基礎化粧品の役割を知って時短!30代に必要なスキンケアは?

 

意外と知られていない、知っておきたい基礎化粧品の効能

意外と知られていないからこそ知っておきたい基礎化粧品の効能

そもそも基礎化粧品とはなんでしょう?

みなさん、基礎化粧品は使っていらっしゃいますか?今は手軽に通信販売で購入する基礎化粧品の需要が、働くママの間で高まってきています。

 

次男 鶏二
私たちが使う化粧品は、スキンケアを目的とする基礎化粧品と、メークをするためのメーキャップ化粧品の2種類があるよ!

 

<基礎化粧品>

お肌を清潔にし、潤いを与え、すこやかに保つのが目的です。すっぴんでも恥ずかしくない肌を手に入れるには、こちらに重点をおいていかなければなりません。

<メーキャップ化粧品>

シワやシミなどを隠して、肌をキレイに見せるのが目的です。

 

汚い部分を隠す、というイメージですね。その時は美しいですが、根本的な美肌への解決にはなりません。

このように、どちらも同じ化粧品と呼ばれていますが目的は違います。

 

基礎化粧品とは?

スキンケアをするための基礎化粧品とは、洗顔料や化粧水、美顔パック、乳液・美容液、クレンジングクリームなどのことです。

 

長男 猿一
お肌の調子を整えることですこやかな肌を保つ基礎化粧品のことをいいます。

 

紫外線対策で使用されているUVカットの日焼け止めや、パック、ヒゲそり後のスキンケアローションなども、肌のお手入れで使う基礎化粧品と言うことができます。

 

長男 猿一
メーキャップ化粧品のノリをよくする目的でも、基礎化粧品は使われるよ。

 

お肌が乾燥したり荒れていたりすると、メークした時に粉っぽくなったりムラができたりしてしまいますよね。

その際に乳液や美容液でお肌に水分を与え、土台を整えてからメークをすることで、美しく滑らかに仕上がります。

本当はすっぴんでも恥ずかしくない素肌でいることが最高の時間短縮術なのですが、そのためにも基礎化粧でお肌のお手入れはしっかりしましょう、ということですね。

正直、女30代半ばに差し掛かった私が今更始めて間に合うのだろうか…もうこのボロボロなお肌は修正不可能なのではないか心配です。

 

30代からの基礎化粧品 まだ間に合う?

 

女性ホルモンの影響を感じ始めるのはこの年代です。

男性的な働き方で仕事に追われる兼業主婦の中には、早い人ではもう更年期障害や女性ホルモン低下による肌の変化が現れます。

「更年期障害なんて早くないか?」と思いますが、30代で更年期障害になる方、今結構増えているようですよ。

また、妊娠出産をこの年代で迎える方は、体力とホルモンバランスの変化で肌が大きな影響を受けます。

一方で時間や体力は減りつつも、経済力は上がる30代。

肌の不調に抗うために、経済力でカバーしようという女性が増える年代でもあります。

本格的な不調が訪れる40代前の対策で、その後の肌に大きくアドバンテージを作ることができます。

そう、30代からのスキンケアでも全く遅くはないのです!

 

 

 

化粧水・乳液・美容液の効能は何?

化粧水・乳液・美容液の効能は何?

スキンケアといったらこの3つではないでしょうか。

毎日この3つでケアをしている方も多いでしょう。

では、それぞれにどのような効果があるかはご存知ですか?
今日はそこのところを勉強していきましょう。

 

化粧水の効能

顔を洗った後、まず始めににつける基礎化粧品を化粧水といいます。

 

長男 猿一
化粧水は肌を保湿して、キメを整える役割があるよ!

 

顔を洗った後の肌は、汚れと一緒に、保湿に欠かせない油分や成分も洗い落とされており、バランスの良くない状態にあります。

 

次男 鶏二
カラッカラの状態になっているわけだね!

 

そのときに、化粧水で速やかに保湿成分や水分を補完することで、肌にしっとり感や潤い感をもたらし、その次の美容液も染み込みやすくなります。

 

化粧水の成分は、水の割合が70%から80%を占めていますが、単純に水を肌に塗っただけでは、表面が濡れてしまうだけです。

 

長男 猿一
水だけ塗ると、水分蒸発の際に相乗効果でもともとあった水分も一緒に蒸発していってしまうんだよ!

 

化粧水は肌をしっとりさせる成分として、浸透力のグリセリンなどや、水分の蒸発を保護するコラーゲンやヒアルロン酸などを上手に配合することによって、肌に溶け込みやすくなるような工夫が水分意外の20~30%でされています。

また肌の目的により、化粧水にはさまざまな種類があります。

美白やシミ、そばかすなどに対応したものや、ニキビに対応した化粧水もあります。

 

 

乳液の効能

乳液はべたつくから使わない、脂性肌だからスキンケアは化粧水だけでたまに気が向いた時だけという私。

でもその考え方、乳液を誤解していることが判明しました。

乳液は、ほとんど(70~80%)が水分でできている化粧水とは違い、20~30%の油分を含んでいます。

 

長男 猿一
乳液は化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋の役割を担っているんだよ!

 

そして、乳液自体にも潤いを与える効果があるため、「お肌に潤いを与える+蓋をして乾燥を防ぐ」という二つの効果をもっています。

洗顔、化粧水に続いて乳液をつけるところまでが、スキンケアの基本となり、どれも外せない要素です。めんどくさがっている場合ではありません。

乳液のべたつきが気になる場合は、その乳液が合っていないか、量が多すぎる可能性が考えられます。

脂性肌といっても、乳液なしではお肌は乾燥してしまいますから、さっぱりタイプの乳液を選んで化粧水の後に適量を使用するのがいいですよ!

