【働くママ】30分単位で仕事を管理!行き詰ったらその場から離れてみるのも

行き詰ったら、目の前の仕事から一旦離れてみて!

30分単位のタスク管理で仕事の効率化を!

仕事を早く終えたい!残業なんてまっぴらごめん!
私たち主婦は、家に帰っても家事と言う仕事が待っています。

出来れば時間内にスマートに仕事を終わらせたいものですよね。

しかし、たった1つの仕事で行き詰まってしまい、その先なかなか前に進めなかったことはありませんか?

そのうちどんどん仕事が溜まっていき、もう自分一人ではどうしようもない状態になってしまったら最悪です。

そんな時に私が試した「30分仕事の法則」を試してみてください。
意外とスルスル仕事がはかどったこともあったので、もしかしたらよい方法なのかも!?

調べてみると、私が勝手にやっていた「30分仕事の法則」は、チェンジ・オブ・ペースという効率の上がる方法だったんです。

 

チェンジ・オブ・ペースとは?

皆さんの集中力はどのくらい続きますか?
一つの仕事をずっとしていると、知らず知らずのうちに作業効率は落ちてきているものです。

わかりやすいのは午前と午後の仕事の速さ。
昼食を取った後のスピードは確実に落ちていますよね。

それは、もしかしたら集中力が切れてしまっているからかもしれません。

そんな時に思い出したいのが「チェンジ オブ ペース」です。

「チェンジ オブ ペース」は、仕事が変わることによって気持ちも切り変わり、仕事の効率もあがる、という方法。

いろいろな仕事を抱えている場合は、集中力を上げるためにコロコロ仕事内容を変えるのも作業効率を上げる方法の一つなんです。

 

集中力の持続する時間を計ってチェンジ オブ ペースをする

集中している時は時間がたつのが早い、と言いますよね。
私もそういう経験は何度かしたことがあります。

このテーマを研究するにあたり、自分の集中力は大体どの程度持つのか気になりまして、仕事の区切りに時間を見るように心がけてみました。

私の場合は40分くらい。
あぁ、今すごく集中したな、と思った時でも1時間くらいでした。思ったよりも短いものです。

世間一般で見てみると、40分~90分、という方が多いようです。

この時間を仕事にむずびつけてみたらいかがでしょうか。
つまり、集中力が切れたことに違う仕事をする。
また集中力が切れてきたら次の仕事を…

私がやってみた結果、キリの良い30分ごとに仕事を交換すると、仕事に集中できる確率が高いような気がしました。

長男 猿一
一つの仕事とずっとにらめっこしているよりは、時間制限を決めて次々やっていった方が効率がいいかもしれないね!
次男 鶏二
制限時間があることで「早く終わらせよう」という気持ちにもなるしね!

こちらをチェック【働くママ】作業効率upとタイムマネジメントの方法 私の体験談

 

行き詰ったら…目の前の仕事から30分離れてみる

新しいアイデアが浮かんでこない…どうやって解決したらよいかわからない…

そこでフリーズしていても、何も変わらないし何も進みません。

そこで、いま煮詰まっている仕事から30分だけ離れてみる、ということで、もしかしたら何か新しい解決の糸口が見えてくるかもしれません。

次男 鶏二
または、あと30分この仕事に向き合ったら、もう終わりにするなど、時間で区切っちゃうのがいいかも。

ある会社経営者は、仕事が煮詰まってしまった時には思い切って30分だけ、外に出て散歩をするそうです。

狭いの会社のデスクという自分のテリトリーから解放され、外の新鮮な空気を吸うことで気持ちがリフレッシュできます。

もし可能であれば散歩もします。
散歩をすることで身体全体の血のめぐりよくなるのです。

長男 猿一
昼休みには必ずサイクリングするという方も!外の空気は良いリフレッシュ効果もあるようだね!

30分経ったらまた仕事と向き合います。

そうすると「あれ?なんでここでつまずいていたのだろう?」と不思議になるようなところで止まっていた、ということもしばしばあります。

 

30分も離れなくてもいい!とにかく違う仕事をする!

自分勝手に休憩をとることが出来ない職場でも、お手洗いに行ってみる、飲み物を買いに行ってみる、手を洗ってみるなど、ちょっとしたことでもいいのです。

もし時間が惜しいのであれば、まったく違う仕事をするといったことでもいいのです。

例えば、計算の仕事をしていたけど、今度は文章を書く仕事をするとか、パソコンの仕事をしていたけど手書きの仕事をしてみる、などです。

別のことに意識を向けるだけで、沸騰しそうだった頭がクールダウンできることもあるんです。

 

まとめ

あまりに1つのことに集中しすぎてしまうと、客観的に見ることを忘れてしまいがちです。

少しの間でもいいので今の仕事をすっかり忘れ、違うことに集中し、スッキリしたところでまた今の仕事にに戻ると、視点が変わってアイデアがひらめくこともあるのです。

無理して一つの仕事にしがみつく必要はないんですよ!
時間を置いて、頭の中をリフレッシュさせてからまた取り組めばよいのです。

これは家事もそうです。

例えば3日分の洗濯物をたたむって、私の中ではかなり苦痛の仕事です。
しかし、半分たたみ終わったらその場を離れ洗い物をし、それが終わったらまた戻ってきて洗濯物をたたみ始める…

そうすると、案外苦痛もなく家事を終わらせることができたりします。
結果は「洗濯物はたたみ終わってる」「洗い物が終わっている」ということで同じになるわけです。

要はどうやって集中力を保つか、なんですよね。

皆さんもチェンジ・オブ・ペース、試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました