仕事の時間を効率よく使うにはどうしたらよい?

タイムマネジメントで時間の使い方を見直してみよう!

タイムマネジメントで時間の使い方を見直してみよう!

会社内での時間の無駄がないかを見直すことは、定時で帰るためには大切なことです。

仕事を残したまま家に帰らなければいけないのは、なんだか歯に物が詰まったような感じで後ろ髪ひかれます。

ワーキングマザーの場合はよくあるのですが、今日は良くても明日は事態が急変する、ということを度々経験されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、子供の体調です。

保育園に通っていると何かとウイルスやら最近を頂戴してくるのが子供。

先日我が家でもありまして、まずはおたふくかぜ、次に溶連菌、とどめにアデノウイルスをもらってきました。
この3つを2か月で 一気に駆け抜けた娘の体力はすごい!
そのため私はほぼ看病に追われていました。

この期間はたまたま産休中だったので会社に迷惑をかけることはありませんでしたが、これがもし育休も明けた後だったらどんなことになっていたでしょう?

想像するのも恐ろしい事態になっていたでしょう。

このように、いつ何時になにが起こるか分からないのはワーキングマザーの宿命です。
いつ保育園からお呼び出しがあっても良いように、就業時間内でテキパキ終わらせ、さっさと帰ってしまいたいところです。

では具体的にどうしたらいいのでしょうか。
いろいろと考えてみましょう。

タイムマネジメントをする

会社 お時間を効率よく使うためには、自分のタイムマネジメント能力を磨く必要があります。
ではこのタイムマネジメント能力は、どのように磨いていったらいいのでしょうか。

人間に与えられた時間は24時間、これを生かすも殺すも自分次第です。
同じ年齢の人とでも、その使い方次第で幸せな人生を掴む人もいれば不幸な人生を歩む人もいます。
どれをもって幸せな人生とするかは本人次第ですが、きちんと自分の柱を持って充実した生活を送ろうと思うのはみんな同じなのではないでしょうか。

限られた時間は資源と同じものです。
ただこの時間という資源は、放っておけばどんどん手から零れ落ちてしまい、失うのを止めることはできません。
そして無駄にしてしまった時間を拾い集めることもできない貴重な資源です。

これをどのように有効につかっていくか…まずはタイムマネジメントについて学ぶ必要があります。

タイムマネジメントの方法 詳しくはこちら!

午前中はとっても貴重!

人間の脳は午後に向かって集中力がどんどん低下するため、仕事の能率は午前中より午後のほうが格段に下がります。
これは人間の体温が関係していて、人間の体温は起床時から上昇して午後14時に最大となり、その後は低下していくためなんです。

体温が上昇していくとともに、人間の脳は働きがよくなっていきます。
ということは、集中して仕事ができる時間帯は、やはり「午前中」です。

午前中に、集中力や創造力を要する仕事をすれば、一日のに仕事を効率的に進めることができます。
この「午前中」の威力を知ることできっとあなたの仕事人生は変わると思いますよ。

午前中の使い方 詳しくはこちら!

休憩時間の使い方、どのようにしていますか?

休憩時間の使い方についてはいろいろな意見があります。

例えば昼休憩。
休憩はしっかり取ったほうが、その後の効率がいい、という意見もあれば、休憩の間は電話もあまり鳴らないし、デスク周りの人も外に食べに出て行ったりして静かなので仕事がはかどる、といった意見もあります。

私は昼はあまり食べないので、休憩を取るといっても茶を飲むくらいでそのまま仕事をしていますが、うちの主人はしっかり1時間取って、尚且つ睡眠も入れたほうが、午後も午前中並に頭の回転がよくなる、と言っております。

休憩の取り方は他にもいろいろありますのでこちらでご紹介しますが、何よりも、自分に一番合っている方法を探してみるといいでしょう。

休憩時間の使い方 詳しくはこちら!

30分の法則で時間に区切りをつける

どうしても仕事が先に進まない時、そんな時ありませんか?
私なんてしょっちゅうです。

そしてクヨクヨしたり、考え込んだりしていると時間があっという間に過ぎていってしまいます。こういう時に流れる時間は、いやに早く感じませんか?

そんな時の対処法をご紹介しています。

行き詰ったらその場から離れてみて! 詳しくはこちら!

早朝時間をうまく活用

もし早朝時間が活用できそうな環境にいるならば、是非試してみたい時間管理術の一つです。
それが、早起きして仕事をするということです。

周りはみんな寝静まっているし、自分も寝ている間に頭も体もスッキリしています。
そんな状態で始める仕事はとってもはかどります。

今まで起きていた時間から1時間早く起きるだけで、その日1日はきっと充実した時間いなるはずです。

家事と仕事の早朝時間活用術 詳しくはこちら!

 

仕事の立ち上がりを良くする

朝のスタートダッシュはとても大切です。朝の立ち上がりでその日のすべてが決まります。

朝イチでダラダラしていると、その日1日はエンジンがかからずに終わってしまいますので仕事が進みません。
しっかりと朝一からエンジンをかけていくことが大切なんです。

毎朝エンジン全開、って出来たらすごいことですよね。
でも、やる気のない日だって必ずあるはず。
そんな時は「とりあえずやってみる」です。

仕事の立ち上がりを良くする方法 詳しくはこちら!

まとめ

仕事を効率よくするためには、色々な方法があります。
しかし、自分自身が「効率をよくしたい!」と思わないと何も始まりませんよね。

だから、効率の事を考えていない人というのは、いつまでたってもそのままなのです。
そして、そんな人に「効率を良く」と言っても無駄なんですね。

いかに、今までの自分に革命を起こすかが大切です。
マンネリ化していて「これで充分」と思っていても、はたから見たら非効率極まりないことをしている可能性だってあります。

まずは自分を客観視すること。

そして、修正できそうなところはどんどん試してみることがタイムマネジメントでは大切なことなのです。

コメント