これさえあれば大丈夫!働くママのメイク直しに持ち歩きグッズ9選

これさえあれば大丈夫!働くママのメイク直しに持ち歩きグッズ8選

仕事中の化粧直しに持ち歩きたいメイクグッズ 本当に必要なものは何だろう?

朝、会社に着いたら、汗でメイクがドロドロになってしまっていたり、逆に肌が乾燥してしまって粉を吹いていたり…。仕事終わりには皮脂でベタベタになっている…。

そんな悩みを抱えているママはいらっしゃいませんか?

メイク崩れは女性の敵!
綺麗に魅せるために化粧をしているのに、化け物になってしまったら元も子もありません。

しかし、子どもの保育園などで毎日荷物の多い働くママは、メイク道具を持ち歩くのも一苦労。
本当は全部一式持ち歩きたいところですが、それではバッグがかさばってしまいますよね。

できるだけ荷物は軽くしたいっ!

そこで本記事では「これは持ち歩いた方が化粧直しに便利だよ!」という化粧直しグッズをいくつかご紹介します。

人によってはいらないものもあるので「必要だ!」と思ったものはバッグに忍ばせておきましょう。

 

 

主婦のメイク直し みんなはどのくらいしてる?

そういえば、周りの兼業ママさんたちはどのくらいの頻度で化粧直しをしているのでしょうか。

私の周りの主婦の方々は、職場の昼休憩に1回。仕事終わりの保育園へお迎えに行く前に1回、というママさんが多いです。

中には昼の1回だけという方もいます。

少なくても1日1回は必ず化粧直しをするようです。

その代わり、休日はメイクをせず基礎化粧だけで済ませている方がほとんどでした。

たまには肌を休ませてあげてもいいかもしれませんね。

 

 

主婦が持ち歩いているメイク直しグッズ9選

私が長年女性をやってきて試してみた結果、本当に必要な持ち歩きメイク直しグッズは9点です。

猿の親子私の持ち歩くメイクグッズ9選

チェックボックスティッシュ
チェックボックス乳液
チェックボックス綿棒
チェックボックスファンデーション
チェックボックススプレー化粧水
チェックボックスリップクリーム
チェックボックスアイブロウ
チェックボックスビューラー

 

ティッシュ

化粧崩れの原因、皮脂や汚れをOFFするために、ポケットティッシュを使っています。

使う時は、拭き取るのではなく押えるようにします。

あぶら取り紙を使用する方もいらっしゃるようですが、私の場合、皮脂が取れすぎて乾燥することが多いんです。

市販のティッシュは皮脂や汗をオフしてくれるほか、三角に折って角を使えば綿棒代わりにもなります。

そんなに重くないし、子どもの鼻水を拭くのにも使えるので、ならず上着のポケットやバックの中に入れておきたい物です。

かわいいティッシュカバーをかけておけば、もらい物のポケットティッシュでも可愛く見えますよね!

 

乳液

ご自宅でお使いの乳液を、小分けのボトルに詰め込んで持ち歩いておくといいでしょう。

旅行用の小分けボトルが100円均一ショップに売っていますが、耐久性があまりありません。
もし長く使うのであれば、中身が漏れにくいシリコン製のものがおすすめです。

乳液は、目元のパンダ目になったアイシャドウを落とす時、綿棒につけて使います。

他にも乾燥した肌に部分的に使うのも良いですね。

乳液では油分が多く気になるという方は、化粧水がおすすめです。

 

綿棒

耳掃除に使うことが多いですが、細かい化粧直しの時に重宝します。

とくに目の下の化粧崩れ。
乳液をつけて優しく落とすといいでしょう。

口紅の仕上げにも使えますし、綿棒を使ってアイラインを入れるのも、自然な優しい仕上がりになって良いようです。

いつも5~6本ほど、化粧ポーチに入れて持ち歩いています。

 

ファンデーション

余分な皮脂や汚れを落とした後に使います。

くすみなどの気になる部分がある方は、コンシーラーも用いるとよりキレイに仕上がります。

リキッドファンデーションを使う場合、余計な油分はしっかりティッシュオフすることを忘れないでください。

パウダリーファンデーションを使う場合は、浮いてしまわないように塗り広げた後はパウダーでおさえましょう。

私が使っているのは、マナラの「スティックファンデーション」です。

マナラ 新感覚BBクリーム【リキッドBBバー】
☟公式ホームページはこちら!



