【兼業主婦の通勤時間活用術】情報収集は電車内で!

通勤を情報収集だけの場にして時間を効率的に使おう!

通勤を情報収集だけの場にして時間を効率的に使おう!

私はプライベートや仕事のメールの返信は、電車の中でまとめて済ませるようにしています。

電車の中ではほとんど身動きとれませんが、脳と指先は動かすことができますよね。
脳と指先だけでできることは電車でする、と決めています。

家にいるときはなるだけスマホいじらずに、家事や子どもの相手に時間を使うようにしています。

子どもの前でスマホをいじっていると、子どもはスマホに興味が行ってしまいます。

それよりも、子どもとの触れ合いの方が大事。
合える時間が少ない分、一緒にいる時間はいちゃつきたいですもんね。

その分、目を通しておかなければいけないものは通勤電車内で済ませます。
比較的静かで、身動きが取れませんから、目と脳さえあればできることは電車内でやるのです。

では、電車内でできるのはメールチェックだけでしょうか。

本記事では、電車内でできる情報収集にはどんなものがあるのかを調べていきます。

こちらをチェック【主婦の通勤時間活用術】電車内みんなどうしてる?調査してみた

 

電車内でできる情報収集はたくさんある!

通勤電車では路線によって身動きが取れないほど乗車率が高い所もあります。
ただ、スマホを見る余裕があるスペースさえあればできる事もたくさんあります。

では、どんなことができるのか見ていきましょう。

 

猿の親子電車内でできる情報収集

チェックボックスメールのチェック・返信
チェックボックス郵便物・子どもの持ち帰ったプリントのチェック
チェックボックス仕事の書類チェック
チェックボックス夕飯のレシピとスーパーの特売チェック
チェックボックス電車内の人や広告で情報収集
チェックボックス旅行や遊びのための情報収集
チェックボックスツイッターなどのSNSで情報収集

 

メールのチェック・返信

私は自宅にいるときは極力、スマホを触らないようにしています。
触るとしたら電話がかかってきた時だけです。

ということは、メールはすべて未読になっているはず。
その処理を電車の中でやるのです。

一度メールの内容を見てしまうと、返信してしまいたくなってしまいますので、見ません。
それに、既読にしてしまうと、他のメールと混ざって見づらくなります。

たまに「至急」の仕事メールが来る時もありますが、メールで済まされる「至急」なんて大した「至急」ではありません。

もし本当の至急であれば、相手もメールを打っている暇はないでしょうし、私だったら本当の至急なら電話をします。

このプチシャットアウトを長年続けていますが、特に問題はありません。

また、メールマガジンもすべて電車内で見るようにします。

メールにある「アーカイブ機能」を使えば、受信トレイをスッキリさせながらも、あとでまとめてチェックすることができます。

■アーカイブとは
メール自体は削除せず受信トレイを整理したいときに使う機能

 

郵便物・子どもの持ち帰ったプリントのチェック

毎日何かしら、郵便物や子どもが持ち帰ったプリントがありますよね。

中には重要なお知らせが書いてあるもの、文字が多くてじっくり目を通さなくてはいけないものもあります。

そういうものは私の場合、迷わず通勤バッグの中に入れてしまいます。

通勤時間は必ずといっていいほど細切れの時間が発生します。

例えば電車を待つ◯分間、通勤途中のちょっとした買い物でレジを待つ◯分間、もちろん通勤電車内でもです。

そんな時、隙あらばバッグから取り出して読んでいます。

そして、捨てても良いものは2つ折りにしてバッグに入れ、家で捨てます。
捨ててはいけない書類、もしくは家で処分したほうがいい(個人情報が書いてある)ものは、クリアファイルに入れておきます。

ただし一つ注意点がありまして、郵便物は必ず封を切ってからバックに入れること。

電車内で開けると音がして周りの乗客の方のご迷惑になります。

それに、書類が入っている封筒は「ゴミ」なので、家で処分してきてしまいます。
家で捨ててこないと、住所や個人名が書いてあるので外では処分できませんし、ゴミを持ち歩くことになりますもんね。

 