 

乳液には色々な種類がある

乳液の種類は、「保湿乳液」「UV乳液」「ティント乳液」の3つにわけることができます。

保湿乳液

いわゆる一般的な乳液全般のことです。

UV乳液

乳液の保湿効果に美白効果を加えた乳液です。
具体的には、紫外線をカットすることと、くすみを防止するWの効果を持つものが多いようです。

ティント乳液

乳液の保湿効果に化粧下地としての役割を加えた乳液です。
スキンケア後にメイクをする場合、メイクの工程を短縮できます。

中には、紫外線をカットする効果のあるものもあります。

 

乳液の効果的な使い方

乳液は、基本的に洗顔後のスキンケアには化粧水とセットで毎回取り入れることをオススメですが、脂性肌の方ならTゾーンには少な目にするかつけなくても良いのです。

 

次男 鶏二
乳液は油分が含まれているから、要所要所でつけたほうがいいんだね!

 

また、ケア後にメイクをする朝と、ケア後に就寝する夜でタイプの異なる乳液があり、この2つを使い分けるのは効果的です。

就寝中はお肌から水分が失われる一方ですから(特に冬場は気を付けないと)、乳液をたっぷりめにつけたり、乳液の後にクリームを使用すれば更に保湿効果が高まりますし、就寝中のお肌の再生を促すこともできます。

実際にやってみましたが、万全のケアをしてから寝る習慣をつけると、朝起きた時のお肌の質感の違いに驚きます。

 

美容液の効能

美容液は化粧水や乳液とは違うもので、美白・保湿やアンチエイジングなどといったものに効能のあるものです。

ビタミンCやコラーゲンなどの美容成分を配合した液状、又はジェル状の化粧品で、保湿、美白、リフトアップ、アンチエイジングなどを目的としたものが多いです。

 

長男 猿一
基礎化粧品の中でも「プラスα」として使われることが多いよ!

 

最近では、美容液の中に乳液効果のある美容液もあり、お肌のお手入れには化粧水と美容液のみでOKといった便利なものがでてきています。

また、化粧水と美容液でお肌に十分水分があり、保湿ができていれば、美容液を化粧下地としても使うことができます。

毎日お肌のお手入れをしてしっかり保湿できていれば、化粧下地を買わなくてもよくなるんですよ。

 

美容液を選ぶ際のポイント

美容液の数はたくさんありすぎて困ってしまいますが、要は「自分が一番欲している、気にしている点がどこか」ということを考えながら選ぶと良いでしょう

そこで、主な美容成分をご紹介しておきます。

 

🌸あなたの欲しい成分はどれ?  美容液に配合されている成分の例
ビタミンC(シミなどに対する美白効果)
ビタミンE(老化防止、抗酸化作用)
アルブチン(シミの予防)
レチノール(目のクマ、シワ予防)
ヒアルロン酸(保湿成分)
コラーゲン(保湿成分)

これを参考に、自分に合った美容液を選ぶとよいでしょう。

 

効果的な美容液のつけ方

角質層は一回で化粧品を受け止める限度量があり、許容範囲を超えると受け付けません。

ですから一度にたくさんの美容液を塗ってもあまり意味がないのです。

 

次男 鶏二
一回の使用量を2~3回に分けて少しずつ塗るといいよ。

 

また、目の下や頬など、乾燥が気になる部分は重ね付けがおすすめです。

肌の温度を上げ、上手に浸透させましょう。手のひら全体を使って顔を押さえ、なじませます。

 

基礎化粧品を使う正しい順番

おすすめ!時短ファンデーション情報 兼業主婦は要チェック!

化粧水が水分を補給する、美容液は潤い+肌のみずみずしさを保つ働きがあり、乳液は適度な油分を含み、皮膚からの水分発散を防いでくれる役割があります。

しかし 「美容液」は油分があるとそこから中へ入っていけません。

そのため、使用する際は「化粧水」→「美容液」→「乳液」の順に使うのが正解です。

 

1)「化粧水」→「水分補給」

2)「美容液」→「贅沢な保湿成分」

3)「乳液」→「水分の発散を防ぐ」

 

お互いの相乗効果を高める意味でも、化粧水・美容液・乳液(化粧水・美容液・保湿クリーム)という使う順番でスキンケアすることが肌の悩み解消につながりますよ。

 

まとめ

ずっと仕事に明け暮れてきた20代。まだまだ心は20代で特にお肌の手入れも気にしないで過ごしてきて、フッと気が付いたらもう30代半ばに差し掛かっていました…。

私の心配は「今までほったらかしてきてボロボロな肌ですが、今からで何とかなりますか?」ということです。もう遅すぎるのではないでしょうか…

肌の不調にあれ?と思う回数が増える30代。

20代に比べて、不摂生やお手入れのさぼりがてきめんに現れます。それに今までの積み重ねも…

この肌の不調を治そうと思っても、回復が遅い、以前はこんなことなかったのに、と思っているうちに、ともすれば不調が当たり前に変わっていきます。

30代になると、自分の為に使える時間も減ってきます。

仕事や家庭に割く時間が増え、不調のサインが見えてもゆっくり手入れする暇が少なくなるのはもう経験済みです。

とにかく効率が重要です。

そういった意味でも、基礎化粧の使う順番はとっても大事なんですね。

 

 

コメント