マナラを使えば、たった10秒でお肌は整います。
さらにスティック型なので、化粧ポーチの中でもかさばらないのが良いんですよね。

 

 

スプレー化粧水

乾燥したとき、化粧直しの仕上げにサッとひと吹きさせ、ティッシュで押えると乾燥を押えることができます。

乾燥は美容の敵。
香りが少なく、油分の少ない化粧水を選ぶと良いでしょう。

化粧水も大切ですが、水分補給もしっかり行いましょう。

デスクワークの方も同様です。
ずっと座りっぱなしで動かないですが、思った以上に体は乾燥しているものです。

白湯や常温の水が体に優しくたくさん飲むことができるのでおすすめです。

 

リップ

食事の後は必ずチェックしておきたい口元。

口元を美しく保つことによって、見た目の印象も変わってきます。

また、冬の乾燥している時期には唇の荒れも気になりますよね。

私は口紅は朝の1回、化粧直しの時はリップグロスを使用しています。

 

アイブロウ

眉毛がないと、恐ろしいほど顔が変わってしまいます。

それが怖くて、私は普段からあまり眉毛をいじりませんが、それでも眉毛を描かないといけない状態にあります。

しかもせっかく描いた眉も汗や皮脂で落ちやすいんですよね。

メイク直しで一番最初にチェックしたい部分です。

 

ビューラー

マスカラをつけるのは朝の1回で十分です。
できればウォータープルーフの物を使うと、夕方まで重ね付けせずに済みます。

問題は、時間がたつにつれてまつげが下がってきてしまうこと。

なので化粧直しの時はビューラーだけを使用します。

ビューラーでまつ毛を上げるだけでも違いますよ。

ビューラーやアイブロウなど、家でも外でもよく使うものは、外出用と家用の2つ用意してもいいかもしれません。そうすれば、メイクグッズをバッグに入れっぱなしにできますもんね!

 

プレストパウダー

プレストパウダーは、化粧後のテカリを抑えてくれるものです。

特に、リキッドファンデーションを使っている方におすすめ。
リキッドファンデは伸びが良くて使いやすいのですが、水分が多く仕上がりにベタツキがあります。

それを隠してくれるのがプレストパウダーです。

人気があるのは、敏感肌の方でもOKの「ポイントマジックPRO プレストパウダー」です。

毛穴がしっかり隠れ、乾燥しにくいと評判が高く「なくなったら困る!」という口コミが多いんですよ!

 

どうして!?化粧崩れの原因は?

どうして必ずと言っていいほど化粧崩れが起こるのでしょか。

一生懸命仕事を頑張っているから?
もしかして、値段の安い化粧品を使っているからでしょうか?

考えられる原因は3つあります。

猿の親子化粧崩れがおきる原因

チェックボックス
チェックボックス乾燥
チェックボックス皮脂

汗による化粧崩れ

人は1日、自分で感じる以上にたくさん汗をかきます。

そのほかにも、仕事中には冷や汗たら脂汗やら…
色々な汗をかきますよね。

汗の成分は、99%が水分です。

特に夏の暑い日は、体温調節のため汗は多量に出るため、まさに汗で化粧を洗い流しているような状況になってしまうのです。

 

乾燥による化粧崩れ

冬であれば空気は乾燥していますし、夏場であれば空調の効きすぎた室内や車内、実は冬の外気以上に空気が 乾燥していることが多いです。

とういことは、1年中乾燥する状態にいることになります。

さらにファンデーションなどのパウダー状のメイクアップ化粧品は、水分をあまり含んでいないので、思っている以上に肌の乾燥を進ませます。

ただでさえ空気が乾燥しているところで過ごしているのに、さらに肌を乾燥させる化粧品がのっているのですから、肌が乾いていくのは当たり前です。

乾燥で肌表面は粉が吹いたようになることで、化粧品の肌への 吸着力が落ち崩れやすくなってしまうのです。

 

皮脂による化粧崩れ

化粧品は油分によって緩み、落ちやすくなります。

油分である人間の皮脂が汗と共に多量に分泌されることで、簡単に化粧は落ちてしまうのです。

皮脂とは、肌を守る大事なもの。
しかし出すぎることで、肌に様々なトラブルを引き起こします。

 

メイク直しの方法 ファンデーション編

 

まず最初に気になるのはファンデーション崩れです。

ただ上塗りするだけだと、化粧が濃く見えておばさん臭くなってしまうのが悩みの種ではありませんか?

 

ファンデーション直しの基本

まず最初に、一番崩れやすいファンデーションを治す、私の方法をご紹介します。

■必要なもの■

ティッシュ・ファンデーション・化粧水ミスト

 

 

猿の親子ファンデーション直しの方法

チェックボックステッシュオフをする
チェックボックスファンデーションを乗せる
チェックボックスミスト化粧水で仕上げ

 

 

テッシュオフをする

Tゾーンなどににじみ出た油分を、軽くティッシュオフします。

あぶらとり紙でもいいのですが、油分や水分が取れすぎてしまう可能性があるのです。

もし乾燥が気になる場所があれば、乳液をなじませます。
小さいボトルに入れて化粧ポーチに入れておくと便利ですね。

 

ファンデーションを乗せる

乳液をつけた部分や小鼻の周りなどお直し部分に、パウダーファンデーションを重ねます。

朝よりもうすく重ねるのがポイントです。
塗りすぎると、いかにも「今、化粧を直してきたでしょ」と周りにわかってしまうからです。

 

ミスト化粧水で仕上げ

最後にファンデーションの上から使える美容液ミストを、お肌全体にひと吹き。

その後、手のひらを合わせて温めて、頬や目の下に当てて軽くプレスします。

余分な化粧水はティッシュオフしましょう。

 

汗や皮脂でテカったり、ファンデが崩れてしまった場合

折りたたんだティッシュで、Tゾーンや小鼻、あごなど、テカリやファンデの浮きが気になる部分だけを軽く押さえます。

長男 猿一
力を入れて押し当てないのがポイントだよ!

あぶらとり紙だと必要な皮脂まで取り過ぎてしまうことがあるので、ティッシュがおすすめです。

ティッシュで汗や余分な皮脂をオフしたら、プレストパウダーまたはパウダリーファンデをスポンジをすべらせるようにして塗ります。

 

乾燥によるファンデのヨレや、肌のシワっぽさが気になる場合

ファンデがヨレてしまったところや、シワっぽさが気になる部分にクリームまたは乳液を少量なじませます。

次男 鶏二
使う乳液の目安は小豆粒大だよ!

これでヨレたファンデがオフでき、保湿も完了です。

肌がベタつかなくなるまでクリームや乳液がなじんだら、スポンジでパウダリーファンデまたはプレストパウダーを塗ります。

ファンデをオフした部分と、その周りの肌がなじむように、オフした部分より少し広めに塗るのがポイントです。

 

メイク直しの方法 目元編

 

相手への印象を左右する目元。

そして、時間がたつにつれてパンダ目になりやすいところです。

小まめに鏡でチェックして、常に美しく保っていたい部位ですよね。

ただ、あまりゴシゴシと化粧直しをすると、乾燥でしわの原因になってしまいます。
そこで、私がやっている目元のメイク直しの方法をご紹介します。

 

猿の親子目元メイクの直し方

チェックボックス綿棒でメイクのにじみをオフする
チェックボックスパウダリーファンデまたはプレストパウダーをスポンジで薄く塗る

 

 

マスカラの直し方

アイラインやマスカラがにじんで、目の下が黒々…という経験をしたことがある人も多いと思います。

特に仕事に集中していると、パンダ目になっているのに気がつかず 目の下が黒っぽいとクマのように見えて一気にお疲れ顔になってしまうので、まずはにじみをすっきりオフしましょう。

1.綿棒でメイクのにじみをオフ

2.パウダリーファンデーション、またはプレストパウダーをスポンジで薄く塗る

 

綿棒でメイクのにじみをオフする

マスカラが下まぶたに落ちてしまっていたら、綿棒を使ってオフします。汚れた部分にあて、くるくる左右に動かしながら取るとうまくいきますよ。

最初に乳液を付けてからとると、肌への負担も減ってシワの防止になります。

 

パウダリーファンデまたはプレストパウダーをスポンジで薄く塗る

綿棒でメイクのにじみをオフっすると、目元のファンデも取れてしまいます。

なので、パウダリーファンデまたはプレストパウダー(「プレストパウダー」とは、しっかりした固めの触感が特徴のファンデーションのこと。

パウダータイプであるにもかかわらず、リキッドタイプのようにくっきり、しっかりつけることができる)をスポンジで薄く塗ります。

そして、折ったスポンジの先をすべらせるようにして、目の際まで塗ります。

クマをコンシーラーでカバーしている方は、パウダーを塗る前にコンシーラーで再度カバーします。

大人びたシャープな雰囲気を出したい場合は、プレストパウダーを使うほうが、イメージ通りに仕上げやすくなります。

 

眉尻を直す方法

眉の主なお悩みは、「気づいたら眉尻だけ消えてしまっていた」ということですよね。

でも、メイク直しで眉尻だけ描き足すと、いかにも描き足したという不自然な眉になってしまいますよね…。

それを防ぐために必ずしたいのが、描き足す前後に眉をブラッシングすることです。

描く前のブラッシングで毛流れを整え、眉頭や眉山部分のアイブローパウダーを眉全体になじませます。

そして描いたあとにもブラッシングすることで、描き足した部分をぼかして、描き足していない部分と差が出ないようにしましょう。

1・アイブローブラシで眉全体を軽くブラッシング
アイブローブラシで眉全体を軽くブラッシングして整えます。

2・眉尻をアイブローペンシルで描き足す
ベタっとした眉にならないように、毛を1本1本足すように描きます。

3・描き足した部分とほかの部分をなじませる
描き終えたら、描き足した部分をブラッシングでぼかして、ほかの部分となじませます。

 

いつも美しいママでいたい!

メイク直し用のグッズは、家用とは別にしています。つまり私は全部で2個づつ持っているということになります。

2個持つことによってバックに入れっぱなしにできますので、持っていくのを忘れてしまうことがありません。

 

メイク直し用のビューラーなどは、100円均一ショップの物でも十分使用できます。

年齢を重ねるにつれてよく思いますが、メイク直しの重要性は凄く感じます。
せめて昼休憩中の1回だけでも、鏡で自分の顔をチェックしておくといいですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました