貼る手帳で時短!カスタマイズ法をご紹介!兼業主婦の仕事術

手帳にどんどん貼って、自分だけの文庫本に!

手帳にどんどん貼って、自分だけの文庫本に!

皆さんは自分の時間管理を、どの媒体を使ってやっていますか?
やっぱり便利ねスマホですか?

私は手で書いていく手帳です。
何かを1から作り上げていく、それを1年かけて少しづつといった感覚が好きで、毎年購入しています。

ただ、書き込む時間がもったいないと感じている方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、縮小コピーをかけて手帳にベタベタ貼っちゃうんです!

アナログ手帳は切り貼りができる!

アナログ手帳は、紙の切り貼りができるのかメリットの一つだと思います。

電車の時刻表、子供の時間割、取引先の地図…
手で書き込むのは手間だけれど、印刷されたものを手帳にそのまま貼り付ける、という事ができるのはアナログ手帳ならではの事です。

しかもそのまま張れば、現物を張るわけですから書き写す際の間違いもなくなります。

大学時代のバイトの際、「手帳に出勤日を写し間違えていて、冷や汗をかいた」という経験があります。
こういうボンミスがなくなるわけですね。

もし張りたい紙が大きい場合は、縮小コピーをかければいいのです。

チラシやショップの切り抜きも張ることができる!

私は仕事関係、子供の予定表以外にも、気になるチラシに記載されていたお店の地図、お買い得情報、為になる新聞記事、気になる本の書評など、自分の為になると思った記事は積極的に手帳に張るようにしています。

雑誌に掲載されている気になった洋服やバッグ、美しいモデルさんも、切り抜いて自分の手帳に張っています。
これを眺めると、なんだかテンションが上がるからです。

このように、自分にとって有益だと感じる情報はすべて一つにまとめます。
わざわざそれ専用のファイルを作る、ということはしません。
いつも持ち歩いている、コンパクトな手帳を使います。

手帳にすべて集約することのメリット

手帳にすべてを集約させることで、いつでも暇さえあれば眺めることができます。

隙間時間を利用して、ある時はお気に入りの洋服を見たり美しい写真を眺めたりしてテンションを上げ、ある時は週末の過ごし方を決めるため、行きたいと思っていた店の地図を確認したり時刻表で電車の時間を確認したり、気持ちが仕事モードのときは取引先の場所を確認したりできます。

また、予定表としてだけではなく、日記としての使用方法もあります。
その日に行った映画館の半券や、家族といったプールの半券、写真を神に印刷したものなど、その日の行動の記録を手帳に張っておくのです。

アナログの手帳を使用する、ということは、自分のためだけの単行本を手帳で作る感覚です。
はまると結構楽しいものですよ。

手帳にシールを貼ってデコレーション

小学校を思い出します…。
シールを貼ると、味気ない手帳が華やかになるんですよね!

実はそんな手帳シールは子供用だけじゃないんですよ!

大人のための、仕事用の物だってあるんです。
これを使う事で、シンプルな手帳もあっという間に個性的になります。

例えば100円均一ショップに売っているようなシンプルすぎる、しかし便利な手帳だって、シールを使えばあっという間に自分好みの手帳に変身しちゃうんです。

ただのノートを自分だけにカスタマイズ

別に手帳にこだわらなくても良いのです。
普通に売っている大学ノートでも、自分に合ったサイズの物を買ってきてカスタマイズできます。

手帳に重要なカレンダーはどうするかというと、カレンダーシールをそのまま貼っちゃいます。これはamazonにも売っています。

サイズは1つだけではありません。色々ありますよ。

自分の好きなノートを買ってきてそれにこのカレンダーシールを貼る。

もしページ数が多いノートだったら、リーズナブル今はやりのほぼ日手帳が出来ちゃったりします。

また、あまりお金をかけたくないという方は、PCからダウンロードしたカレンダーを貼っても良いですね。

☞無料でカレンダーがダウンロードできる「PDF DE CALENDAR」

貼り付けたいチラシや切り抜きがたくさんある方は、普通のノートで手帳をオリジナル制作した方が良いですね。
貼るページをたくさん作ることができます。

収納が不便な時には?

もし、手帳に何か収納したいと思った場合。
例えば、子供の給食献立や、原本を取っておきたいという印刷物、持ち歩きたいシールやカードなど、あれもこれもと思っていると収納部分がなくなっていきます。

また、手帳付属の収納が不便なポケットだったりすることもありますよね。
収納が不便だと思ったら、自分で作ればいいんです。

例えばこんな収納ポケットはいかがでしょうか?

好きなところに張るだけで、素敵な収納スペースの完成です。

ペンを常に探している方にはペン収納

実は、ペンホルダーがない手帳って多く、困っている方も多いはずです。
だから私はいつもなくしてしまいます。 そして常にペンを探している状態です。
そんな時間の無駄をしている、私のような方におすすめの商品がこれです。

黒だけでなく、色は種類があるので自分の手帳に合った物を選ぶことができます。

手帳やノートに貼って使うペンホルダー付きのベルトシールで、接着面は高い接着力なので、一度貼るとズレてしまったり、剥がれてしまうということもありません。
あとは「使い終わったら必ずペンホルダーに戻す」癖をつけるだけで、もうペンを探してイライラする生活から脱出できます。

まとめ

これだけ補助ツールがあるんだったら、自分で一から作る手帳も簡単にできそうですよね。

小学生の時、自分で手帳を手作りしたことはありませんか?自分で定規使ってね、日付書いてね、土曜は青で日曜は赤にしてね。
慣れてくるとうっかり土曜も黒で書いちゃったりしてね。
1か月28日しかないのに29日まで勢いで書いちゃったりね。

もうそんな失敗をすることはないんだなあ…。

手帳は使いやすさが1番大事です。
もし使いにくい手帳だと、なかなか最後まで使う事ができません。
最初は丁寧に使っていたけど、あまりに使いにくくて途中で買い替えた、なんてことはありませんか?

それだとせっかく購入した手帳がもったいないですよね。

だったら自分で使いやすくカスタマイズするのが一番です。
こんなに手帳補助グッズもありますから、きっと少しは使いやすくなるはずです。
是非お試しください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る