忙しい兼業主婦の時短メイク法 これで朝時間短縮できる!

 

兼業主婦の時短メイク法

兼業主婦の時短メイク・スキンケア法で忙しい朝を乗り切る!

 

スキンケアはお肌にしっかりと馴染ませることが基本であるため、じっくり行うとするとどうしても時間と手間がかかってしまいますよね。

例えば、いつもの時間よりも早く起きてスキンケア・メイクをするという方法があります。

 

長男 猿一
ママの会社の友達、朝1時間かけてメイクしてくるんだって!
次男 鶏二
その分、朝早く起きているらしいよ!

 

しかし、睡眠をしっかりとることもお肌を美しく保つためには大切なことなので、寝不足になってまでスキンケアの時間を捻出するというのはなんだか矛盾しています。

朝のスキンケア・メイクが雑になってしまったり、朝は私のようにスキンケア自体を諦めてしまっているという人もいるかもしれませんが、スキンケアというのはなにも時間をかけさえすればいいというものではありません。

時短=手抜きという考えは昔のもの。

短時間でも十分な効果を得られる方法が調べればいくらでもあります。

 

■point■
手早くメイクをするコツは、時短コスメやオールインワン化粧品を使って、やる順番を決めておくことです。

 

時短メイクのポイント

何かとやることがたくさんある朝はできるだけ自分のことには時間を割きたくありません。しかし私たちは仕事がある身、メイクは身だしなみの一つでありエチケットです。

中にはメイクに1~2時間かける人もいるそうですが、そこまでかけずともよい、少しの時間で人前に出られる顔になればそれでいい、そんな方におすすめの情報です。

さて、ではどのように工夫すれば時間短縮できるのでしょうか。以下のポイントを押さえるといいですよ!

 

目標タイムは3分以内

隙間時間を徹底的に探そう 働くママのおすすめ資格勉強法みなさんは「時短メイク」といわれた場合、どれぐらいの時間を想定するでしょうか。

私は実際10分くらいでやっていますが、これでも十分早い方ではないかと思っていました。

しかし私の考えは甘かった…時短メイクの目標タイムは驚異の3分以内です。
ポイントさえ押さえれば、3分でフルメイクを完成させることが可能なんです。

 

自分を知り、時短化粧品を知っておく

時短メイクのためには、あらかじめ自分の体質や肌質、手持ちの化粧品類について把握しておくことが大切です。そして自分に合ったものをそろえておきます。

いらないものは処分して、常に取り出しやすいようにしておくことも大切です。探す時間がもったいないですからね。

また、肌の状態を日々確かめることも大事です。

そうすることで、時短であっても手抜き感もなく、肌への負担も少ないメイクができるからです。

化粧していく順番も決めておくと、考える時間、迷う時間が無くなりますよ。

私は使う順番に机の上に並べています。

右からファンデ、アイライナー、アイシャドウ、アイブロウ、マスカラを順番に並べてから化粧し始めます。こうすれば、いくら急いでいてもやり忘れがないんですね。

 

時短コスメを取り揃える

時短メイクを実現する最もシンプルな方法は、はじめから時間のかからない化粧品類を揃えておくことです。

つまり、時短コスメを上手に活用することが大事だというわけです。

時短コスメの進歩にはめざましいものがあり、今ではひと手間で終わらせられるファンデーション や口紅、また、パウダーチークが一体型となったチークインブラシまであるほどです。

日頃から新商品情報にアンテナを張っておくことも重要ですね。

 

驚異の3分メイクテクニック

オールインワン化粧品って何?

それでは時短メイク7つ道具を使った簡単時短メイクの手順と注意点を見ていきましょう。

メイク台の前に座る前に、できれば家事をしながら下準備をしておくと肌質も良くなります。

 

 

 

(1)BBクリームを両手で一気につけていく

片手だけでやりがちなBBクリーム(リキッドファンデーション)は、両手をめいっぱい使うことで時間が短縮できます。BBクリームなので、下地とコンシーラーのステップを一気に終えることができます。

UVカット効果があるものであれば、ここに日焼け止めのステップもプラスされます。

なるべく肌に負担をかけないように気をつけながら、優しくつけていきましょう。

パフは使いません。

パフの管理(洗ったり干したり)が面倒だからです。

いままでパフを使っている方は「え!?」と思うでしょう、私もそうでした。

でもね、慣れです。

慣れてくると手で塗る方がよく馴染無ことが分かってきます。

 

 

(2)フェイスパウダーではたいていく

テカリ防止のため、BBクリームとセットで使います。
特に夏場は使った方が良いでしょう。

ここでのポイントは、大きめのパフを使うことです。

大きいパフであれば、はたく回数を減らすことができます。

 

