【主婦資格】目標を立てると勉強が楽しくなる!その方法

資格勉強の前に!目標は大きい目標と小さい目標を作ろう

「一軒家を建てて独立開業をする」

実は私の夢です( ̄ー ̄)ニヤリ

今の私にとってはとてつもなく大きな夢ですが、周りでは一軒家を買って独立開業している人はいくらでもいるわけで、本当は私にだってできるかもしれないのです。
しかし当の本人は「とてつもなく大きすぎる夢」と思っています。

私がこんなに弱気になっているのは、もしかしたら目標の立て方がまだまだ甘いからではないでしょうか。

もしこの大きな夢を、小さな夢の集合体にしていくとどうでしょう?
小さい目標達成をどんどん積み上げていけば、必ず大きな目標も達成できるはずです。

目標を立てることでゴールがどこにあるかが分かりやすくなるので、モチベーション維持にも役にたちますよ!

長男 猿一
目標を立てることは、資格の勉強だけじゃなく、仕事にも使えそうだよね!

資格合格を目指して!目標の立て方

目標を立てることで、ぶれない自分を保つことができます。

長い期間勉強をしていると、「本当にこの方法でいいのだろうか」「今やっていることは、時間の無駄になっていないだろうか…」と不安になることが多々あります。

その時に大きい目標を持っていると、迷わずに突き進むことができるんですよね。

そして、その大きい目標を達成するために、小さい目標をたててコツコツ達成していくことで、大きな目標が達成できるのです。

次男 鶏二
小さい目標を達成することが、大きな目標を達成することにつながるんだね。

大きい目標を立てる

まずは大きな目標を立ててみましょう。

スケールの大きい目標を立てます。

私のように「一軒家を建てて自営業をやる」でもいいし、「社長になる」「世界一周旅行に行く」など、自分の夢を目標にしてください。

「こんなの目標がおおきすぎやしないか!?」と思うくらいBIGな目標にしましょう。

細かい目標を立ててみる

大きな目標に向かって、今、自分は何をしたらよいのかを考えていきます。

私の目標を例にとって考えてみましょう。
大きな目標は「家を建てて自営業をする」です。
期限付きで「私が40歳を迎えるまでに達成する」にしましょうか。

細かい目標を立ててみる 道のりは遠い画像私が40歳になるまでは、あと約5年あります。

ではこの大きな目標を達成するための小さな目標を立ててみましょう。

大きな目標を立てることはモチベーションの維持には欠かせないことです。でもこれで終わりではいけません。

目標が大きすぎると、あっという間に挫折してしまう可能性が出てくるんです。目標を掲げただけで終わってしまう事もあります。

例えば私の場合「一軒家を立てて独立開業する」ことが大きな目標で資格の勉強をしているわけですが、このことを実現させるためには、仕事の腕を磨くだけではなく、巨額の資金、独立のための準備など、大きなハードルは沢山出てきます。

長男 猿一
資格を取るだけでは家は建てられないよね。

これではいつまでたっても「私には一軒家で独立開業は無理だ…」と悲しみに暮れたまま一生を終えてしまいます。

そんなとき役に立つのが「計画の細分化」です。

大きい目標はこのままでいいので、そこの向かっての細かい目標と、細かい目標に向かってのスケジュールを立てていくのです。

では私の「一軒家で独立開業」の場合で目標の細分化をやってみましょう。

私が一軒家で独立開業をするためにやらなければいけないことは、今のところ大きく分けて3つです。

✅資金調達の目標

✅開業するための勉強

✅家を建てるための勉強

資金調達の目標

家を建てるために必要な物はまず資金です。
頭金、開業の資金、その他諸々で多額の現金が必要です。

子供の教育資金も必要ですから、そのことも考えた資金設定をします。

頭金を300万、開業資金を100万と、子供の教育資金その他諸々で500万と仮に設定してみましょう。ちょっと多めに見積もって1000万を準備したいと考えたとします。

あと5年(60か月)で1000万だから、1か月およそ16万円ちょっとの貯金をするとこの金額を達成することになります。

主人の収入だけで家計を回すことにして、私の稼ぎはすべて貯金に回せば、できなくはない金額です。
私がもっと仕事を頑張って収入を挙げれば、頑張った分だけ目標達成は早くなります。

