産褥期とは?利用したい産褥シッター

産褥期はできるだけ安静にしておいた方が良い!

産褥期は安静第一だけど、そうも言っていられない現実

出産後の体は、自分が思っている以上に弱っているものです。

初めての出産のときは「意外と楽勝だ!これなら2人目を産む時は特に周りの手助けはいらないかな?」なんて思ったので、2人目が出来た時には特に何の準備もしていませんでした。

しかしですね…思ったよりもきつかったんですよね、体が。

身体はフラフラするし、ちょっと歩いただけで息切れはするし、「出産って大仕事なんだなあ」と心底実感しました。

初めての出産と何が違うかって、上の子のお世話があることです。
ここは初産の時とは違います。

フラフラな状態で産前のように家事や子育てはできません。

 

里帰りせず、近所に親戚もいない場合はどうしたらいいでしょうか。

帝王切開での出産の場合は最低でも1か月は安静にしていなければいけません。

他にも出産時の出血が多かったら…産後の回復が遅かったら…
そんなときの対策を知っておくことは大切です。

そこでご紹介したいのが産褥シッターです。

産褥期って何?どんなことがおこるの?

産褥期とは産後6週間~8週間の時期のことをいいます。

例え何のトラブルもなく産まれても、出産ではたくさんのエネルギーを使います。
あの壮絶な陣痛の痛みに耐えるには、今までの人生で使ったことのないくらいのエネルギーを消費しているもんです。

その後の経過が良好でも、自分では「疲れていない」と思っていても、実はママの体はボロボロになり、体に影響が出てしまっているんですよ。

妊娠する前の元の状態になるまでにはどんな出産の仕方をしても時間がかかり、この「出産してから体が完全に回復するまで」の期間が産褥期と呼ばれています。

この時期、ママの体はこんなことが起こっています。

 

✅悪露

✅会陰切開が痛い

✅妊娠線

✅便秘

✅しみ・そばかすが増える

✅産褥熱

✅関節痛

✅乳腺炎

✅むくみ

✅産後うつ

 

悪露

悪露とは、出産で剥がれ落ちた胎盤、傷からの出血です。
出産直後~3、4日目までは量も多く赤い色をしていますが、子宮の収縮が進むにつれて、徐々に量も減って茶褐色になってきます。

1ヶ月検診のときに白色無臭なら回復は順調です。

私の場合、産後3か月くらいまで白色無臭の、小麦粉をお湯で溶いたような粘り気のある物が出ていましたが、特に問題はないようです。

 

会陰切開の傷がチクチク痛む

切開部分は退院までにしっかりとくっつきますが、違和感や痛みが1か月くらい続くこともあります。

いずれおさまりますが、トイレに行くたびに身体に力が入ります。

まずは清潔に保つことが一番。
洗浄綿をあてるように拭いたり、シャワーでキレイに流すことを心がけます。

座るのもつらい方は、ドーナツ型のクッションなどを使って傷を圧迫しないように座ります。

妊娠線

色がだんだん薄くなり、目立たなくなっていきますが、消えることはまずないでしょう。
生活には特に支障はありません。

が、これは妊娠中にしっかりケアをしておけば被害は最小限に抑えられます。

 

便秘

私にとって一番高かった壁はこれです。
産後はどうしても便秘になりがちで、出産された方の半数は経験されています。

原因は、出産時の出血で腸内の水分が少なくなってしまう事、母乳に水分を取られてお母さんの体内の水分量が減ってしまう事、また子育てのストレスにより起こる事もあります。

体の変化による理由以外では、出産時の会陰切開の傷が心配、私の場合は陣痛のトラウマ!?でトイレでいきめなかったり、育児に追われてトイレの時間がとれないまま便秘になってしまう人もいます。

私は、妊娠しているときと同様に水分を2リットル以上、食物繊維を積極的にとる(カルビー フルグラ 800gがおすすめです)ことで、およそ1週間くらいで改善できました。

妊娠中の便秘 私が試した7つの方法
快腸だった私が妊娠中にひどい便秘になった!! 妊娠中はどうしてもお通じが悪くなってしまいます。 妊娠前の私は便秘とは無縁で毎日快調でした。 なのにどうして…。 私と同じ悩みを抱えている方は沢山いらっしゃるようなので、私が...

 

しみ、そばかす、白髪、抜け毛

妊娠中は色素沈着が進んで目立っていましたが、いつの間にか消えます。
しみ、そばかすはホルモンの影響が強いので、妊娠が終われば自然と元通り。

しかし、今度は寝不足と子育てによる疲れで肌荒れが…。
肌の悩みは尽きませんね…。

他に、髪の方も心配です。
私は2人目の出産で、白髪が一気に増えました。

それまでは1か所に5本程度の白髪でしたが、一気にもう手の付けられないほどです。
一時的なものかと思いましたが、最後のお産から2年経った今でも増え続けています。

 

産褥熱

出産のときにできた傷から細菌が入り、感染しておこる発熱を産褥熱といいます。

日本では出産後24時間以降、 10日以内に、2日以上にわたって38度以上の熱が出た場合に産褥熱としています。

私は産後2日に産褥熱になりましたが、ちょうど入院中だったので、すぐに解熱の「カロナール」をいただくことができ、すぐに治りました。

もし2日以上熱が弾かない場合は、医師に診てもらう必要があります。

関節痛

出産後は体の関節の痛み、きしみが起こりやすくなります。

原因はホルモンバランスが変わる事、授乳によりカルシウムが不足する事、赤ちゃんの抱っこなど足腰に負担がかかる生活になる事、妊娠中の体重増加など様々です。

私はヒザにきました。
授乳したあと立ち上がる時によく苦痛を覚えました。

立ち上がり方を工夫してこれ以上悪化しないようにしたところ、半年くらい先には治っていましたね。

乳腺炎

母乳が詰まって炎症が起こる病気です。

炎症がおこると母乳に血や膿が混じり、炎症部分が強く痛んだり熱が出ます。
特に授乳はじめにかかりやすいようです。

母乳はできているのに出ないトラブルなので、まずは母乳を外に出すことが必要です。
ただ、赤ちゃんはまだ母乳を吸う力も弱く上手に吸えないので、搾乳器を使って出すと簡単確実です。

⇩ピジョン搾乳器 手動

これなら軽くて持ち運びも楽なので、仕事復帰したあとでも会社に持っていけます。

家でしか搾乳しないのであれば、電動もありますよ!

むくみ

産後は、手や足にかゆみを伴うむくみが出やすくなります。

出産で子宮に溜め込まれた水分が一気に解放されます。
ママは失われた水分を補おうと必要以上にため込もうとします。

それに加え、母乳で放出される水分を補おうとするため、産後に安静にしていることで血液の流れが悪くなるんですね。

むくみは軽い運動や食事などで軽減することができます。

⇩対処法は、妊娠中のむくみ解消法とほぼ同じです!

妊娠中のむくみ 私がやって効果があった4つの解消法
痛みを感じるほどむくんでしまった!妊娠後期のむくみ 妊婦健診の時、必ずといっていいほど看護師さんから受ける「むくみチェック」。 それだけ妊婦さんはむくみがあるということです。 足首辺りをさわって「あら、むくみがすごいですねぇ~...

産後うつ

マタニティブルーが産後1か月ほどでおさまるのに対し、産後うつは産後1か月目あたりから症状が出てきます。
その後数週間で症状がピークになり、数か月から1年以上引きずる場合があります。

料理のメニューを考えられなくなったり、夕食の買い物を選べなくなったり、また、赤ちゃんが泣いたときにどうすればよいかわからず途方にくれることも「うつ」のサインのひとつです。

私は…よく泣いていましたね。
悲しくないのに涙が…(コキンちゃん)

 

産褥期 床上げするまでは安静に

私たちのおばあちゃんよりもっと前の時代は、病院ではなく自宅で出産するのが一般的でした。

産後のお母さんたちは、しばらく布団を敷いたままにして、できるだけ横になって体を休めていたんです。

お産から3週間~1ヶ月後に布団を片付け、通常通りの生活に戻ることを「床上げ」と呼んだことから、今もこの言葉が残っています。

お産から3週間から1か月も経てば、多くの人が体力を取り戻し、悪露や会陰切開・裂傷の傷口もほぼ治るのは現代でも変わらないので、現代でも床上げという言葉を使っています。

最近でいう「産後の床上げ」とは、無理のない範囲で、少しずつ家事を再開することを指すことが多いようです。

床上げするまでは安静にすることにこしたことはないですが、私の初めての出産のときの印象は「別にそんなに寝ていなくてもいいのではないか」というものでした。

動こうと思えば動けるし、せっかく重たかったお腹もスッキリしたのだから、入院中にたまっていた家事、あまりかまってあげられなかった上の子の世話など、やりたいことはたくさんあります。

しかし心は元気でも体がついていかないのが事実。
二人目となると一人目の時と違ってママ自身、歳もとっていて、あの頃ほどの元気はありません。

今は買い物はネットを使えば簡単に注文できます。
上の子の保育園への送迎も、パパの協力や地域の協力、シッターさんの協力を仰ぐこともできます。

どうせ時期が来れば全部自分でやることになるし、仕事も復帰するんです。
それまでは「産褥期」という境遇にあまえて、とことん楽をしちゃいましょう。

辛い時は「産褥シッター」サービスを使ってみよう

産褥シッターとは、産後のママの体の状態が妊娠前のように回復するまでの産褥期に、ママをサポートするサービスをいいます。

一般的なベビーシッターとは子供の世話だけ、子供の食事介助はするけれど作りはしませんよ、家事もしませんよ、というところが多いのですが、産褥シッターの場合は赤ちゃんの面倒だけではなく、料理や洗濯・買い物など、家事も代行してくれる点が特徴です。

