整理するのは、通勤時間や隙間時間を使ってやります。

手帳をきれいに保ちたいなら付箋を利用する

もし「手帳は美しく使いたいから、確定したものしか記入したくない」というのであれば、「付箋」を使うといいでしょう。

付箋にバンバン書いて手帳に張っておき、後で見直した時に使えるもの、使えないものを判別し、使えないものは付箋ごと捨ててしまえばいいのです。

とにかく、思いついたら即手帳にメモを取り、後で見直すという習慣をつけましょう。

まとめ

一番大切なのは、なんでもよいからメモを取り、必ず見返すことです。
メモするものは手帳がおすすめですが、スマホだってかまわないし、いらない広告の裏だっていいのです。

要は、メモを取るのが簡単ですぐできるものを使い、見返す時にも便利なものを使うと良いですよ!

こうすることで、確実にうっかりミスを減らすことができます。
是非お試しくださいね!

コメント