このように「私には絶対無理なのではないか」と思うことも、細かく目標を設定していけば「おや?いけるかも?」なんてこともあるわけです。

独立するための勉強

独学よりは通信教育の方が確実に合格率は高い個人で仕事をするということは、お金の管理も自分でしなければいけません。
税金も自分で申告して支払っていく必要があります。

税金の特別控除を受けるためには青色申告しなければなりませんが、これには簿記の知識が必要です。

開業の届け出も自分でしなければなりません。何かトラブルがあった時にも全部自分で対処します。そのためには、法律の勉強も多少必要になってきます。

店の宣伝自分でするので、どのように展開していったらいいかも考えておく必要もあります。

まずはこれらの「勉強しておかなければならないこと」を全部書き出してみます。

✅簿記3級

✅開業に必要な届け出は何か

✅お金管理の方法

✅宣伝の方法

これらを一つづつ片付けていきます。
「ああ、あれもこれも勉強しなきゃ!」と思っているとなんだか大変そうですが、書き出してみると意外とできそうな気がするものです。

家を建てる為のリサーチや勉強

開業するにあたり、私のやろうとしている商売に合う土地はどこなのか、周りにライバルはいるのか、などをリサーチしておく必要があります。

また、部屋の配置、インテリアなどの勉強も必要です。

これらの事を細かい目標にし、スケジュールを組んでいくわけです。

資金を稼ぐためコツコツ貯金をするのと同時に、1年で経理の事、1年で会社の運営方法・独立の仕方、それと同時に家を建てる場所を吟味したりインテリアの勉強をしたり…など、期限を決めて目標を立てていきます。

そしてその細分化した目標に向かって走り出すのです。

🌸例:もし税理士になりたいと思ったら…?

いきなり「税理士の資格を取ろう!」と、数字が苦手な素人が思っても非現実的です。
科目合格制の税理士は、ただでさえ難しい試験が長期間にわたる可能性がありますし、何より実際税理士試験に合格した人が「合格して嬉しい」ではなく、「やっとこの勉強地獄からぬけだせる」と放心状態になるくらいの試験です。

無謀です。

まずは簿記から攻めていきます。

簿記3級・簿記2級・簿記1級と期間を決めて資格を取ります。それからでも遅くはありません。

これも計画の細分化です。

さらに細かい目標を立ててみよう

細かく目標をたてたら、もっと細かく目標をたてます。

目標というよりは、細かい目標を達成させるための「作業計画」です。

私は独立開業をするために「資格を取る」ことを目標にしていますが、その資格に合格するために実際にどうしたらいいかを考えていきます。

資格勉強の目標設定をしてみる

英単語を覚えるのには、目標が必要かも資格に合格するための目標として「一か月で1000個の英単語を覚える」と決めたとしましょう。

1000個と聞くと「ぎゃ~!!!」と叫びたくなりますが、ではこれを1週間で分割してみたらどうですか?

4週間で覚えるとして、1週間に覚えなければいけない数を計算すると250個です。
これでもまだ「ぎゃ~!!!」ですよね。

では1日で割ってみたら…

35個。

これをもっと細かく午前と午後で割ったら…

18個。

午前の通勤時間に18個、午後の帰宅時間に18個なら、なんとなくできそうな気がしてきませんか?

しかも1か月は4週間と少しあるので、余裕が出てきますよね。

こんな風に、「出来そうもない途方もない課題」がでた場合、目標を細分化するとモチベーションも上がるわけです。

次男 鶏二
このくらい細かい目標を立てれば、どんなに大きな目標を立てたとしても、実現可能な気がしてくるよね!

目標を達成するためには「妄想」が大事

目標を達成するためには妄想が大事かも

小学生の時、夢見がちな私は授業中、よく教室の窓から見える空の雲の動きを眺めてはいろいろな妄想をしたものです。

将来結婚する人は、白馬に乗った王子様だとか、どこでもドアがあったらハワイで豪遊とか…。

歳を重ねるにつれ、世の中は必ずしも妄想通りにはいかないことを痛いほど勉強しましたが、それでも輝いている自分を想像することは楽しいものです

たとえ思った通りの結果にならないとしても、モチベーションを上げるのにこの「想像力」は一役かってくれます。

長男 猿一
資格に合格した後の自分を想像してみよう!