仕事の書類チェック

会議の資料やプレゼンの資料、操作マニュアルなどは、サイズがA4以下であれば電車で読むようにしています。

会社で読んだり家で読むようなことはあまりしません。
電車のほうが集中して目を通せちゃったりするものです。

特に細かい字で書かれたものは、パッと見ただけでも気が滅入ってしまいますが、おかしなことに電車の中だと苦も無く読めてしまったりするんですよね。
ちょっと頭を使って読まなければいけないものもそうです。

スマホからPDFで目を通したりもいいですね。
書類をPDFに変換しておくことで、それも可能になります。

スマホはコンパクトですから、紙のようにめくったり次のページを開いたりする動作が必要ありませんので、周りの方の迷惑になることもありません。

 

夕飯のレシピとスーパーの特売チェック

会社の通り道に、私のお気に入りの激安スーパーがあります。

ここのスーパーは独自で「チラシアプリ」を持っていて、チラシの配布日、朝7:00にチラシを更新します。

これを朝の通勤時間にチェックし、夕飯のレシピ作りをスマホでチェック、めぼしいものがあればブックマークしています。

こうすることにより、仕事帰りの「今日の夕飯どうしよう」という地獄のプレッシャーからは多少なりとも解放されるんです。

買い物は仕事帰り行くわけですから、朝チェックした食材がまだスーパーに残っているとは限りませんが、そうやってレシピ検索をすることで「あ、これ作ってみよう」とか、「こういう使い方があったのか!」という新しいレシピの発見につながります。

自分の料理の知識が上がる、ということですね。

夕飯はどうしてもマンネリ化してしまって自己流になり、それでおいしく料理できればいいのですがなかなか腕はあがりません。

料理のレシピを眺めるだけでも気づかされることが多いです。

料理教室にはなかなか行くことはできないので、料理をおいしく家族に食べてもらうには、自分で努力するしかありません。

 

電車内の人や広告で情報収集

電車の中はいろいろと注目すべき点が多くて面白いです。

うっかり手持無沙汰になってしまった時、私はつり革広告を見たり、人間ウォッチングをしたりしています。

広告は今トレンドなもの、特に週刊誌の広告は今の話題が詰まっていますのでおもしろいですよね。

私は仕事柄、流行の物をリサーチしなければならないのですが、電車の広告はもちろん、乗客の皆さんのファッション、メイク、髪型などを横目でチラチラ見ちゃったりしています。

真剣にジロジロ見ちゃいますと、目が合てしまったとき、さりげなく逸らすのは難しいですから、そこは注意をはらいます。

 

旅行や遊びのための情報収集

仕事を一生懸命やっていると休みの日は待ち遠しくなりますよね。

休みの日の計画を大体でいいので立てておくと、その1週間はとてもウキウキした気分になって張り合いが出てくるものです。

特にお子様がいる場合、日ごろ寂しい思いをさせているので是非一緒に楽しく過ごせるよう、色々情報を集めておくのが良いと思います。

子ども向けのイベントがたくさん用意されている週末は特に、お得情報も満載です。

私は子どもが楽しめる公園をよく探しています。

天気が良ければ、朝お弁当を持ってそこで朝食を取り、人が少ないのでそこで子どもを思う存分遊ばせます。

人が多くなってきたら1度家に帰って休憩、昼ご飯を食べ、みんなで買い物へ繰り出す、そんな休日をよく送っています。

 

ツイッターなどのSNSで情報収集

SNSは、いろいろな情報を広く・浅く収集できるので、多くの人が楽しんでいますよね。
私もTwitterをやっています。

しかし、一度はまるととことんやってしまい、気が付いたら時間がアッという間に過ぎていた、ということがありますよね。

ハマると怖い!

そこで、SNSでも情報収集は電車だけと決めるのがいいかもしれません。

通勤時間はほぼ決まっていますので、時間で区切ることができます。
ハマりすぎて時間がアッという間に過ぎる、ということはなくなりますよね。

 

情報収集は電車内だけと決めて楽しもう!

情報収集は、聞こえは良いものの、気が付いたら時間があっという間に過ぎているという危険もあります。

そこで、時間が決まっている通勤電車を利用し、その時間だけを情報収集の時間に充てるという方法があります。

電車がストップウォッチの役割を果たしてくれるのです。

皆さんも是非、試してみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました