子供の泣き声は迷惑!?騒音!?苦情を言われた&防音対策

気を遣う子供の生活騒音

集合住宅で気になる「生活騒音」 子供がいるとかなり気を使いますよね

私は集合住宅に住んでいます。一応マンションという事になってはいますが、私の想像するマンションとは違い、お隣さんの声はかすかに聞こえます。

マンションってもっと壁が厚く、お隣さんの生活音は聞こえないイメージだったんですけどね…。必ずしもそうではありません。

私は過去にアパートに住んでいた時「生活音がうるさい」と、かなりお怒りモードで苦情を言われたことがあるので、隣近所への音に対する対策は出来る限りの事をしようと思っていました。

 

長男 猿一
苦情を直接受けると、トラウマになるよね…。

 

自分の子供が生まれるまで赤ちゃんと接したことのなかった私は、赤ちゃんというのはどのくらいの大きな声で泣くのかなんて分かりませんでした。

イメージとしては「林屋パー子さん」でいたんです。
結構大きな、そして響く声。脳天に突き刺さる、通りの良い声です。

騒音と言ってもよさそうな声ですよね。
かなり防音対策が必要な気がしていました。

 

1階の角部屋を借りることができ、平和に過ごせているが…

運よく、ベビーカーも使いやすい1階の、そして1番奥の角部屋に引っ越すことが出来ました。

近所に配慮して、お隣さんと隣接する部屋は私の作業部屋として使い、外に隣接する部屋は子供の部屋にしました。

おかげさまで周りにはそんなに声の事でご迷惑をかけず、1階ということで子供が飛び跳ねてもそこまで神経質にならずに何年も過ごしてきました。

 

入居当初は中年のご夫婦で、お子さんはいなかったので結構気を使いました。

しかし、1年前にお隣さんは若いご夫婦になり、お子さんも小さいということでもっと気楽になりました。うるさくてもお互いさまという感じで仲良くやっています。

お隣さんの子供の夜泣きはバッチリ我が家にも聞こえ、なかなか大変そうでしたが、「こんな時期もあったよね。ははは」と夫婦で話したのを覚えています。

もしこれでうちに子供がいなかったら、どう思っていたのでしょう。
もしかしたらイライラしていたのかもしれません。

 

子供の声は騒音なのか?考えてみた

こんな記事を発見しました。

「子供の声がうるさい。騒音」住民から寄せられる苦情。それを見た管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる-Cadot(カド) |「子供の声がうるさい。騒音」住民から寄せられる苦情。それを見た管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる-Cadot(カド) |

マンションでの騒音問題です。

騒音といっても、ピアノの音とか人が歩く音とか、そういう話ではありません。
子供の声が騒音だという話なんです。

 

記事の内容を簡単に説明すると、〇○号室の子供の泣き声がうるさくてこんなところに住めない、騒音だ、と管理人に3世帯から苦情がきたんです。

管理人は対策を施すんですが、苦情を言ってきた方々に「あなたも子供のころ、周りに迷惑をかけて生きてきたことを思い出して」と意見書をポストに投函した、というお話です。

 

長男 猿一
赤ちゃんの泣き声がうるさいことで裁判を起こしても、赤ちゃんの存在を否定できる法律はないので意味がありません。
次男 鶏二
だから、主な対応先は管理人さんなんだよ。

 

子供の声が騒音か…。
騒音というのは、バイクやトラックの音、工事現場の音、大音量のヘビメタなどの事を言うのだと思ってますが、それと子供の声は同じだと言っているんです。

 

本人が騒音と感じるのは、興味がない音が大きい場合かも

子供の音を騒音と感じるのは一体どういうことなのでしょうか。

「自分がまったく興味のない大きな音」ということなのかな、と思います。
それなら納得できますよね。。

きっとこの苦情を言った3世帯の方々は、「子供に全く興味・関心がなく、むしろ嫌いな存在」だったのではないでしょうか。

だったら分かりますね、子供の声を騒音と言っちゃうのは。

子供の声は林屋パー子さんと同じく、脳天突き刺さりますからね。
でも子供の声って、他の人間に分かってもらいやすくするため、助けてもらいやすくするように、あのように通る声なのではないでしょうかね。

ただ、子持ちの私でも「うるさい」と思う子供の声もあります。
やっぱり、親は何かしら周囲に配慮しなければならないようです。

 

長男 猿一
自分で感じているよりも、周りの方には大きく感じていることが多いよ!

 

子供の泣き声&生活騒音の防音対策

赤ちゃんや子供は泣くのが仕事

 

赤ちゃんや子供は泣くのが仕事、だから仕方がないことだというのは、子供を育てている私たちは当たり前に理解していることです。

しかし、周囲に住んでいる方々はどうでしょう。

子どもを育てたことがない方は、そんなこと常識ではありません。
むしろ「親のしつけがなっていない」と怒り出す方もいるのではないでしょうか。

私たちの常識が、周りの方にとっても常識とは限りません。

ですから、迷惑だと感じさせないように、できるだけこちらで配慮することが必要です。

そこで、私たちにどんなことができるかを書き出してみました。

 

事前に周りへ挨拶をしておく

ちょっとした手土産を持って、周囲の方々にご挨拶をするのは欠かせません。
やはり、知っている人と知らない人とでは、知らない人の方が苦情を言いやすいものです。

できれば赤ちゃんもつれて、顔を見せてあげるといいですよ!

人間って不思議で、知っている人だと許せることもありますよね。

普段生活をしているときも、もし顔を合わせるようなことがあれば、明るく笑顔で挨拶をすることも大事。

何回か顔を合わせているうちに、世間話をするような仲になることもあります。

 

音が周囲に出ないように対策をする

音は壁に当たると一部ははね返され(音の反射)、また一部は熱エネルギーに変換され、壁の中で失われます(音の吸収)。そして、「反射」、「吸収」されたもの以外が壁を通り抜けます(音の透過)。

引用元:住まいるタウン

音が壁に到達する前に、音をシャットアウトする必要があります。

例えば、周囲の壁に背の高い壁を置いたり、防音カーテンに変えたりします。

子供が暴れまわる場合、防音・防振マットを敷くのも効果的です。

一番簡単にできるのは、窓はしっかり閉めておくこと。
暑い夏の時期は窓を開けたい気持ちにもなりますが、ここから出ていく音が一番響くのです。

エアコンを使って室内の温度調節をしながら、子供が騒いでいるときは締め切るようにしましょう。

また、窓にはストレスなく開閉できるように、少しの隙間が空いています。
これを隙間テープでふさぐことにより、遮音効果があるだけでなく、保温効果も期待できます。

室内の温かい空気が外に逃げることや、外の冷たい空気が部屋に入ってくることを防ぐことができるのです。

遮音テープは100円均一ショップにも売っていますが、スポンジ部分がもろいのですぐにはがれてしまう事が多いようです。

我が家も同じでした。

なので、100円よりは値段の高いものを買いなおしました。

 

 

そこまで値段が高い商品ではないので、試しやすい遮音方法です。

サイズも色々あるので、試してみると良いでしょう。

 

苦情を言われたときの対策

自分ができる騒音対策はすべてやっているにもかかわらず、苦情を言われてしまうこともあります。

もし相手が直接苦情を言いに来た場合、まずは丁寧に謝ります。
そして、どの時間帯のどのような音がうるさいのかを聞いてみるのも手です。
もし思い当たるふしがあるようだったら、改善の余地はありますよね。

それでも苦情が来るようだったら、管理会社や大家さんを通した方が良さそうです。

これ以上直接話をすると、お互い感情的になってしまう可能性があります。
さらに対立が強まって、もっとトラブルがおおきくなってしまうこともあるのです。

第3者である管理会社を入れることにより、お互いに気を付けるということで話が丸く収まるケースがほとんど。

冷静な方を間に挟むのが、一番早い解決策かもしれません。

 

まとめ

子供がいない世帯だっている集合住宅。

子供のいる世帯の事は分かってもらいにくいのですが、日頃からのご近所さん同士のコミュニケーションというのはできるわけです。

うちのお姑さん、よくうちの娘たちを預かってくれるのですが、しょっちゅうご近所に挨拶に行っているみたいです。

「うちの孫がいつもお騒がせしてすみません…」と菓子折り持って。

おかげさまで周りの方々にも愛されて娘たちは元気に今日も騒いでいます。

お互い顔を知っていて騒がしいのと、知らないで騒がしいのとでは、思う気持ちが違いますもんね。

 

人とのコミュニケーションって最初はかなり億劫ですが、最初の1歩さえ踏み出せばなんてことはなかったりするものです。

特に、出産したばかりで家に閉じこもってばかりだと、残念なことに考えが凝り固まってしまいます。

些細なことでウジウジ悩むなんてしょっちゅう。

そして、周りの人が全員「怖い人」に思えてきちゃうんです。
これはまずいです。

 

意外とみんな優しくて素敵な方ばっかりだと気が付いたのは、やっと最近です。
きっかけは「外にでて、マンションの人たちと笑顔で挨拶できるようになった」こと。

自分から、すれ違う方には笑顔で挨拶をするように心がけ、そして子供たちにも挨拶を指せるようにした結果、理解をしてくれるようになった気がしています。

「愛想悪い人だな」と勝手に思い込んでいたおじいさんがいました。
できるだけ避けるように生きてきたんですが、勇気を出して挨拶するようになったら、いつしかお菓子を送りあう間柄に。

お孫さん(多分超元気な男の子)が春・夏・冬休みに泊まりに来ているんですが、これが本気でうるさいんです。
でもおじいさんの事を知っているし、いい人だってわかっているので全然平気。
もし知らなかったら、怒鳴り込みに行っていたかもしれません。

やっぱり交流があるのとないのとでは、印象が違うもんです。

これは、苦情が来てからはじめてもすでに遅いかもしれません。
集合住宅で子供を育てようと思っているのであれば、まずは笑顔で挨拶は欠かさないようにしましょう。