もしもこの資格を取得したら…この資格を生かした仕事に付けたら…そんな妄想をしてみるとワクワクしてしまいませんか?

妄想応用編

この妄想は資格合格だけでなく、例えばダイエットや美容にも応用できます。

もし痩せたら…

●身軽になってテキパキと仕事や家事をこなす、働き者の自分

●適度に引き締まった身体で旦那とプールへ行って、旦那に惚れ直させる

●今よりもワンサイズ小さい洋服を着て、街中を颯爽と歩く

●ついでに肌も美しくなり、街中でスカウトなんかされちゃったりする

などと想像し、その目標に向けて頑張るモチベーションUPになりませんか?

手帳などに書き出しておいて、毎日眺めるのもいいですね。

次男 鶏二
ママは、目標としている女性芸能人の写真を手帳に貼っていたよ!

目標を立てるときのポイント

✅精神面の目標ではなく、行動を決めること

✅細かく目標を立てる

✅勉強前に目標を見直す

心の目標ではなく行動を決める

私がよくやってしまいがちなのは、曖昧な目標を立ててしまうこと。

時間管理の為にTVの時間を減らそう、とか、ダイエットの為に糖質は控えよう、という目標設定です。この目標を立ててうまくいくこともあります。

しかし、もし成果が出ずらい場合は、もっと具体的な目標にしましょう。

例えば、時間管理。
「TVの時間を減らす」という目標でしたが…

●見るのは録画したものだけにする

●ニュースだけはリアルタイムで見てよし

というふうに、行動で制限をかけ、具体的にするのです。

ダイエットで言えば先ほどは「糖質を減らす」でしたが…

●ビールは糖質ゼロしか飲まない

●ご飯は1食200g

●お菓子は買わない

資格の勉強でいうならば…

●1日〇個の単語を覚える

●3日で〇ページ目を通す

●1週間で〇時間勉強する

といったようにします。

目標を細かくすることで、達成がより現実的になっていきますよ。

目標は細かければ細かい方が達成感を味わう回数が増える

大きな目標を1つ達成するためには、かなりの時間がかかります。
長く、そして楽しく勉強を続けていくためには、小さな喜びや達成感を感じながら勉強することが一番です。

先ほどご紹介した英単語の勉強でも、仕事や家事が忙しい時は1個だけ覚える、という目標でもかまいません。

毎日、小さな目標を達成して達成感を味わうことが長続きの秘訣です。

次男 鶏二
子供が好きな「できたらシール(ご褒美)を張る」というやり方、あれを大人用に応用できないかな?

勉強が終わった後にどんな楽しいことをするかと考えることは、そのあとの勉強の効率が上がるという研究結果が出ています。

子供の場合はシールや飴でもいいでしょう。
大人の場合は「達成感」が最高のご褒美です。

勉強する前に、目標を見直す

さあ!これから勉強を始めよう!と思ったら、1分くらいでいいので必ず自分の立てた目標や作業計画を見直すようにしましょう。

たったこれだけのことで、効率が上がったり、モチベーションをアップさせることができます。

今日はどこまで勉強するのかを事前に決めておいて、それを見直します。
勉強時間に注目するのではなく、勉強の量を重要視した方が、濃密な勉強時間をとることができますよ!

長男 猿一
主婦は長時間、勉強時間が取れないから、量より質で勝負、だね!

目標は必ず達成できる!

目標を大きく持つことは素晴らしいことです。

しかし、それだけではなかなか達成できない自分にイライラしてしまい、、挫折してしまう可能性があります。

大きな目標にむけた、小さい目標をたくさん立てることが大切です。

資格の勉強も同じ。

資格の勉強は、難易度が高ければ高いほど、その道のりは長く険しいです。
途中で投げ出したくなることもあるでしょう。

でも、小さい目標達成の嬉しさが集まれば、大きい目標達成の願いも叶うのです。

やっぱり、最後まで楽しく勉強したいですもんね!

こちらをチェック主婦におすすめの「おしゃれ資格」はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る