子供の食が細い!食育ママのイライラ解決法

子供の食が細い時の対処法

食が細い子供たち なんで食べてくれないの?

忙しい中せっかく作ったご飯。
子供の食が進んでいないとガッカリしますよね。よくある話です。

「せっかく作ったのに…」
つい口に出してしまいそうになっちゃいます。

うちの子供たちも食が細く、お菓子はよく食べるのに、朝&夕ご飯は自分の好きなものしか食べないんです。

何度キレそうになったことか…。

食が細い状態が長く続くと、「本当にこの子はこんなに少量のご飯で大丈夫なのだろうか」「私のご飯の作り方がいけないのではないだろうか」「そんなに私のご飯はおいしくないのか」と不安になってきませんか?

本当は無理にでも食べさせたいんですが、食べること自体が嫌いになってしまっては困りますよね。

先輩ママさんはどうやってこの事態を切り抜けていったのでしょうか。

 

まずは子供がご飯を食べない理由を考えよう

子供がご飯を食べないと、自分の作り方が悪いのか!?と思ってしまいますが違うんです。
食べる必要がないから食べないんです。

大人の場合、お腹がいっぱいだと感じていても無理に食べる事は出来ます。

仕事の付き合いで…とか、残すともったいないから…と思うと、例え満腹感を感じていても食べることができますよね。

しかし子供は違うんですよね。
必要がなければ食べないんです。
自分の身体に素直なんです。

では、なぜ子供はご飯を食べないのか、考えられる理由を挙げていきます。

 

 

お腹が空いていない

働きママのおすすめ資格はこれだ 食育アドバイザーお腹がすいていなけりゃ食べません。

もしかしたら、こっそり間食をしていたのかもしれません。
水分を取り過ぎてしまったのかもしれません。
何か遊びに集中しすぎて、空腹を感じていないのかもしれません。

原因は色々ありますが、大半はこの理由で食がすすまなくなります。

うちの子、先日の夕飯で出したきゅうりの浅漬けを2・3切れしか食べなかったものですから「これはおかしい」と思いました。

そこでゴミ箱をのぞいてみたところ…ありましたよ、せんべいの入っていた袋が2枚。
これじゃあ夕飯、食べられませんよね。お腹いっぱいなはずです。

 

生活習慣が乱れている

やらなければいけないことは先延ばしにしないのが家事時短起きる時間と寝る時間は、普段と変わりがないか見直してください。

特に起きる時間がいつもと違うと、全体的に生活リズムがくるってしまいます。

そうすると自律神経のコントロールができなくなり、食欲も減ってきてしまうのです。

長いお休みの時は注意が必要で、大人も生活リズムが乱れがちになりますよね。
それは子供も同じです。

休みの日も、いつもと同じ生活をするように気を付けましょう。

 

体調が良くない

妊娠中の風邪 予防方法と対処法大人もそうですが、頭が痛い、お腹が痛い、熱がある、だるい…
こんな時はご飯は食べたくないですよね。

うちの下の子は特にそうなんですが「最近食が細いなあ…」と思っていると熱が上がってくることが多いです。

下痢や嘔吐、蕁麻疹など、身体に何か症状が出ている場合は、早めにかかりつけの病院に行って原因をつきとめましょう。

 

ストレス

子どももストレスを感じるものです。

例えば、食事のしつけが厳しく子供が嫌だと感じている場合、食欲がガタっと落ちるようです。

うちの上の子の場合、病院からいただいた風邪薬を飲むのが嫌で、食が進まないときがありました。

 

便秘

排便がないと、腸が膨張してしまい、胃を押し上げて食欲を低下させてしまいます。

その場合は食物繊維の多い食品やヨーグルト、水分を多く摂ってもらうようにします。

 

 

運動不足

子どもを保育園に預けるメリット雨の日などで外で遊ぶ時間が少ない時、身体を動かす機会がないのでお腹が空きにくくなります。

身体を動かす遊びを取り入れれば、自然とお腹が空くようになります。

晴れた日はできるだけ外に出てお散歩をしたり、公園に行って走り回ったりしたほうがいいですね。

 

 

子供が食べない時の具体的な対処法

子供が食事を摂らないときの具体的な対処法

無理やりにでも食べさせようとすると、そのことが心の傷となってしまい、大人になっても食事が楽しめなくなることがあります。

解決法はとてもシンプルで「この子はこれ以上食べる必要がない」と気持ちを切り替えてみてください。

もう必要な栄養素は摂っているいる可能性が高く、これ以上は必要がないのかもしれません。

 

 

食事を終わりにし、食器を下げる

食事を終わりにし、食器を下げてしまう無理に食べさせる必要はありません。

食べないで遊びだしたら食器は下げてしまいましょう。
目安の時間は30分~40分です。

もし言葉が通じる年齢の場合は「食器は下げるよ。食事は次のご飯の時間まで出せないよ」と伝えましょう。

最初の頃は2~3時間後に「お腹空いた~」と私のところに来ていました。

その時は小さくにぎったおにぎりを出していたのですが、1~2か月経ったらそのおにぎりも出さないようにしました。

その分、次の食事ではモリモリ食べていましたよ。

 

少なく盛り付ける

離乳食や幼児食の本には、だいたいの目安量が記載されています。

主食だけでみると1日の摂取量は…

 

・1~2歳 270~300g
例)子供用茶碗1杯分のご飯+食パン1枚+うどん1/3玉

・3~4歳 330~350g
例)子供用茶碗1~2杯分のご飯+食パン1枚半+うどん半玉

 

とまあこのくらいなんです。

育児書にはこうかいていますが、モリモリ食べさせるためのポイントは少なめに盛り付けることなんです

その方が残さず食べてくれる確率は上がります。

もしまだ足りないというのであれば、足してあげれば良いんです。
食べ物を残すよりはママの気持ちも子供の気持ちも清々しいでしょう。

 

食材を色々な大きさに切ってどれが食べやすいか観察する

食材を色々と切り分け、適度な大きさを見極めるもしかしたら、食材が食べづらくて残しているのかもしれません。

小さめに切ったものや大きめに切ったものを用意し、どのサイズが食べやすいのか見つけてあげてみてはいかがでしょうか。

ママの本音は、そのままの大きさで出して(面倒だから)、自分で食べやすい大きさに切ってほしいですよね。

ただ、それができないのが子供です。

もし自分でやってほしいという下心がある場合は、子供の目の前で切って見せてあげるんです。ママがやっているのを見ているうちに、子供は自分でやるようになりますよ。

うちの子は朝は食パンなんですが、1枚をそのまま出すと食べにくいんですよね。
そこで子供の目の前でちぎってあげていました。

最初のうちは「ママやって~」と言ってきていたんですが、半年くらい経ったある日から自分でやるようになっていました。

ママに頼むより自分でやった方が早い、と分かってくれたようです。

 

お腹を空かせる

働きママのおすすめ資格はこれだ 食育アドバイザーお腹が空いているときには、体が欲しているので食べてくれます。

生活のリズムを見直し、遊ぶ時間やお昼寝を調節して時間にお腹が空くようにコントロールしてみましょう。

特におやつの時間と量は要注意です。

おやつの時間が遅かったり、量が多くなりすぎたりしてしまい、夕飯の時間がめちゃくちゃになってしまった経験があります。

おやつと夕食の間に3時間以上は開けるようにすると良さそうでした。

 

食器をキャラクターものにする

子供が大きくなってくると、食器にも興味を持ってきます。

保育園で使うお弁当箱やお箸、コップのキャラクターに文句をつけるようになったら、その子はお皿にもこだわりがあるという証拠です。

子どもが興味を持つように、家の食器にもこだわってみましょう。

1~3歳の子は間違いなくアンパンマン。

アンパンマンはみんなのヒーロー。そしてママのヒーロー。
アンパンマンの食器を出されて悲しむ子供は見たことがありません。

 

⇓アンパンマンはまさに神!

3歳以上になってくると、男女で好みが分かれてきます。

私は女の子しか育てたことがないのですが、女の子はとりあえずピンクを出しておけばご機嫌でした。

 

一緒に料理を作る

家事時短 料理の作り置き子どもがお手伝いができるようになったら、一緒にご飯を作ってみましょう。

米炊き、混ぜ物、洗い物…

始めのうちは失敗するのも当たり前。

といでいる最中の米で、子供が団子を作ろうとしたことがあります。
案の定、米は散乱です。

ママとしては絶叫したい気持ちになりますが、そこはグッとこらえ、ママが手本を見せてあげます。
失敗続きでしょうがドンドンやらせてみましょう。

食材を混ぜてもらうのはおすすめです。
料理の工程を見せる事で食べ物に興味を持ちます。

「誰にも内緒よ。お手伝いしてくれる人だけの特権。」と言って味見してもらうのもいいですね。

子供は内緒話が大好きです。
すぐ暴露しちゃうんですけど、そこがまたかわいいじゃないですか。

 

まとめ

どこのお家でも子供にご飯を食べさせるのは苦労するようです。
例にもれず、うちでもそうです。

小学生になった今でも苦労しています。

ただ、小学校でもそうかというと、違うんですよね。
残さず全部食べているんですって。

という事は…私の料理が原因か…

なんてへこむことはありません。

思い出してください。
自分自身もそうではなかったですか?

 

栄養士の先生に相談してみたのですが、その先生自身も食が細かったと話をしてくれました。
でも、小学校高学年のころからだんだん食べられるようになってきたそうです。

先生のお母さんは、食べてくれない野菜を、食べないとわかっていても毎日出してくれていたそうです。

見慣れたおかげで食べられるようになった、と言っていました。

食べてくれないものを根気よく出すのは心が折れそうですが、それも役に立ってるということかもしれませんね。

コメント