これさえあれば大丈夫!働くママがメイク直しに持ち歩きグッズ8選

兼業主婦の化粧直し

仕事中の化粧直しに持ち歩きたいメイクグッズ

朝、会社に着いたら、汗でメイクがドロドロになってしまっていたり、逆に肌が乾燥してしまって粉を吹いていたり…。仕事終わりには皮脂でベタベタになっている…。

そんな悩みを抱えているママはいらっしゃいませんか?

メイク崩れは女性の敵!
綺麗に魅せるために化粧をしているのに、化け物になってしまったら元も子もありません。

しかし、子供の保育園などで毎日荷物の多い働くママは、メイク道具を持ち歩くのも一苦労。
本当は全部一式持ち歩きたいところですが、それではい持つがかさばってしまいますよね。

そこで、「これは持ち歩いた方が化粧直しに便利だよ!」という化粧直しグッズをいくつかご紹介します。

「必要だ!」と思ったものはバッグに忍ばせておきましょう。

主婦のメイク直し みんなはどのくらいしてる?

私の周りの主婦の方々は、職場の昼休憩に1回。
仕事終わりの保育園へお迎えに行く前に1回、というママさんが多いです。

中には昼の1回だけという方もいます。

少なくても1日1回は必ず化粧直しをするようです。

その代わり、休日はメイクをせず基礎化粧だけで済ませている方がほとんどでした。

たまには肌を休ませてあげてもいいかもしれませんね。

主婦が持ち歩いているメイク直しグッズ8選

私が普段、持ち歩いているメイク直しグッズは8点です。

✅ティッシュ

✅乳液

✅綿棒

✅ファンデーション

✅スプレー化粧水

✅リップクリーム

✅アイブロウ

✅ビューラー

ティッシュ

化粧崩れの原因、皮脂や汚れをOFFするために、ポケットティッシュを使っています。

拭き取るのではなく押えるようにして使用してください。

あぶら取り紙を使用する方もいらっしゃるようですが、皮脂が取れすぎて乾燥することが多いんです。

市販のティッシュは皮脂や汗をオフしてくれるほか、三角に折って角を使えば綿棒代わりにもなります。

そんなに重くないし、子供の鼻水を拭くのにも使えるので、ならず上着のポケットやバックの中に入れておきたい物です。

長男 猿一
かわいいティッシュカバーをかけておけば、貰い物のポケットティッシュでも可愛く見えるよね!

乳液

ご自宅でお使いの乳液を、小分けのボトルに詰め込んで持ち歩いておくといいでしょう。

旅行用の小分けボトルが100円均一ショップに売っています。

乳液は、目元のパンダ目になったアイシャドウを落とす時、綿棒につけて使います。

他にも乾燥した肌に部分的に使うのも良いですね。

乳液では油分が多く気になるという方は、美容液がおすすめです。

綿棒

耳掃除に使うことが多いですが、細かい化粧直しの時に重宝します。

とくに目の下の化粧崩れ。

乳液をつけて優しく落とすといいでしょう。

口紅の仕上げにも使えますし、綿棒を使ってアイラインを入れるのも、自然な優しい仕上がりになって良いようです。

いつも5~6本ほど、化粧ポーチに入れて持ち歩いています。

ファンデーション

余分な皮脂や汚れを落とした後に使います。

くすみなどの気になる部分がある方は、コンシーラーも用いるとよりキレイに仕上がります。

リキッドファンデーションを使う場合、余計な油分はしっかりティッシュオフすることを忘れないでください。

パウダリーファンデーションを使う場合は、浮いてしまわないように塗り広げた後はパウダーでおさえましょう。

私が使っているのは、マナラのスティックファンデーションです。これなら10秒でお肌は整います。

☟マナラ 新感覚BBクリーム【リキッドBBバー】



スプレー化粧水

乾燥したとき、化粧直しの仕上げにサッとひと吹きさせ、ティッシュで押えると乾燥を押えることができます。

乾燥は美容の敵。

化粧水も大切ですが、水分補給もしっかり行いましょう。

デスクワークの方も同様です。

ずっと座りっぱなしで動かないですが思った以上に体は乾燥しています。

白湯や常温の水が体に優しくたくさん飲むことができるのでおすすめです。

リップ

食事の後は必ずチェックしておきたい口元。

口元を美しく保つことによって見た目の印象も変わってきます。

私は口紅は朝の1回、化粧直しの時はリップグロスを使用しています。

アイブロウ

眉毛がないと、恐ろしいほど顔が変わってしまいます。

それが怖くて、私は普段からあまり眉毛をいじりませんが、それでも眉毛を描かないといけない状態にあります。

しかもせっかく描いた眉も汗や皮脂で落ちやすいんですよね。

メイク直しで一番最初にチェックしたい部分です。

ビューラー

マスカラをつけるのは朝の1回で十分です。
できればウォータープルーフの物を使うと、夕方まで重ね付けせずに済みます。

問題は、時間がたつにつれてまつげが下がってきてしまうこと。

なので化粧直しの時はビューラーだけを使用します。

ビューラーでまつ毛を上げるだけでも違いますよ。

いつも美しいママでいたい!

メイク直し用のグッズは、家用とは別にしています。つまり私は全部で2個づつ持っているということになります。

2個持つことによってバックに入れっぱなしにできますので、持っていくのを忘れてしまうことがありません。

メイク直し用のビューラーなどは、100円均一ショップの物でも十分使用できます。

年齢を重ねるにつれてよく思いますが、メイク直しの重要性は凄く感じます。
せめて昼休憩中の1回だけでも、鏡で自分の顔をチェックしておくといいですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る