出産後、退院すると看護士さんなどのフォローがなくなってしまいますので、いきなりの育児に不安や悩みを抱えてしまう人も多いようです。
うつの症状やマタニティーブルーになることもあります。

このような場合は、あまり不安や悩みを我慢しすぎず、保健士さんや産褥シッターさんを頼むのも良い選択です。

産褥シッターさんは自分も出産経験者、という場合や、元保健師、保育士という方も多いので、良き相談相手になってくれます。

周りに助けてくれるひとがいない場合は、金額はお高めですが、今まで仕事を頑張ったご褒美としてお願いしてみてもいいでしょうね。

事前の登録が必要なので、妊娠中に色々と調べておきたいところです。

市区町村でもヘルパー派遣事業をしている所がある

産前産後専門のシッターを派遣している業者はたくさんあります。

派遣地域は限定されますが、キッズラインの「産後ドゥーラ」というサービスがあります。

 

ドゥーラ🤝(産褥シッター・ヘルパー)が産前産後の家事育児をサポート- キッズラインドゥーラ🤝(産褥シッター・ヘルパー)が産前産後の家事育児をサポート- キッズライン
 ※東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・福岡・兵庫・茨城・栃木・群馬・静岡
「産後ドゥーラ」は、産前産後の母親に寄り添い、家事や育児をサポートする産後ケアの専門家です。産褥期(さんじょくき)である出産後6週から8週までの期間や妊娠中の産前の家事や子育てを支援します。同時に上のお子様のベビーシッターを相談することも可能です。つわりの時期や産前産後、身体がお辛い時期のお食事作りなどの家事サポート、赤ちゃんの沐浴や上のお子様のお相手などの育児ヘルパー、産褥シッターとしてご利用いただけます。

会員登録前であっても、実際に家に来てくれるシッターの顔写真や経歴を見ることができます。

シッターさんによって変わりますが、大体1時間3000円くらいで手伝いに来てくれるようです。

「もっと安い値段で!という方であれば、各市区町村でそのようなサービスを行っている場合があるようです。

ある都市では、1回2時間1,500円で、食事の準備及び後かたづけ・衣類の洗濯、補修・居室等の日常的な掃除、整理整頓・近隣店舗で持てる範囲の買い物・関係機関との連絡・授乳・おむつ交換・沐浴介助・適切な育児環境の整備など手伝ってくれます。

一般の方が来るわけではなく、都市と契約を結んだ事業者からヘルパーが来るので素人ではありません。

このようなサービスを利用するのも良いですね!

昔からあった産褥シッター やっと認知度が上がってきた!

60代の女性に話を聞いたところ、昔からこういったサービスがあったんだそうですね。
ただ、その頃はインターネットはなく「知る人ぞ知る」サービスだったようで、知っている人は少なかったといいます。

しかし今ではやっと周知されるようになってきました。

産褥期は、やはり一人では辛いもの。
ご主人が育児休業をとれれば最高なのですが、2016年度の男性の育児休業取得率は3.16%と、取れたら奇跡に近い状況です。

これでも過去最高なんですって!

しかも1~5日が4割、5日~2週間が2割という数字。
なんかただの有給みたいです。これじゃあ当てにはできませんよね。

産褥期はママの身体だけでなく、心も不安定な時期です。
一人だけ辛い思いをしていないで、思い切って産褥シッターさんに家事をお願いしてみましょう。

産褥シッターさんの良い所は、ご自身も子育て経験をされてきた人ばかりなので、良き相談相手になってくれるということ。

人に自分の話を聞いてもらうだけで、どんなに心が休まるか…。

もし「話だけでも聞いてほしい!」という場合は、無料相談できるところもあります。

日本助産師会 全国子育て・女性健康支援センター

センターでは、原則月~金曜日の10時~16時、助産師による電話相談を行っています。センターによっては、曜日、時間帯が異なりますので、一覧でご確認ください。

相談内容は、妊娠・出産・子育てをはじめ、思春期、更年期、不妊の悩みなど幅広く対応しています。来所していただいての相談や、ご家庭に訪問しての相談、学校等への講師の派遣なども行っていますのでお気軽にご相談ください。

こういったサービスはどんどん使って行くべきです。

あなたのたった一つの行動がきっかけで、その後子育てがずっと楽になることもあります。
勇気を出して、1歩前に踏み出してみてはいかがでしょうか。