(3)チークインブラシをのせていく

パウダーチーク型のブラシは、時短メイクには欠かせない道具です。

パフでのせるだけのチークでもいいと思いますよ。

ちなみに私はチークはつけませんのでこの工程は省いています。

 

(4)グロスタイプのリップクリームをつける

グロス一体型のリップであれば、ひと塗りで潤いと美しさの両方を手に入れることができます。

歳を取るごとに唇が紫色になっていっているのは私だけでしょうか…

唇は思っている以上にその人の印象を大きく左右します。

時間がない中でも欠かさないようにしましょう。

 

(5)アイシャドーをつける

粒子が大きめのパール系のものが理想的です。

粒子が大きいと一度塗りだけで充分な発色を得ることができるからです。

まぶたはとても皮膚が薄くデリケートな部位なので、なるべく負担をかけないように優しくそっと、そしてサッとひと塗りでいきましょう。

 

(6)アイライナーを引く

フェルトタイプのリキッドアイライナーは乾きが早いのでおすすめです。

ポイントは、引く回数を少なくすること。

そのためにも、なるべく書きやすいものを選びましょう。

アイライナーは1発で決まるとスカッとしますよね!これは日頃の鍛錬と集中力が必要です。

一度失敗すると修正に時間がかかりますので、ここは集中のしどころです。

 

(7)眉を書く

ブラシタイプの眉マスカラなら、一度なぞるだけできれいな眉をつくることができます。事前に眉毛を整えておくことも大切ですね。

 

これで変身完成です!

このような方法であれば、3分でメイクを完成させることも可能だという人もいるほどですが、短ければいいというものでもありません。

しかしこの方法なら、だいぶ時間短縮できるのではないでしょうか。

 

 

時短メイクのポイントは目!

時短メイクのポイントは目

目が相手に与える印象はとても大きいです。

印象強い目のヒントは『目の黄金比率』にあります。

黄金比とは古代ギリシャから使われており、最も安定して美しい比率とされています。

その黄金比と照らし合わせると、目がタテ1:ヨコ3の比率だと、顔全体も美しく見えるそうなんですよね。

 

私はどんなに時間がなくても、アイメイクだけはしていきます。

あとはマスクで隠す!頭には帽子!

これだけでも相手にはメイクをばっちりしているように見えるので簡単です。

では、上記の「3分間メイクテクニック」よりは多少時間がかかりますが、印象的な目にするメイク法をご紹介します。

 

ビューラーでまつ毛を上げておく

まずはビューラーでまつ毛を上げておきます。

根元から毛先に向かって3〜4回に分けて上げていくとキレイにカールします。

上がり方が足りない時は最後に根元だけを挟むと、角度がグンッと上がります。

昔聞いたことがあるのは、使用する前にビューラーをライターで温めておく、という方法です。

そのほうが、よりまつ毛がカールしやすいのです。

しかし、例えばライターであぶるとぼ~っとしていると熱くてやけどするときもあるし、ビューラーのゴム部分が燃えてしま事もあるので、私は今はやっていません。

その代わりホットビューラーという素敵な商品があります。乾電池でビューラーが温まるという物。

 

☟パナソニック ホットビューラー

 

これなら火事の危険と隣り合わせになりながらライターでビューラーを温める必要はありません。

電池式で持ち運びもできるし、値段もリーズナブルです。

 

アイシャドウは1色で

時短メイクではアイシャドウ1色でちゃちゃっと仕上げます。

まぶたを明るく見せる肌なじみのいい色か、まぶたに深みを与えるブラウンなどの暗めの色がオススメです。

私もブラウンにしています。

どちらを選ぶにしても、パールの入っているものの方が使いやすいです。

アイシャドウを買ったときに付いているようなミニサイズのブラシでを使うのではなく、別売りのアイシャドウブラシを使うとキレイに早く仕上がります。

ブラシにたっぷりと取ってアイホール全体に広げます。

目を大きく見せるには、色は華やかなものではなく暗めの物を選んだほうが無難です。

ブルーやピンクを選んでいる職場の先輩がいますが、おそらくつけ方が良くないんだと思いますが私にははれぼったく見えて、しかも「気合い入れて化粧してますっ」という印象を受けています。

 

アイライナーとマスカラ

いくら時短メイクでもアイラインとマスカラは欠かせません。

アイシャドウができなかったとしても、この2つだけで目の印象が全く変わってきます。

アイラインが苦手な人はリキッドではなくペンシルタイプのアイライナーを使うといいと思います。

私がよく起こす事故ですが、リキッドアイライナーだと、もし失敗したとき修正にえらく時間がかかってしまいます。

ペンシルアイライナーでまつ毛のきわにザックリとラインを引いて、綿棒でなぞれば多少の失敗はごまかせます。

マスカラはささっと1回塗るだけで終了です。
塗るつけまつげなるマスカラもあります。

☟デジャヴュ ファイバーウィッグウルトラロング

 

まつげ1本1本をフィルムでつるんとコーティングするマスカラ式のつけまつげです。

フィルムタイプだから皮脂・汗をはじいてパンダ目になりにくく、ファイバーが元あるまつげを長く見せてくれます。

まつ毛の量が気になる方は使ってみてもいいかもしれませんね。

2度塗りすると効果倍増です。

 

オールインワン化粧品は時短メイクにかかせません!

オールインワン化粧品は時短メイクにかかせません!

あれこれ化粧品を使うのを卒業し、化粧水や美容液、乳液といったスキンケアがワンステップで済む手軽さを体験してみてもいいと感じます。

化粧水、美容液、乳液をそれぞれ使うことで「ケアしてる」という気持ちを感じることができて私は好きですが、それぞれ肌に浸透するのには時間がかかります。

時間があるんだったら是非使っていたいんですが、どれもこれもが肌の奥に浸透せず、中途半端に終わってしまっているようです。

それにオールインワンで「本当に一つで大丈夫なの?」という心配もありますが、最近のオールインワン化粧品は保湿機能をしっかり備えているものが多いので安心して頼って大丈夫だという専門家が多くいます。

時間短縮の面からみると外せない1品ですね。

毎朝のスキンケアにはもちろん、出張や旅行の時にも便利なので、一つ持っておくと重宝します。

乾燥を感じるようなら重ねづけをしたり、季節や肌の状態に合わせて高保湿タイプのものに切り替えるなど、工夫次第で美肌力アップの強い味方になってくれるようです。

 

おすすめの朝パック!忙しくてもできる方法は家事をしながら!

おすすめ朝パック!忙しくても美しくなることをあきらめちゃダメ!

朝パックってどうしてあんなに気持ちがいいんだろう!眠気まなこもパッチリ!目が覚めるし、気持ちもシャキッとします。

本当は毎日でもしたいくらいなんですが…いやいやできるんです!

実はパックほど時間を取られない美容法はない!と私は思っています。

なぜなら「何か仕事をしながら出来る美容法」の代表格だからです。

パックの間は特にジッとしている必要はないと思いませんか?だったらパックしている間、どんどん家事を済ませていけばいいんですよ。

部分用のパックなら、パックしたまま身じたくも可能です。大きいフルサイズパックをしたままの着替えはやりづらいですものね。

少しの時間パックするだけでも、いつもとは明らかに違う化粧ノリを実感することができます。

私も実践していますよ!

 

手作りパックでお金節約

コットンを薄く広げて化粧水をたっぷり染み込ませ、ホッペの貼ったまま皿洗いをする、という安上りな方法があります。

安い化粧水を使っていますので惜しみなく使う事ができるし、するとしないとでは化粧のノリは断然違います。

 

効果が高いのはオールインワンシートマスク「輝肌マスク」

手持ちの化粧品でパックするのではなく、もっと高い効果を期待したい場合は「オールインワン」のシートマスクが販売されています。

私が使ったことのあるのは「輝肌マスク」です。

これをしながら家事をします。

すると、家事が一つ終わるころには肌もプルプルの状態になっていて、化粧ノリも良くなるわけです。

 

☟輝肌マスク 詳細はこちら!



輝肌マスクは、洗顔後に貼るだけでOK。

たった10分するだけなので、手間暇はほとんどかかりません。

■point■
 化粧水・乳液・美容液・クリームの4つの役割を持っている輝肌マスクは、プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸等、30種類の美容成分を300ml配合しています。

 

シートマスクの魅力は両手が開くだけではありません。
手早く、しかも確実に保湿できるのがメリットです。

配合成分が良いので、手持ちの化粧水でマスクするよりもシットリ感は違います。

 

 

まとめ

パックは放置できるし両手が空く、それでいて家事も同時進行でできるので、時間短縮を日々模索しながら美容にも気を遣う働くママには外すことのできない美容法です。

乾燥の気になるパーツだけに部分用のシートマスクを使用すれば、貼ったままで食事や朝の準備ができますし、メイクのりもアップします。

 

結局のところメイクの時短で重要なのは、どんなメイクグッズやお手入れグッズを選ぶかという事です。

オールインワンのものはそれ1本で済ませる、浸透力アップをする場合は両手が空くシートマスクを使う。

それだけの違いで忙しい朝でもスキンケアできるようになります。

 

肌年齢はとどまりません。

ここいらで何とか食い止めたいものですね。一緒に頑張りましょうね!

コメント