お風呂で美髪を目指すには?働くママのフケ・かゆみの原因

頭がかゆい&フケのはストレスのせい?兼業主婦のヘアケア術

頭がかゆいのはストレスのせい?働くママのヘア事情

リンスとトリートメント、ヘアパックの方法を「子供とのお風呂でヘアケアしよう」というページでご紹介しました。

今回は、以前触れなかったシャンプーの正しい方法と、髪のトータルケアについての調査結果を報告します。

最近ヘアケアのことや体の洗い方など、美容についていろいろと研究に精を出してきましたが、知れば知るほど「いままでの自分の常識とはかけ離れていることもある」ということを思い知らされます。

おそらく美容グッズの性能が向上しているからなのでしょう。

ここらへんで今までの自分の常識をリセットしなければいけないなと思っています。

私の悩みは頭皮のかゆみ。

子ども2人目を産んでからひどくなってきました。

これってもしかしたらストレス!?
とも思いましたが、もしかしたら私のヘアケアの仕方が間違っているからかもしれないのです。

また、今使っているシャンプーやリンス(トリートメント)が肌に合わなくなった可能性もあります。

今日はその謎を解明していきます。

もしかしたらシャンプーが合っていないかも!?
☟ノンシリコンシャンプー「守り髪」公式ホームページはこちら!



働くママのフケ・かゆみの原因は生活習慣

若かりしころは私もすごく気にしていたフケ。最近は歳をとって新陳代謝が落ちてきたからか、フケの心配で夜も眠れない、ということはありません。

しかし毎日シャンプーをしているのに、なぜかかゆい、ということがたまにあります。

かゆいだけならまだしも、かゆみと同時に、フケで悩む方も多いようです。髪や肩にフケがついていたら、見た人には不潔な印象を与えてしまうので、とても深刻な状況といえます。

実は、かゆみもフケもどちらも、頭皮の機能の低下が影響している可能性があるのです。

かゆみの原因とは

まず、かゆみの原因として一番に挙げられるのは、頭皮の乾燥です。

頭皮が乾燥は髪の洗いすぎや、間違った洗い方で肌にとって必要な皮脂までとってしまっているかもしれません。

その状態でさらに刺激を与え続ければ、頭皮に傷がつき、化膿してしまうことにもつながります。

かゆみは今まで以上に深刻な状況を引き起こすことにもなるので、頭皮には適度な水分が必要です。

逆にあまり洗髪をせずにいると、頭皮に余分な皮脂が溜まり、そこに細菌が繁殖して、かゆみを起こすことがあります。

余分な皮脂は毛穴を塞ぎますので、うまく新陳代謝ができなくなった頭皮はどんどん機能が弱まっていきます。

頭皮の機能が弱まれば、シラミなどの寄生虫による感染症にかかってしまうこともありますので、あまりにかゆみがひどい場合は、そういった可能性も考える必要があります。

フケの原因とは?

かゆみと同じく、頭皮が乾燥することで機能が低下しているせいかもしれません。

あるいは、過度なブラッシングや爪をたてて洗髪することで、頭皮に傷ついていることも考えられます。

合わないシャンプーや、パーマ液やカラー液で、炎症を起こしている可能性もあります。

また、そういった外的な要因だけでなく、実は日頃の生活習慣も関係しているかもしれません。

たとえば、睡眠不足やストレス、疲労といったものも、皮膚のターンオーバーができなくなる原因になりますし、食生活が乱れている場合も、同じことが考えられます。

何をしてもフケが出る方の中には「フケが出る体質なのだ」と捉えている方も多いようですが、こういった日常生活を見直すことでその体質が改善される可能性もあるのです。

長男 猿一
フケが出ているのは身体からの無言のSOSなのかもしれないね!

フケとは何か?

髪から発生する、ティッシュを小さく千切ったような細かい白いフケ。

不潔なイメージだけは定着していますが、そもそもこれの正体はなんなのでしょうか。

次男 鶏二
フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものだよ!

人間は頭皮だけではなく、皮膚のある部分は全、一定の期間で皮膚が生まれ変わるターンオーバー機能が備わっています。

古い角質細胞が剥がれ落ちること自体は普通のことです。

しかし、正常にターンオーバーができているときに剥がれていく角質細胞は、目ではみえないほど小さなものです。

ところが、フケとして目に見えるようになるほど大きな角質細胞が剥がれ落ちているのは、正常なターンオーバーができていない証拠なのです。

フケが出たら、それは、そこから別の頭皮トラブルに発展する可能性のある警告とも言えるので、ヘアケアの方法を見直さなければいけません。

ノンシリコンシャンプーが注目されている!

ヘアケア 子育て中の私が体験・実践してみました!

長男 猿一
雑誌の広告やネットなどでよく見かける「ノンシリコンシャンプー」って何だろう?

「シリコン」とは、化学反応によって作られる完全人工物のことです。

スキンケアやヘアケアに広く使われていて、キューティクルに付いてコーティングする作用があるので、手触り良く艶を出すなどの効果があります。

次男 鶏二
でも髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はないよ。

シリコン成分に頼ったヘアケアを続けていると、髪の傷みを進行させてしまうことにもなります。うわべだけ取り繕っている野と同じなのです。

このシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで、髪は本来の健康を取り戻します。

長男 猿一
まず、日ごろ使っているシャンプーをノンシリコンに変えてみるのもいいかもしれないね!

ノンシリコンの石鹸シャンプーも良さそう

石鹸シャンプーは、合成界面活性剤が入っていない石鹸成分だけでできているシャンプーです。

もちろん石鹸シャンプーにも界面活性剤は入っていますが、合成シャンプーの合成界面活性剤とは大きく違うものです。

合成界面活性剤は非常に脱脂力が強いので、肌トラブルに原因になります。

石鹸シャンプーは髪や地肌への刺激も少なく、髪自身がもつ自然治癒力で髪も健康になるのです。

ただ髪の汚れを落とすだけなので、洗い上がりの手触りが悪く、髪がきしんだようにも感じます。

しかしシャンプーとは本来、髪の汚れを落とすものであり、うるおいや手触りはコンディショナーで補充すれば大丈夫です。

☟無添加せっけんシャンプー

香料・着色料・防腐剤等全て無添加、余計なものを一切入れていないミヨシの石けんシャンプーです。

地肌表面の汚れだけを落とし、必要な皮脂まで取りすぎません。

シャンプーの他にも洗顔料、リンス、ボディソープや、赤ちゃん用の泡石けんもあります。私のアトピーのある子供もとってもお世話になりました。

ノンシリコンなのに泡立ちも良いので、しっかり洗えた気になることができます。

ちょっと気になる!リンスインシャンプーとは?

その名の通りリンスインシャンプーとは、リンス成分の入ったシャンプーです。

我が家では主人が愛用しています。

リンスインシャンプーの一般的なメリットとしては、次のようなものが挙げられるでしょう。

✅洗髪が非常にスピーディーに終わる
✅一品だけで良いのでかさばらないし経済的
✅洗髪する際に使用する水の量が少なくて済む
✅流す汚水が少なくて済むのでエコの面ですぐれる

この中でも洗髪の時短という点は、リンスインシャンプーのとても大きなメリットだと言えるでしょう。

あとうちの主人の場合のメリットですが、ツルツル、サラサラした髪にリンスを単独で使うとサラサラしすぎて髪にボリュームがなくなるんだそうです。

かといってシャンプーだけだとゴアゴアするらしく、リンスインシャンプーが丁度よいんだそうです。

リンスインシャンプーのデメリット

リンスインシャンプーのシャンプー成分とリンス成分の間には、相反する面があります。

リンス成分がしっかり髪に残るのならシャンプーの洗浄力が十分でない可能性がありますし、逆にシャンプーの持つ洗浄力が強ければリンス成分が髪に残らない可能性があるというわけです。

お互い効果を打ち消しあっているというわけですね。

シャンプーの洗浄力が弱ければ、毛髪だけではなく頭皮や毛穴の皮脂汚れが落ちないということになり、それが抜け毛や頭皮のトラブル、ニオイなどの原因になります。

またリンス成分が髪に残らなければ髪がパサついたり傷みが目立つ要因となってしまいます。

長男 猿一
時短目的にリンスインシャンプーを使うのはいいけど、頭皮にトラブルを抱えている方はやめておいた方がいいかもね。
次男 鶏二
一番いいのはノンシリコンシャンプーや、石けんシャンプーを使うのがいいね。

シャンプーの正しい方法

では、初心にかえって正しいシャンプーの方法をおさらいしてみましょう。

ブラッシングをする

まず、髪の毛を濡らす前に軽くブラッシングをしておきます。

頭皮の血行が良くなり、適度な油分と養分を髪全体に行きわたらせてくれます。

また、髪のからみやほこりも取ることができます。

髪をしっかり濡らす

シャンプーする前に「髪を濡らす作業」は意外と重要な作業です。

まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。

濡らすという感覚よりも汚れを流すという感覚でやると良いですよ。

長男 猿一
髪の汚れは、最初のこのシャワーだけで70%ほども落ちるんだって!
次男 鶏二
時間にして2~3分分やるといいよ!

最初の髪を流す作業で髪自体の汚れが落ちますので、シャンプー剤も少ない量で充分泡立てることができるようになります。

シャンプーで頭皮を洗う

シャンプー剤を付けてシャンプーをやっていきます。

長男 猿一
下を向いて髪を洗わない方がいいんだって!

下を向いて洗ってはいけない理由は逆毛になってしまうからです。

これはキューティクルを傷つけてしまうので、必ず上を向いて洗うようにしましょう。

まずシャンプー剤を手に取り馴染ませながら髪につけ、十分に泡が立つまで揉み洗いをします。

次男 鶏二
爪を立てずに指の腹で頭皮を洗うようにしよう!

かゆみがある時は爪を立てて洗いたくなりますが、それはむしろ逆効果。

爪で痛められた頭皮は乾燥してフケや、よりかゆみを増すだけです。

すすぎ流しをしっかりと

充分過ぎるくらいシャンプー剤を流してください。

フケやかゆみがある方の多くは、この流しをしっかりやっていないことも原因の一つだといわれています。

長男 猿一
最低でも3分以上はシャワーで流そう!

シャンプーを流し終わったら、髪の状態をチェックしてみましょう。

リンスをする前の今の髪の状態が自分の今の髪の現状です。

自分に合ったシャンプーを選んでいる方は、この状態でも潤いとしなやかな指通りを感じることができます。

リンス(トリートメント)は頭皮に付けない

頭皮に何かしらの効果があるリンス剤以外、基本的に頭皮には付けないようにします。

次男 鶏二
リンスは皮膚につけないで、髪だけにつけるようにしよう!

リンスが頭皮についてしまうことが、フケやかゆみの原因になります。

フケやかゆみが治らないときはノンシリコンシャンプーを使ってみるのもいいかも

フケやかゆみの原因は、子どもが生まれて生活習慣が変わったことが原因で、今まで使っていたシャンプーが合わなくなった可能性は大いにあります。

私がやった改善方法は、シャンプーをノンシリコンに変えたこと、シャンプーのすすぎをしっかりやることです。

これでだいぶ改善され、フケが気になることは一切なくなりましたし、かゆみもだいぶ落ち着きました。

ノンシリコンシャンプーの名前を聞き始めたころは、値段がすごく高くて気軽に手が出せないものでした。

しかし最近では取り扱うメーカーも増え、値段はかなり手を出しやすい価格にまで落ち着いています。

これを機に、まだノンシリコンシャンプーを試していない方はやってみてもいいかもしれません。

☟ノンシリコンシャンプー「守り髪」公式サイトはこちら!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る