メモを取りまくる仕事・家事術

兼業主婦におすすめ!メモを取って仕事&家事の時間短縮!

兼業主婦におすすめ!メモを取って仕事&家事の時間短縮!

仕事の時間をしっかり管理することは、兼業主婦が家庭を大切にするためには大切なことです。
ちょっとした動きを少し意識するだけで、会社でも立派な時間短縮になったりしますので、これを機に見直してみてはいかがでしょうか。

何かをしながら別なことをする事は時間節約術の基本中の基本です。
「こんなことができるんだぞ」という事をご紹介しています。

仕事をテキパキとこなして定時に帰るためには、やはりそれなりに時間の使い方を工夫していかなければなりません。
例えば今日ご紹介するメモ。

最近「ついうっかり」が多くなっていませんか?
それは。兼業主婦だからこその悩みなんです。

やることがたくさんありすぎるから起こるんですよ!

意外と多いメモ魔

「優秀なビジネスマンはよくメモを取る」ということを聞いたことがあります。
実際に、メモ魔のビジネスマンは多いようです。
では、メモを取ると良いことはたくさんあるんでしょうか?
それで時間短縮になるのでしょうか。

私は家でメモをよくとる方ですが(買い足さなきゃいけない食材とか、ふと思ったアイデアなどをメモしています)、改めてメモを取る効果について考えてみました。

メモはなぜ重要なのか?その理由

なぜ、メモが重要なのか。

私は「忘れることができるから」ではないかと考えます。

メモに書けば文字として残りますから、あとはメモを見る習慣をつければ自分の記憶からなくしてしまっても大丈夫だという安心感が生まれますよね。

また、打ち合わせの内容・やるべき事などを「忘れない」「確実に実行する」ためです。

目的ではなく、仕事を確実に実行するための手段、ということですね。
メモは自分しか見ませんので殴り書きでいいのです。
自分さえ分かればよいのです。

メモのメリット

メモのメリットは、1度の説明でしっかり内容を把握することができることです。

相手にも時間がありますので、できれば1度で正確に、聞き直すことなく理解したいですよね。
相手にもう一度尋ねるのもいいですが、何度も同じことを聴いていると相手の時間泥棒になってしまいます。

一度の話で確実に意味を理解する、そして段取りのためにも、やはりメモは重要です。

そしてメモを取ることで、「今は忘れることができる」ということも重要なメリットです。
私のように3歩歩けばすぐ忘れる、別なことが目に入ると今のことをすぐ忘れてしまう人にはメモは欠かせません。

記憶力は日々衰えていきます。
自分の記憶力に自信がなくなってきたら、すぐにでもメモの準備をするべきです。
メモはいらなくなった紙の裏でまったく問題ありません。

そのほかにも、たくさんのメリットがあります。

時間短縮になる

メモを取ることで「何度も聞き返す」時間がなくなりますよね。
メモのポイントがつかめてれば、上司の指示も一発で聞くことができますから何度も聞き返す事がありません。
自分にとっても相手にとっても時間節約になります。

今現在の仕事に集中できる

人間、物事をすぐ忘れますよね。それは年齢を重ねるごとに、そして自分が抱える仕事の量にも関係していきます。
そのことを理解したうえでメモを取ることにより、そこに文字として残るわけですから、もう忘れてしまっても構わないわけです。

私がメモを取っていてよかったと思うことは、ある急を要する仕事をしてる時に上司から仕事を頼まれた時です。

本心は「今忙しいから後にして!」と叫びたいですがそうもいかないですよね、上司ですし。
そこでメモの登場です。

上司の指示のポイントになるところを箇条書きしておきます。
そしてすぐ忘れます。
上司の指示を聞き終わったら、今やっている緊急の仕事に戻るわけです。

そして緊急の仕事をかたずけてからメモを見返し、しっかりと上司の仕事を遂行するわけです。
心の余裕も持てますし、何より「メモを取っているから忘れても大丈夫」という安心感があります。

相手に敬意を示すことになる

メモを取っているとき、相手の方が自分が書き終わるのを待ってくれたことがありませんか?
それは話をしている相手もこちらを見ているということですよね。

しっかりと相手の顔を見て、頷きながら話を聞き大切なポイントをメモする姿は、「自分の話をしっかり聞いてくれている」という誠実な印象を与えるものです。

話しているほうも「自分の話をしっかり聞いて くれている」という安心感があります。

メモを取る方法とポイント

相手が話し始めたら、指示の内容を箇条書きでメモします。
5W2H を意識して、キーワードを単語でメモするのが良いでしょう。

5W2Hとは、Who、When、Where、What、How、Why、How much これが5W2Hです。
意味は①いつ、どこで、誰が ②何を、どうする ③なぜ?いくら?です。

すべてを書き取ることはできないので、重要な部分の言葉をメモします。

例えば 「15日、午後6時から2時間、ミーティングをするので、スタッフ全員への連絡を担当してください。資料を用意するので、全員に筆記用のペンと紙を配布しておいてください。資料は当日に渡します。禁煙なので、灰皿はおかないでください」と言われたとします。

このとき書き残すのは、「15日、6~、2、ミーティング、連、紙ペン、灰×」というようにメモします。
これで十分ですが、あとで必ず、読んでもわかる文章に書き直しておくことが必要です。書き直すのには1分で済みますよ。

急いで書いた文字は、あとになると自分でも意味が分からなかったり、文字が雑で読めないことも多いからです。

これでTO DOリストのベストな場所に組み込めば完璧です。

おすすめメモ帳

やはり持ち運び便利な手のひらサイズのメモ帳があるといいでしょう。
また、裏紙を手のひらサイズに切って使うのもエコでいいですね。

私は裏紙派です。もう使用しない、個人情報保護法にも違反しない紙を手のひらサイズに切って、ちょっとかわいいクリップで止めています。
どうせ汚く箇条書きにするので、メモ帳を使うのはもったいないかな…と思いまして…。
自分好みの大きさにカットして使うので、結構使い勝手がいいですよ!

そしてメモした仕事を終えたらゴミ箱へ捨てます。

メモを捨てた=仕事が完了したということ。

メモした仕事を終えてメモをゴミ箱に捨てた時のちょっとした開放感が好きです。

まとめ

実はこの方法、自宅の家事でも活用しています。
自宅でもいろいろな所において、なにかひらめいたことをすぐメモしています。
特に何かの「アイデア」なんかは本当にすぐ忘れてしまいますから、メモは必須です。

また、もう少しでなくなりそうな調味料や食材も、すぐにメモします。
そして後でまとめて、食材宅配の注文の時に使います。

なので我が家では食材切れの心配がないんです。

☞私が使っている食材宅配体験談はこちら!

食材宅配はかなり便利なので、買い物のタスクをなくしたいなら是非お勧めしたいサービスの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る