【肩こり・腰痛対策】どうしても仕事を休めない主婦に!

 

 辛い肩こりのせいで仕事が思うように進まない!どうして肩こりになるの?

辛い肩こりのせいで仕事が思うように進まない!どうして肩こりになるの?

長時間のデスクワークで、肩がゴリゴリ。
ひどい方は頭痛までしてくるという肩こり…。

これでは仕事も家事もはかどらない、何より家族に笑顔で接することができませんよね。

私も長時間のデスクワークで、肩こりや腰痛に悩まされてきました…。私と同じような悩みを抱えている兼業主婦の方は多いようです。

慢性化しないうちに毎日ケアして、早くこの肩こり・腰痛から脱出しちゃうのが一番よいのは分かっています。

肩こりがなくなっただけで、気分は爽やか、仕事や家事へのモチベーションも変わるものです。

 

肩こりは日々の蓄積された生活習慣が引き起こします。

蓄積されてきたものですから、急に直すのはなかなか難しいので、日々のケアが必要になってきます。

一日も早く、快適な生活を送ることができるようにしたいですよね。

本気で自は、肩こり・腰痛の原因と、簡単にできる対策方法をご紹介します。

まずは肩こりから!レッツゴー!

肩こりの原因

首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があります。
この筋肉たちは、自分では気づきませんがいつも緊張し続けているんです。

重い頭や腕を支えて立っているだけで、かなりの負担がかかっているんです。

ちなみに、頭の重さって頭の重さは、成人で約5Kgと言われています。

うちでいつも購入しているお米の重さと一緒です。結構重いですよね…

こんなに重い頭を支えているんですから、そりゃあ肩にガタがきてもおかしくありません。

そのほかにも、肩こりの原因はたくさんあります。

 

猿の親子肩こりの原因

チェックボックス疲労物質がたまる
チェックボックス寒さ
チェックボックス目の疲れ
チェックボックス悪い姿勢・一定の姿勢

 

疲労物質が溜まっている

緊張が続くと、筋肉が疲れて疲労物質がたまり、硬くなります。

それが血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりして、こりや傷みを起こすのです。

また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。

この繰り返しでどんどん症状が深刻化していくわけですね。

 

寒さからくる肩こり

冬の寒い時期は、運動不足や縮こまった姿勢をとりがちです。
そのため血液の流れが、夏よりもグッと悪くなります。

気候が温かい時期はそうでなくても、冬場に肩こりを感じる人が多いのはこのためです。
意識して体を動かし首や肩の筋肉をほぐしましょう。

確かに!冬の方が肩こりを強く感じるのは寒さのせいだったんですね!

 

目の疲れからくる肩こり

首から肩にかけての筋肉のこりは、目の疲れからくることもしばしばあります。

特に、PCを使った仕事をしている人、スマホが大好きで片時も離さない人のように目を酷使している人は、方がこりやすいです。

できるだけ目を休めるようにすると改善する可能性があります。

こちらをチェック【ファイブスターEX】アサイーベリーで目を癒す!デスクワーカーへ

 

悪い姿勢・一定の姿勢を続けている

読書、パソコン作業など前かがみの姿勢は頭の重さを最も受けやすく、同じ姿勢をとりながら指を動かす作業は、肩周辺の筋肉を常に緊張させ続けます。

適度に休憩し、肩や首のストレッチをすると改善することがあります。

 

つぎは腰痛の原因をcheck!

 

腰痛の原因

肩こりと同様、腰痛も病気からきていることがありますが、ここでは日常生活でおこる腰痛の原因を探っていこうと思います。

少しでも「ん?いつもの腰痛とちがう!?」と感じたら、すぐ病院へ行きましょう。

私たちの日常生活を振り返って腰痛の原因を探してみると、次のようなことが考えられます。

 

猿の親子腰痛の原因

チェックボックス体力不足
チェックボックス肥満
チェックボックス急な運動
チェックボックスストレス
チェックボックスデスクワーク

 

 

体力不足による腰痛

昔に比べて、電車や車に乗ることが多くなって歩く機会がずっと減っていますよね。

電化製品も発達し、今は床を雑巾がけしたりすることはめったになくなりました。世の中の便利さの代償は、こういうところにきているのですね。

こうして、現代人の足腰は弱くなり、肩こりや腰痛が増えてきています。

ということは、定期的に運動をすると腰痛が解消される可能性があるということになります。

 

肥満からくる腰痛

食生活が欧米化し、質・量ともに豊かになってきたため、肥満の人が増加しています。
糖分・油分は過剰といってもいいほど、知らず知らずのうちに毎日摂取しています。

自分で料理しているとわかるのですが、例えばケーキやドーナツは、作っている自分が引いてしまうほどの砂糖とバターが使われています。

完成したスイーツは、見た目以上にカロリーが高いのです。

私が「おいしい」と感じるものは、たいていカロリーも高いものです。

体重は、増えれば増えるほど腰や背骨にかかる負担が大きくなるため、肩こりや腰痛に悩まされるようになってしまいます。

そのうえ、肥満になると運動不足になりやすいので、さらにコリや痛みが悪化してしまいます。

肥満が原因の腰痛だと、痩せない限りずっと腰痛は続くのです。

 

急な運動による腰痛

スポーツ人口が増加するにつれて、解消されそうな肩こりや腰痛。
しかし予想とはうらはらに、肩こりや腰痛を訴える人が増えてきています。

最近はマラソン、テニスブームが巻き起こり、スポーツをすることが趣味と健康管理として注目されています。

そんなスポーツの中で、注意したいのはバレーボールやゴルフ。

このスポーツは、瞬発的な筋力や持久力が必要なので十分な筋肉トレーニングを行わなければなりません。

しかし、日ごろまったく運動らしい運動をしていなかった私のような人の場合、基本的なトレーニングをしないで、すぐにボールを打ったり、ジャンプしたりといった競技に入ってしまいがちです。

急な運動で筋肉が疲労し、スポーツをした翌日ぐらいから筋肉の疲れによる肩こりや腰痛、太ももの痛みが起こってきます。

また、中年からスポーツをはじめた場合や、月に1、 2回しかスポーツをする機会がない場合、普段使っていない筋肉を急に使ったため、筋肉疲労による肩や腰痛の痛みが起きてしまいます。

 

ストレスからくる腰痛

肩こりや腰痛は、体力低下や肥満などの肉体的なこと以外に、ストレスなどの精神的なことが原因の場合もあります。

ストレスが溜まりすぎると睡眠障害や疲労感、頭痛、下痢・便秘・吐き気などの症状が出る方が多いですが、それと同じように腰痛・肩こりがおこることもあるのです。

仕事などのストレスから、肩こりや腰痛になる人が増えており、腰痛は肉体労働者よりもデスクワークの管理職に多いといわれています。

ストレスが原因の腰痛の場合、ストレスが解消されれば腰痛などが改善することが多いようです。

ただ、ストレスが原因の腰痛とわかるまでには時間がかかりそうですよね。
ストレスパラメーターがあれば分かりやすいんですが…。

 

デスクワークによる腰痛

腰痛といえば「重労働をする人に多い」というイメージですが、100%そうではありません。
むしろ、一日中デスクワークをしている人や軽作業の人に、肩こりや腰痛が多くなっています。

デスクワークの人や軽作業の人は、肩こりや腰痛が起きるとは思っていないため、それらに対して無防備です。

また、重労働の人に比べて筋肉を鍛えていないので、肩こりや腰痛になりやすいんです。

長時間ずっと同じ姿勢でいるということは、思いのほか腰にくるもの。
適度な運動を取り入れながら仕事をしていかないと、腰痛が悪化してしまいます。

 

つらい肩こり・腰痛対策

肩こり・腰痛が重症化すると歩くのもつらくなるし、仕事に多大なる支障がでてきます。

重症化・慢性化する前になんとか手を打ちたいところです。

調べてみると、肩こり・腰痛があるのは人間だけで、他の動物にはありません。
なぜならそれは人間が2足歩行をしているから。

重たい頭がてっぺんにある、ということによりいろいろな部分に負担がかかっているんですね。

そこから考えるに、人間ならではの行動や生活習慣が腰痛の原因となり、そこを改善することが腰痛対策になると思います。

では実際に多く行われている腰痛対策をご紹介します。

 

猿の親子肩こり・腰痛対策

チェックボックス正しい姿勢を心がける
チェックボックス肥満は腰痛の敵!
チェックボックス荷物の持ち方に工夫して腰痛予防
チェックボックス敷布団で肩こり・腰痛を改善する
チェックボックス枕で肩こり・腰痛を改善する
チェックボックス腰痛対策クッション

正しい姿勢を心がける

肩こり・腰痛とも共通していますが、やはり姿勢は深い関係があるようです。

立っているとき、椅子に座っているとき、床に座っているときでそれぞれ姿勢が違います。
どのような姿勢でいるのが良いのか調べてみました。

 

立っているときの正しい姿勢とは?

体の力が抜けて、頭のてっぺんから糸でつられているような姿勢が良い姿勢です。

まっすぐ前を見て、あごを軽く引き、肩の力を抜きます。
そして、へその下あたりに力を入れて、お尻を引き締めます。

良く壁に背中を付けてまっすぐ!というのを耳にしますが、壁に背中をつけた状態ですと頭の位置が不自然ですので、このようにやってみてください。

  1. 壁に背中をけて、体をまっすぐにする
  2. 一歩前に出て頭を首に乗っける
  3. まっすぐ前を見て、あごを軽く引き、頭のてっぺんから糸でつられているような姿勢

これが立っているときの、体に負担のかからない姿勢です。

 

椅子に座っているときの正しい姿勢とは?

座る姿勢の基本は、背骨も首もしっかり伸びていることです。
また「おへそから下を背骨に近づける」要領で、腹筋に力を入れることも大切です。

この姿勢をとるためには、股関節と膝頭が水平、もしくは股関節より膝頭がほんの少し高くなり、足の裏がしっかりと床についていることが望ましいです。

しかし、実際には座面が高く、座ると膝頭が下がるイスを使っている人が多いことでしょう。

そのときには、足元に菓子の空き缶や、雑誌を重ねたものなどをおくと楽になり、腹筋に力が入りやすくなって腰痛予防にもなります。

 

床に座るときの正しい姿勢とは?

私が普段家でパソコンをする際、実は座椅子に座ってやっています。

一番私が知りたい正しい座り方はこの床に座るときの正しい姿勢。
しかし探せど探せど、「床に座って良いことない」という情報ばかりです。
どの座り方も腰に負担がかかるそう。

唯一「良し」とされているのが正座。

しいて言うなら座椅子に腰をサポートするクッションを起き、背もたれに座って足を投げ出す座り方。
これならマズマズ良いそうです。

 

肥満は腰痛の敵!

肥満になれば肥満になった分だけ、腰には大きな負担がかかる、というのはご存知でしょうか。

立つ、座る、前かがみといった動作をすると腰への負担は体重の2.5倍程度になるといわれています。

体重が多いだけでも負担は大きいのに、肥満で筋肉が少なく、脂肪が多くなれば、骨や靱帯(じんたい)にかかる重さは相当増えるのは想像しやすいですよね。

また、肥満は腰だけでなくヒザにも影響を及ぼし、膝への負担は3~7倍程度になるといわれています。

さらに、肥満になっておなかが出るとどうしても背中が反る形になり、腰椎(ようつい)や椎間板(ついかんばん)、椎間関節(ついかんかんせつ)、ヒザ関節などに無理がかかります。

こうした理由から、肥満の人には腰痛やヒザの痛みが出やすいのです。

まったく良いことはないですね。

適度な運動、バランスのいい食事、ストレス対策、十分な睡眠で肥満を解消することは腰痛や膝の痛みの悪化を止めるだけでなく、予防にもなります。

 

荷物の持ち方に工夫を!

「ぎっくり腰(急性痛)」の痛みは格別です。

ほとんど歩けなくなったりする場合も多いので、できれば日ごろからぎっくり腰にはならないよう気をつけておきたいですよね。

一番多いぎっくり腰になった原因は、「重い物を持ち上げようとしてグキッっとなった」という答えだそうです。

ぎっくり腰になる本質的な原因は別にあるらしいのですが、重いものの持ち上げ方を注意するだけで、とりあえずぎっくり腰を予防できます。

腰痛持ちの人は是非とも読み進めていただいて、正しい物の持ち方を注意してみましょう。

今は腰痛が無い人も、予防の為に注意されてみるといいです。ぎっくり腰はいつやってくるかわかりません。

 

重い物の持ち上げ方

それは荷物の高さと腰の高さを一緒にすること。
腰の角度が水平に近いほど腰への負担は強くなりますから注意してください。

腰の角度をなるべく床に対して直角に保ちつつ持ち上げる必要があります。

まず膝を曲げて荷物になるべく身体を近づけます。
おへそのあたりを目安にするといいです。

そうすると、自然に腰の角度は垂直に近い状態になるはずです。
さらに身体の重心線に荷物が近寄りますので、重さの負担も軽くなります。

次にヒザを使って真上にもちあげます。

物の重さを膝と腰を使って持ち上げることで、腰への負担が分散されるのです。
腰の角度はなるべく垂直に保ちます。

分かりやすいのはオリンピックでよく見る重量挙げの選手。あの凄く重いダンベルを持ち上げるやり方がまさに素晴らしいフォームです。

 

敷布団で肩こり・腰痛を改善する「雲のやすらぎプログラム」

1日長時間を過ごす寝具。

もしかしたら、その敷布団が肩こりを悪化させているのかもしれません。
実は敷布団を変えるだけで、肩の負担が減ることもあるんです。

そんな場合は、このような肩に負担のかからない寝具にするとよいですよ!

雲のやすらぎプレミアム 公式サイトはこちら!


雑誌でも特集が組まれるほど、今とっても注目度が高い敷き布団です。

敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』。
その効果は、満足度の高いクチコミが多いことで証明されています。

寝心地がとても柔らかく、高級ベッドと同じくらいの寝心地と反発力です。

身体をしっかりと支えて安定させてくれる敷布団です!

「雲のやすらぎプレミアム」の特徴

この敷き布団の特徴は以下の通り。

猿の親子雲のやすらぎプレミアムの特徴

チェックボックス独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
チェックボックス凹凸加工のアルファマット採用
チェックボックス厚さ17cmの極厚ふんわりボリューム敷布団
チェックボックス最高級フランスロレーヌダウン仕様
チェックボックスリバーシブルで春夏は通気性抜群
チェックボックスSEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果が期待
チェックボックス安心の日本製
チェックボックスモニター満足度98%
チェックボックス返金保証100日間

「雲のやすらぎプレミアム」メリット

チェックへたりにくい品質
チェックホルムアルデヒド基準値をクリア
チェック衛生面に優れている

雲のやすらぎプレミアムは、圧縮試験を80,000回繰り返し行った結果、厚みの低下はわずか0.1%。
5年以上ヘタることなく、思う存分使うことができます。

また、アレルギーを起こす可能性がある「ホルムアルデヒド」は、基準値を大きく下回る2.3μg/g。子育てをしているママも安心して使うことができます。

さらに雲のやすらぎプレミアムは、安全性基準をクリアしたマイティトップⅡ(防ダニ・防臭防菌の中綿)を採用し、基準をクリアしている証のSKEマークを取得。

ダニを寄せにくく、においや細菌の繁殖を抑えてくれます。

 

「雲のやすらぎプレミアム」デメリット

チェック干すのが大変
チェック重い

厚さが17センチもあることにより、敷きっぱなし(1か月くらい)にすると、湿気がこもってしまうのが難点ですが、干すのが大変だったら「干すよりキレイ」のレイコップでしょう。

こちらをチェックレイコップ 体験レビューはこちら!

布団乾燥機+レイコップで湿気対策は完璧です。

あともう一つ、「雲のやすらぎ」は何度も申します通り厚さ17センチもありますので、たたむのが大変ですし非常に重いんです。

その代わり、やはり腰痛はなくなるとの口コミが多いですね。
特に、今まで硬めの布団を使用していた方には評判が良いです。

 

「雲のやすらぎプレミアム」購入方法

雲のやすらぎはamazonと楽天、あとは公式サイトで購入することがでできます。

雲のやすらぎ公式サイトでは、「オンラインチャット」という機能を使って、電話しなくともオペレーターに直接質問をすることができます。

色々と事前に確認したいことがある方は、公式サイトを利用した方が良いでしょう。

また、送料を気にされるのであれば断然公式サイトです。
公式サイトで購入すれば送料が無料で購入することができますよ!

 

↓雲のやすらぎプレミアム 詳細はこちら!

 

枕で肩こりを改善する 高反発まくら「モットン」

肩こりの多い原因の一つに、枕が自分に合っていないということが挙げられます。

肩こりを解消させるには、起きている間にこりかたまった筋肉を寝ている間にしっかり休ませることが大事なんです。

そのための枕選びは慎重にならなくてはいけません。

もし寝起きに「肩がこっている」と感じたら、今お使いの枕が自分と逢っていない可能性大です。

 

高反発まくら「モットン」 公式サイトはこちら!


自然な寝返りなサポートをする反発力と体圧分散に優れ、 日本人の頸椎の高さに合った日本人の為の枕「モットン」。

枕選びで大切なことは、存分に寝返りができる丁度良い硬さがある事と、高さが自分で自由に調節できること、この2つです。

この2つの願いを両方かなえてくれるのが、高反発まくら「モットン」なんです。

※2019年3月にリニューアル!さらに使いやすくなりました!

 

何故そんなに枕が重要なの?

人間は横になった時に、後頭部と肩は布団についていますが、首と布団との間には隙間ができてしまいます。

そのため、首は宙に浮いたような状態になり、首の筋肉が緊張し、疲労も蓄積してしまい、肩こりにつながってしまうんです。

首と布団の隙間を埋めるにはどのような形が良いか、フラットのものから真ん中が 凹んでいるものなど様々な形のサンプルを作成し、外部機関でテストを行い、思考錯誤された枕が高反発まくら「モットン」です。

睡眠中の枕の改善により、肩こりが改善する方はたくさんいらっしゃるんですよ!

もしかしたらお悩みの肩こりは、仕事のせいではなく寝ている時にできたものかも!?
思い当たる節があるのなら、枕を変えてみてください。

たったそれだけで悩みが解消され、もっとアクティブに毎日を過ごせるようになるかもしれませんよ!

 

高反発まくら「モットン」の特徴

猿の親子モットンの特徴

チェックボックス自然な寝返りをサポートする反発力
チェックボックス頸椎(首の骨)を支え、正しい寝姿勢を実現
チェックボックス体圧分散に優れ、首への負担を最大限に軽減
チェックボックス8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
チェックボックス通気性が良く、蒸れにくい
チェックボックスダニを寄せ付けず、ホコリも出ない
チェックボックス新感覚の寝心地

寝ている間の首の負担を軽減して、長時間のデスクワークも頑張れる!

睡眠時に使用する枕は、寝返りととても深い関係があります。

自分に合っていない枕を選んでしまうと、不要な寝返りの回数が増えてしまうのをご存知ですか?

柔らかすぎず、カタすぎない適度なカタさで、頭と首のカーブを枕全体で支えてくれ、首への負担や不要な寝返りがなく、自然な寝返りを打つことができるのが理想の枕です。

猿の親子「モットン」リニューアル変更点

チェックボックスサイズアップで、寝返りがよりスムーズに
チェックボックス本体中央に凹みを設け、後頭部のフィット感を改善
チェックボックス首のカーブを改良し、頚椎のフィット感を改善
チェックボックス本体と高さ調整シートに通気穴を設け、通気性アップ
チェックボックス素材の復元率が99.6%に改善!
チェックボックス硬さの種類を「かため」「やわらかめ」の2つに増やした
チェックボックスファスナーを大きくし、脱着のストレスを軽減

以前の「めりーさんの高反発枕」の良い特徴は残したまま、さらにパワーアップしています。

【高反発まくら モットン】公式サイトはコチラ

 

デスクワークの方にお勧めの腰痛対策クッション「ソルボらく楽コンフォートマット」

その腰痛、もしかしたら職業病かもしれません。
特にデスクワークの方は、1日中椅子に座っているのでその可能性は高いです。

座ることは自然と腰への負担も増えてしまいます。
体圧がそのまま臀部の一部に伝わってしまう為です。

それを軽減してくれるのが、薄型クッション「ソルボ」なんです。

 

「ソルボ」の薄型クッション 公式サイトはこちら!



ソルボとは、イギリスの医療分野から生まれた、驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現する人工筋肉なんですよ!

医療の現場で高く評価され、今やメディカルからインダストリー分野まで幅広く使用されています。

衝撃エネルギー吸収はもちろん、防振、制振、消音、防音、圧力分散などの目的で使用される人工筋肉なんです。

優れた体圧分散性と外部からの振動減衰性により、体への負担を抑えてくれます。

デスクワークの多い方や、長時間運転をされる方で、今まで自分に合ったクッションに出会えなかった方に試してみてほしいクッションです。

 

体圧の分散を実現し、腰の負担が軽減!

腰痛を防ぐためには、いすの座面は体圧を分散させなければなりません。

しかし、従来のクッションでは柔らかさを増すために厚くしなければならず、その分だけ安定性が失われてしまうという問題を抱えていました。

人工筋肉「ソルボ」は、こうした問題を見事に解決した新素材です。
薄くても安定性が高く、体圧を分散させる快適なクッションです。

 

公式サイトで購入なら、1年間サイズ交換・返品保証サービス付き!

サイズが合わなかったり、腰痛への効果が感じられない場合もあるでしょう。
もし公式サイトから購入していれば、1年間はサイズ交換返品保証がついてくるんです。

ただし、返品の際の往復送料は自分で負担しなければいけませんが、それでも返品保証があるのとないのとでは全然違いますよね。

値段も本体価格9,800円と安くはない価格ですが、その分試してみる価値はあるかもしれませんね!

こちらをチェックソルボの薄型クッション「「ソルボらく楽コンフォートマット」 

 

まとめ

肩こりや腰痛は、日ごろの生活習慣が大きく関係している様です。
日頃の生活態度を改めないと、改善しないということですよね。

まずは自分がなぜ肩こり・腰痛なのかを、日ごろの生活習慣から考えてみてください。
すると、おのずと原因が見えてくるはずです。

 

こちらをチェック【肩こり解消】子育て主婦が試した方法12個をご紹介!

タイトルとURLをコピーしました