時短仕事術!やる気が出ないときはどうする?

主婦だってモチベーションが上がらない時もある!そんなときの対処法

主婦だってモチベーションが上がらない時もある!そんなときの対処法

日々の疲れなのか、それとも仕事がマンネリ化しているからなのか…

会社に着いていざ机へむかってみても、どうしても元気が出ない時はありますよね。
机の上に山積みにされた書類をみて、うんざりすることもあります。

特に、今日締め切りの仕事がない日は、私は朝からダラダラした気持ちになってしまいます。
締め切りがあると俄然やる気が出てきますので、私の場合はすべてに締め切りを持たせるべきなんだろうなあとウスウス感じています。

目標があると頑張ることのできるタイプのようです。

どう頑張ってもやる気が起きない時はどうする?

しかしどうしても悪魔のささやきが聞こえてくることもあります。
「どうせ締め切りは先だしね」
そんな日は自分でも分かるくらい、仕事にキレがありません。
だからいつも締め切り間近になって焦るんです。
そんなことのないように、常に緊張感をもって朝からバリバリ仕事をしたいのですが…。

では、どうしてもモチベーションが上がらない時はどうしたらよいのか、私がやっている方法をご紹介します。

とりあえず仕事に手をつける

誰しも人間ならやる気の出ない日、モチベーションが下がりまくっている日はあると思います。原因を探して改善したいと思いますが、そう簡単に理由はみつかりません。
でもやらなければいけないことはたくさんあるのが兼業主婦です。

そんな時どうするか。

まずは少しだけ、仕事に手を付けてみるのはいかがでしょうか。

どうもやる気が出ずに「常に横になっていたい…」という、私の嫌いな怠け心全開な日が実はとても多いです。

1週間のうち「さあ!今日も稼ぐぞ~!」と朝から思える日は1日2日あるかないか。
他の日は「ああ…今日という日がまた始まった…ご飯作らなきゃ…洗濯しなきゃ…どうすればサボれるかな…寝ていたいな…」という気持ちで一杯になっています。

どうにかこの怠け心に勝たなくては、我が家は家事をする人がいなくなり、収入も減り、崩壊してしまいます。

そんな時は「とりあえず作業してみる」

朝の家事の場合

例えば朝の家事を例に出してみましょう。

私の場合、皿洗いから私の1日が始まります。
夜遅く帰ってきた主人の夕飯の皿は、朝に洗おうと決めました。
絶対にこの朝の時間に洗わないと、夏場なんかは異臭を発しますし、朝ごはんを作ることもできません。
そうやって自分を追い込みます。

そしてやる気があろうがなかろうが、とりあえず4・5枚洗います。
そうすると、あら不思議。
いつの間にか4・5枚では終わらず、全部洗ってしまうのです。

次に朝食の準備、お弁当つくり、夕飯の下ごしらえと、テンポよく進んでいきます。
最後にはシンクの掃除までしてしまい、寝起きの「だる~い。何もしていたくな~い」という怠け心はどこへやら。

寝起きに水を長く触ることで睡眠から覚醒し、手を活発に動かすことで体が起きてきて勢いがついてくるんですよね。

そしてそのまま洗濯、子供の世話、仕事へと続いていきます。
午前中はこのまま止まることなく突っ走ることができます。

午後のハードルは高い

次のハードルは午後にあります。
昼ご飯を食べてからです。

午後の時間は作業効率が下がることが常識のようになっていますが、それは私も例外ではなく、突如として睡魔が襲って来たりもします。
眠気には勝てないのでその時は休憩時間は思い切って寝てしまいますが、モチベーションを上げるのは一苦労です。

そんな時も「とりあえず1つやる」

私は原稿を書く仕事をする時があります。
締め切りまでに10ページ仕上げなければいけない、でも10ページも書く気力がない…締め切りはあと3日…

そんな時は「とりあえず1ページ書いてみる」ことにしています。
そうすればあと残り9ページ。少しですが仕事が進みました。

大抵の場合1ページだけでは終わらず、朝の皿洗いと同様、もう少し、もう少し…と、結局10ページ全部仕上げてしまうことあってあります。

物事を始める前は「嫌だな…面倒だな…」と思っていたことでも、いざ始めると案外すんなりいってしまうことは経験があるのではないでしょうか。
何事も最初の1歩を踏み出せるかどうかなのですよね。
あとは大抵スムーズにいくものです。

競争相手を設定する

私は敵がいると燃えるタイプです(笑)

あれは小学生の時の話。
自主学習を毎日するようにという学校の先生の命令で、毎日大学ノート何ページやったかを申告して表につける、という取り組みをしていました。
私にはどうしても負けたくない相手がいて(淡い恋心♡から)その人を意識しまくってせっせと勉強していたことがあります。そしたら結構頑張っちゃって、クラスで2~3番くらいの成績になったことがありました。
決して1位じゃないし、淡い恋心が冷めてしまったら私の勉強熱も冷めてしまったんですがね。

それからは「この子好き♡」よりも「こいつ嫌い!」の方で私の闘争心に火が付くようになりました。

大人になってからはあまり「嫌いだこの人」って思う事がなくなってしまったので、こういう燃え上がり方はできませんが、競争相手を自分で勝手に作って戦うというのはいいですね。

私は結構飽きっぽい性格ですが、今の仕事を長く続けていられてます。
そのモチベーションを保つ秘訣はこの「競争相手を作る」ってことです。
実は競争相手、勝手に設定してます。もうすごい人なんですよ、その人。

その人のツイッターをフォローしていて、「この人こんなに仕事こなしてるんだ~!」と思うと私はいてもたってもいられません。
ほんと、良きライバルですよ。
(ちなみに相手は私がこんなにライバル視していることを知らないし、そもそも私の存在を知りません。)

自分の仕事ぶりで、よい所を探してみる

自分って、よい所結構あるんですよ?
と人に言えるように、仕事での自分のよい所を挙げてみてください。

モチベーションが上がらない時って、自分に自信がない時と被っていることが多くないですか?

そんな時に思いましょう。

●私は仕事が早い
●私は仕事が適格
●私は愛想が良い
●私は電話応対が素敵
●私、失敗しないので!(大門)
●私は仕事が丁寧
●私は上司受けが良い
etc…

嘘を思っていいのか悪いのかわかりませんが、嘘でもこう書き出してみると、テンションが上がってきますよ。現に私がそうです。

まとめ

気分が下がる時って誰しもがあることなんですよね。
わたしも結構あります。

いままで色々な方法でモチベーションを上げてきましたが、「これやっちゃまずかったな」と思ったことがあるんです。

それは「お金の為」と思うこと。
お金の為なんだから我慢しないと。お金の為なんだからやらないと。
そう思ってるとなんだか人生嫌になります。
実際、私、思い詰めて底辺まで落ちましたよ。

何とか這い上がってこれたのですが、何故なんでしょう。
私にとってお金は仕事のモチベーションアップにはつながらないようなんですよね。

要はこの状況を楽しめるかどうかが、私のモチベーションアップのポイントだったんですね。

コメント